コラム

 公開日: 2012-07-27 

遺言への無関心があぶない

 少し前のことになりますが、今年(平成24年)4月に、経済産業省が「安心と信頼のある『ライフエンディング・ステージ』の創出に向けた普及啓発に関する研究会報告書」を発表しています。ちょっと舌を噛みそうな題名ですが(笑)。

 【よりよく「いきる」、よりよく「おくる」】…との副題がついた報告書ですが、その中にあった、遺言書に関するアンケート結果が興味深かったので、ご紹介します。

 まず、ここ5年以内に相続を経験した回答者に、遺言の有無を尋ねたところ、「遺言はなかった」が76.4%、「自筆証書遺言があった」が5.1%、 「公正証書遺言があった」が4.0%でした。「遺言がなかった」というのが8割近い…というのは、日本人の「遺言嫌い」が顕著にあらわれていると思います。

 次に、遺言の作成経験や作成の意向ですが、「すでに作成している」は1.7%に過ぎず、「いずれ作成するつもりである」が32.6%で、「作成済み・するつもり」の人はあわせて3分の1しかいません。他方、「作成するつもりはない」が27.6%、「考えていない、わからない」が38.0%で、3分の2が遺言には無関心であることがわかります。

 さらに、すでに作成した遺言、あるいは今後作成するつもりの遺言の種類を尋ねる質問に対しては、「自筆証書遺言」が73.6%、「公正証書遺言」が8.33%となっています。そうすると、公正証書で遺言を「した・するつもり」のひとは、わずか2.86%(34.4%×8.33%)で3%未満という結果になっています。

 自筆証書遺言は、①作成しやすい、②書き直しが簡単、③費用がかからない、④誰にも知られず作成できる…といったメリットがある反面、①方式違反で無効になる可能性がある、②滅失・紛失・隠匿・盗難等のおそれがある、③遺言者の真意が伝わらず争われやすい、④相続開始後、家庭裁判所での検認手続が必要 …といったデメリットもあります。

 本当は、公正証書による遺言の方がお勧めなのですが、たとえ自筆証書でも遺言を作成するということ自体は良いことです。3分の2の皆さんが遺言には無関心であることの方が問題だと私は思うのですが…。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
白鵬があぶない(3)

 大相撲・初場所の4日目(2018/1/17)、横綱・白鵬は、平幕・嘉風に2場所連続で金星を進呈する結果となった。これ...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(2)

 大相撲・初場所の3日目、横綱・白鵬は東前頭筆頭の北勝富士に痛い1敗を喫した。4場所連続で金星を獲得してい...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(1)

 昨日(1月14日)大相撲の初場所が初日を迎えた。横綱・白鵬は立ち合いでの張り手やかち上げを「封印」し、右肩か...

[ ニュースの読み方 ]

続・貴乃花親方の「降格」

 貴乃花親方が受ける可能性があった「処分」としては、重い順に「降格」「業務停止」「報酬減額」の3つが考えら...

[ ニュースの読み方 ]

貴乃花親方の「降格」

 本日(2017/12/28)の臨時理事会で、日本相撲協会は貴乃花親方の「降格」を決めた。正式には年初(2018/1/4)に...

[ ニュースの読み方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ