コラム

 公開日: 2012-06-30 

時効債権が「復活」する?

 消滅時効が完成した債権(時効債権)について、債権者が支払請求をすることは、実は「ダメモト(=駄目で元々)」の発想からなのです。債務者が時効消滅に気付かすに支払ってくれることも「よくある話」だからです。

 時効債権について、消滅時効を援用せず支払うことも全然構いません。これを「時効利益の放棄」と呼びます。この「時効利益の放棄」は、消滅時効の完成を知っていながら時効援用を選択しない場合です。しかし、消滅時効が完成していることに気づかす、債務の一部を支払ったり、支払の約束をしたりする場合だってあるでしょう。…って言うか、そういう場合の方が圧倒的に多いはずです。

 この場合、一旦は時効消滅したはずの債権がミゴトに「復活」してしまいます。これを「時効援用権の喪失」と言います。「債務者が、自己の負担する債務について時効が完成したのちに、債権者に対し債務の承認をした以上、時効完成の事実を知らなかったときでも、爾後その債務についてその完成した消滅時効の援用をすることは許されない」というのが、最高裁の判例です。

 つまり、すまじきものは「債務の承認」なのです。くれぐれも、ご用心!

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
積雪での「立ち往生」がアブナイ

 東京で初雪が舞いました。11月の降雪は54年振りだそうです。ちょっと早すぎる雪に、冬対策が遅れた車が多いんじ...

[ ご用心ください! ]

植物油が怖い(3)

たしかに、バージンオイルや一番搾りと呼ばれる食用油は少し高価です。値段の安いサラダ油でお茶を濁したくなるの...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(2)

 原材料の油分の99%を抽出できる「溶媒抽出法」は、安価な食用油を作って売りたい企業にとってはもちろん、原価...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(1)

 先般の「マーガリンが怖い」シリーズで指摘したとおり、日本政府は「トランス脂肪酸」の摂取に制限をかけようと...

[ 知って賢くなる! ]

「鍵番号」があぶない

知らない間に「合鍵」が勝手に作成され、その「合鍵」が使われた犯罪に巻き込まれるというのは、昔からありがちな...

[ 知らないと損する! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ