コラム

 公開日: 2011-06-27  最終更新日: 2014-08-01

家族共用の収納は身長差で分ける

《Simple収納術》~マンションのための、すっきり無駄なく使う収納メソッド~
☆収納作業のポイント(8)

住まいには、家族共用で使う収納スペースがあります。
たとえば、代表的なものとしては玄関の下足箱。

その他にも、ご家庭によっては、
家中の本を集めた本棚(家族の図書コーナー)や家族みんなの服をまとめたクローゼット、
あるいは入浴後の着替え(パジャマや下着等)を収納した洗面室リネン庫などもあるかもしれません。

このような家族みんなで使う収納は、
それぞれ使う人の身長や目線に合わせて収納の位置を決める(ポジショニング)と便利です。
ポジショニングイメージ(身長差)
こうすることで、自分のモノが視野に入るので、使いたいモノが自分で取り出しやすくなります。
お子さんなら(お父さんも…? )
いちいち、お母さんに頼まなくても、
自分のモノは自分で出し入れするようになる…かもしれません。(^_^;)

この記事を書いたプロ

合同会社ラレス・ファミリア [ホームページ]

宅地建物取引士 瀬良眞治

兵庫県西宮市市庭町9-10-102 [地図]
TEL:0798-31-2666

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス&商品
製作例-Kitchen Fitment

LARES familiaがオリジナルでお届けする生活にジャストフィットするオーダー収納家具PENATES(ペナテス)収納大好きなインテリアコーディネーターが、収納するモノの...

お客様の声

この度は、私達の要望に応えてくださり、ありがとうございました。書類の量がA4ファイルサイズで20mという事務所並みの壁面収納 兼TVボードを製作して下さり、かつ使...

 
このプロの紹介記事
ラレス・ファミリア代表の瀬良眞治(せら しんじ) さん

マンションに特化した不動産仲介から収納・インテリアまでトータルコーディネート(1/3)

 「ご家族のための、健やかな住まいづくりをお手伝いします」。そう話すのは、瀬良眞治さん。合同会社ラレス・ファミリアの代表を務めています。同社は阪急苦楽園口駅から夙川沿いを歩いて約5分。夙川公園に面した閑静な住宅街に位置し、デザイン事務所のよ...

瀬良眞治プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 合同会社ラレス・ファミリア
住所 : 兵庫県西宮市市庭町9-10-102 [地図]
TEL : 0798-31-2666

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-31-2666

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬良眞治(せらしんじ)

合同会社ラレス・ファミリア

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
マンション選びのポイント(32) 「南向きがホントに一番?」
イメージ

マンションの向きを選ぶ際、ほとんどの方が「できれば南向き」と考えがちです。ですが、本当に「南向き」が一番い...

[ 中古マンションの選び方 ]

オーダー収納家具PENATES製作例/TVボード P10-003
P10-003-04-プラン図

最近は地デジ化によるテレビの買替が増えたためか、オーダー家具もTVボードのご依頼が増えています。下記は昨年...

[ オーダー収納家具PENATES ]

おうちに湿度計はありますか?(^_^;)
イメージ

大型の台風6号が近付いたせいで、ここ2日程は少し暑さも緩んだようですが、また明日からは猛暑が戻ってきそうな気...

[ 快適マンションライフ ]

お客様からお便りをいただきました
N様邸-Before/After

ご好評いただいておりますウォールデコ・ステッカー。先日ご購入いただいた芦屋市のN様から、こんなお便りをいた...

[ Wall Deco ]

マンション選びのポイント(33) 「3000万円以上のローンは今年がお得!?」
住宅ローン控除

今や増税ラッシュ…?つい最近タバコの増税があったばかりですが、震災の復興財源に充てるため、今度は酒税の増税...

[ 中古マンションの選び方 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ