コラム

 公開日: 2012-05-24 

「入れ墨」がアブナイ

 大阪市役所が「入れ墨」で揺れています。児童福祉施設の職員が子どもたちに「入れ墨」を見せて脅したという、とんでもない事件に端を発し、橋下徹大阪市長が全職員を対象としてアンケート調査を実施しました。そのうえで「入れ墨」が人目に触れる箇所にある職員については、市民と接触しない部署への配置転換を行ったようです。

 「入れ墨」は、江戸時代には民衆の風俗として広まっていたようですが、明治5年に制定された「違式註違条例(いしきかいいじょうれい)」(現在の軽犯罪法に相当する法令)によって禁止され、警察による取締りの対象となりました。戦後(昭和23年)、軽犯罪法が制定された際には「入れ墨」の禁止が盛り込まれなかったので、現在「入れ墨」そのものを禁止する法律はありません。

 しかし、青少年の育成・保護の面から、少年に「入れ墨」を施す行為は禁じられています。暴力団対策法は、「指定暴力団員は、少年に対して入れ墨を施し、少年に対して入れ墨を受けることを強要し、若しくは勧誘し、又は資金の提供、施術のあっせんその他の行為により少年が入れ墨を受けることを補助してはならない」(同法24条)としており、これに関する公安委員会の措置に反した場合は「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。

 ただ、暴対法は指定暴力団員に対する規制だけですし、しかも、罰則が軽すぎると私自身は感じます。たとえば、兵庫県の「青少年愛護条例」では、「何人も、青少年に対し、入れ墨を施してはならない」「何人も、青少年に対し、勧誘し、又は周旋して前項の行為を受けさせてはならない」と定めており、これに違反した場合は、「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。そうすると、少なくとも兵庫県では、暴対法なんぞを持ち出すまでもなく、青少年愛護条例で広く「入れ墨を施す行為」を禁止でき、また重く処罰することが可能です。

 ところで、「入れ墨」は人の皮膚に針等を使って「色素」を入れるものであり、身体に対する危険性が高い行為です。この点、厚生労働省は、「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」について、「医師免許を有しない者が業として行えば、医師法第17条に違反する」としています(平成13年11 月8 日医政医発第105号)。この場合の罰則は「3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、またはこれらの併科(懲役と罰金の両方が科せられること)」です。

 このように「入れ墨」は、医師免許がないと施せないため、いわゆる「彫り師」と呼ばれる人々による施術は違法であり、実際の検挙例もあります(2010年7月、兵庫県警が彫り師を逮捕、ただし最終的には不起訴)。また、エステサロンなどで施術される「アートメイク」も基本的には「入れ墨」と一緒ですので、これも医師法17条に違反することになります。「アートメイク」が禁止されているわけではなく、美容整形外科などの医師による施術に限られるということですが。

 なお、神戸市の須磨海岸では、「入れ墨その他これに類する外観を有するものを公然と公衆の目に触れさせること」が禁止されています(須磨海岸を守り育てる条例:神戸市)。公衆浴場やプールなどでは入場を断られる場面も増えてきました。

 いずれにせよ、「入れ墨」はどんどん「居場所」がなくなっています。軽い気持ちで入れてしまうと、これをレーザー照射などで除去するためには、時間と費用が、入れたときの何倍もかかるそうですから注意が必要です。「入れ墨」をしている芸能人も散見されますが、けっして安易な憧れを抱かれませんように。ご用心!

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
積雪での「立ち往生」がアブナイ

 東京で初雪が舞いました。11月の降雪は54年振りだそうです。ちょっと早すぎる雪に、冬対策が遅れた車が多いんじ...

[ ご用心ください! ]

植物油が怖い(3)

たしかに、バージンオイルや一番搾りと呼ばれる食用油は少し高価です。値段の安いサラダ油でお茶を濁したくなるの...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(2)

 原材料の油分の99%を抽出できる「溶媒抽出法」は、安価な食用油を作って売りたい企業にとってはもちろん、原価...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(1)

 先般の「マーガリンが怖い」シリーズで指摘したとおり、日本政府は「トランス脂肪酸」の摂取に制限をかけようと...

[ 知って賢くなる! ]

「鍵番号」があぶない

知らない間に「合鍵」が勝手に作成され、その「合鍵」が使われた犯罪に巻き込まれるというのは、昔からありがちな...

[ 知らないと損する! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ