コラム

 公開日: 2012-05-29 

遺言は自筆? それとも公正証書?

 遺言の方式には幾つかありますが、代表的なものは「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」でしょう。誰でも作成できて書き直しが簡単、費用もかからないうえ、誰にも知られずに作成できる…という点では、「自筆証書」の方がお手軽です。全文を自筆で書き、作成日付の明記と署名・押印をすることだけが必須の要件です。

 ただ、「自筆証書遺言」の場合、書き誤ったときの加除訂正方法が難しく、方式違反のために無効になってしまうおそれがないとは言えません。書き損じたときは一から書き直す方が賢明です。また、遺言の内容について、必ずしも遺言者の真意が伝わらず、死後に相続人間で争われるケースも起こり得ます。さらに、滅失・紛失・隠匿・盗難等のおそれも否定できませんし、相続開始後、家庭裁判所での「検認手続」が必要なことも忘れてはいけません。

 これに対し、「公正証書遺言」の場合は、公証人役場での作成手続が必要で、一定の費用もかかりますし、第三者の証人2名をお願いしないといけません。書き直す場合には、また同じ手続を踏むわけですから結構面倒に感じるでしょう。しかし、方式違反による無効はまず考えられませんし、遺言者の真意が伝わり易いうえ、その内容の有効・無効が争われる可能性も「自筆証書遺言」に比べるとグ~ンと減少します。また、遺言書の原本が長期間にわたり公証人役場で保管される点で安心・安全ですし、全国どこの公正人役場で作成した場合でも死後検索が可能です。しかも、家庭裁判所での「検認手続」は不要です。

 このように見てくると、遺言としての安定性や安全性という面からは「公正証書」に軍配があがります。私たち弁護士が「公正証書遺言」をお勧めする所以です。しかし、手軽さや書き直しの便宜という面では「自筆証書」の方が断然すぐれていると私は思います。「私の遺産はすべて妻に相続させる」などという簡単な内容の遺言ならば「自筆証書」で十分なのかも知れません。

 ともかく、むずかしく考えずに、まずは遺言を書いてみること…が大切だと思います。その意味では「自筆証書遺言」から始めてみませんか? そのうち、やはり「公正証書遺言」を作成しよう…ということになるかも知れないですから。何事も「初めの一歩」が大切です。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
押収物還付公告があぶない(笑)

 今朝、検察庁の前を通りがかったら、掲示板に「押収物還付公告」が貼りだされていました。一件は「銃刀法違反」...

[ 刑事事件 ]

偽メールがあぶない!

 最近、カラスが鳴かない日はあっても、ウイルスメールが来ない日はない…という感じの状況ですね。今朝も「【重要...

[ ご用心ください! ]

積雪での「立ち往生」がアブナイ

 東京で初雪が舞いました。11月の降雪は54年振りだそうです。ちょっと早すぎる雪に、冬対策が遅れた車が多いんじ...

[ ご用心ください! ]

植物油が怖い(3)

たしかに、バージンオイルや一番搾りと呼ばれる食用油は少し高価です。値段の安いサラダ油でお茶を濁したくなるの...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(2)

 原材料の油分の99%を抽出できる「溶媒抽出法」は、安価な食用油を作って売りたい企業にとってはもちろん、原価...

[ 知って賢くなる! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ