美しく長持ちする外壁・屋根塗装のプロ

飯田雅彦

いいだまさひこ

共英塗装

[ 揖保郡太子町 ]

コラム

 公開日: 2016-07-10 

外壁塗装・屋根塗装施工の流れ

施主の方が、塗装施工の工期や作業内容を事前に把握しておくことは大事ですので、わかりやすくまとめました。

外壁塗装と屋根塗装では、施工の流れは共通するところが多いですが、異なる点もあります。

外壁も屋根も3回塗りが原則です。塗料がスペック通りの耐久年数を確保するために、必要な手順をみていきましょう。

塗装施工の流れ(外壁・屋根共通)

塗装施工がどの程度の工期で、どのような内容の工事がなされるかを事前に把握しておくことは大切です。外壁と屋根では、塗装施工の流れに若干の違いがありますが、共通する部分の方がむしろ多いです。まず、共通する流れについて以下にまとめました。

※「塗装終了後」のカッコ内の日数は、外壁のみ塗装した場合です。外壁とともに屋根も塗装する場合、5日ほどプラスします。また記載の日数は雨天によってずれることもありますし、業者によってもある程度変わります。

●塗装前
(1)塗装業者と打ち合わせ
施主が塗装業者に連絡すると、業者から担当者(社長本人のこともよくあります)がやってきます。担当者は施主からヒアリングをしますが、施主からの特別な希望があればこの時に伝えておきましょう。

ヒアリングの後、担当者は実際に外壁・屋根の塗装の状態がどのようなものかをチェックし、施工サイズを計測します。ヒアリングと現地調査で1時間はかかると見てください。
複数の業者から見積もりをとられると思いますが、その場合、上記のやりとりが業者の数だけ行われることになります。

(2)見積書の検討と業者選定
後日見積書が届いたら、内容を吟味してどの業者にお願いするかを決め、契約となります。おって業者からは工程表が届きます。

(3)挨拶回り
着工の1週間前くらいに、業者は近隣にご挨拶に回ります。工事中は、騒音や液剤のにおいが発生するため、近所の方々にその旨、説明などをとって了承を得ておくことは大事です。施主自身が別途挨拶回りすることもおすすめします。

(4)1日目 仮設足場の設営
手の届かない箇所への作業も多いため、仮設足場を組みます。そして足場全体にメッシュシートをかけます。これは飛散防止シートとも呼ばれ、洗浄水や塗料が周囲へ飛び跳ねるのを防止するためのものです。

(5)2日目 高圧洗浄
高圧洗浄機から出る水で、塗装する面の旧塗膜や汚れを洗い落とします。3日目は自然乾燥にあてることがあります。

●塗装終了後
(1)8日目 仮設足場の撤去と清掃
メッシュシートを取り外し、足場を解体・撤去します。塗料の空き缶などゴミになるものは、業者が回収し持ち帰ります。
塗装後の家全体の様子をこの時に初めて見ることができますので、何か気になる点がないかチェックしてください。

(2)9~10日目 正式な引き渡しとご挨拶回り
業者から正式な引き渡しが通知されます。騒音などでご迷惑をかけた謝意を兼ねて近隣に施工完了のご挨拶に伺います。

外壁塗装施工の流れ

外壁の素材・状態によって細かい相違点は生じますが、高圧洗浄後の外壁塗装施行の手順を以下にまとめました。

(1)3日目 養生と下地補修
塗装の必要がない箇所(窓や室外機など)に専用のビニールシートやテープを貼って、塗料がつかないようにします。
外壁自体に生じたクラックを埋めるなど、下地部分の補修も行われます。

(2)4日目 下塗り
外壁は基本的には3回塗りますが、最初はシーラーやプライマーといった液材を塗ります。これを下塗りと呼びます。下塗材の役割は、後工程の塗料をしっかり密着させることです。

(3)5日目 中塗り
ここで初めて塗料を塗ります。ですが、これで終わりではありません。中塗りで塗られた塗料の役割は、下塗りを平滑にし、なおかつ本番で塗る塗料を補強することです。

(4)6日目 上塗り
これが最後の塗装作業となります。これで色、ツヤ、耐久性が確保されます。
例外はありますが、3回塗りは塗料がスペック通りの耐久年数を確保するために必要な手順です。

(5)7日目 付帯物の塗装作業と養生解体
雨樋、鉄部、エアコンカバーといった付帯物の塗装が行われます。
塗装が一通り終わったので、養生として使っていたビニール・テープ類をはがしとります。

屋根塗装施工の流れ

屋根の素材・状態によって細かい相違点は生じますが、高圧洗浄後の屋根塗装施行の手順を以下にまとめました。

(1)3日目 ケレン、浮き釘打ち
屋根鉄部の下地調整をケレンといいます。塗装が密着しやすいよう塗装面をヤスリなどで目荒らししたり、サビを取ります。釘が浮き出ていれば、打ち直します。

(2)4日目 下塗りと縁切り
シーラーなどを塗るのは外壁と同じですが、一般的な屋根では縁切りが必要です。これは、水はけ・通気のためにある、屋根の部材同士の隙間を塗膜でふさがないようにする処置です。具体的には、タスペーサーという特殊な器具を使うか、塗装が済んだ後にふさがれそうな部分をカッターで切ります。

(3)5~6日目 中塗りと上塗り
外壁と同じ要領で、中塗りと上塗りがなされます。

このコラムで、塗装の流れを把握していただければ幸いです。

この記事を書いたプロ

共英塗装 [ホームページ]

飯田雅彦

兵庫県揖保郡太子町宮本244 [地図]
TEL:090-8986-2702

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
飯田雅彦 いいだまさひこ

手抜きなしの職人仕事で、西播磨に25年間密着(1/3)

西播磨を中心に兵庫県全域の依頼に対応し、これまでに500件以上の塗装を手掛けている塗装会社「共英塗装」の代表、飯田雅彦さん。豊富な経験と高い職人技に地元の顧客や職人仲間からの信頼も厚く、遠方からの依頼も後を絶たないそうです。「以前、弊社...

飯田雅彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

中間マージンがなく、高品質の塗装を適正価格で提供

会社名 : 共英塗装
住所 : 兵庫県揖保郡太子町宮本244 [地図]
TEL : 090-8986-2702

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8986-2702

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田雅彦(いいだまさひこ)

共英塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
姫路市防水工事の施工事例をご紹介致しますf(^_^)
イメージ

姫路市でビル屋上の防水工事の施工をさせていただきました。こちらでは天窓からの雨漏りもあるとの事で、併せて...

[ 防水工事 ]

アスファルト防水とは

アスファルト防水の特徴は、合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを張り...

[ 防水工事 ]

FRP防水とは

FRP防水の特徴は、強度が高く、耐候性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの皮膜防水層を形成...

[ 防水工事 ]

塩ビシート防水とは

塩ビシート防水の特徴は、塩化ビニール樹脂で作られたシートを接着剤等で下地に貼る方法で、複雑な形状や狭い場所...

[ 防水工事 ]

ゴムシート防水とは

ゴムシート防水の特徴は、シート状に形成した合成ゴム系の防水シートを接着剤等で下地に張り付ける工法です。シ...

[ 防水工事 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ