美しく長持ちする外壁・屋根塗装のプロ

飯田雅彦

いいだまさひこ

共英塗装

[ 揖保郡太子町 ]

コラム

 公開日: 2016-07-08  最終更新日: 2016-07-25

外壁塗装・屋根塗装の塗替えるタイミングと、塗替えに適した時期とは?


外壁・屋根の塗り替えは「10年が目安」とよく言われますが、あくまでも目安です。塗膜の劣化が目についたら、その時が塗り替えのタイミングです。

屋根は、外壁よりも日光・雨水にさらされるぶん、劣化が急速に進みます。雨漏りという事態を迎える前に、早めに塗り替えをしましょう。

塗り替えに最適の時期は、気温、湿度、天気が穏やかな春・秋です。しかし、塗り替えが必要ならベストシーズンを待たず、塗装業者に相談しましょう。

クラック(亀裂)やカビ・コケなどが目についたら外壁の塗り替えを

外壁の塗り替えは、「新築・前回の塗り替えから10年が目安」とはよく言われます。主流のシリコン塗料の寿命がおおよそ10年だからですが、地震が発生したり、シーリング(コーキング)部の劣化をそのままにしたり、といったことが要因でそれより短くなることもあります。

シリコン塗料より高品位の塗料を使っていれば、もっと長持ちするでしょう。あるいは、「塗膜自体はまだまだ持ちそうだが、どうしても別の色に変えたい」と思ったら、その思った時が塗り替え時となるでしょう。

10年という目安は別にして、客観的に塗り替えが必要となるサインがありますので、挙げてみましょう

●クラック(亀裂)が目につく。
●カビ、コケ、藻が繁殖してきている。
●塗膜がはがれている箇所がある。
●塗膜を触ると指に白い粉がつく。
●全体的に色あせしてきている。

これらの症状があったら、塗膜が寿命を迎えつつあります。寿命を過ぎると、建物の内部構造がいわば一部むき出しになっているようなもので、今度は建物の寿命が縮まってしまいます。手遅れにならないうちに、塗装業者に連絡をとりましょう。

屋根の塗り替えは雨漏りがしてからでは遅い

屋根の塗り替えタイミングも、10年がひとつの目安です。「屋根には窯業系サイディングボードとは違った素材を使っているだろうから、塗り替えをする必要はないのでは?」と考えがちですが、塗膜が耐用年数を超過した屋根は(外壁よりも日光や雨にさらされるぶん)、やはり劣化が急速に進みます。雨漏りがしてからでは手遅れですし、屋根の面積・角度によっては外壁以上に変色・退色が気になる部分です。

客観的な塗り替えサインは外壁とほぼ同じですが、自分で屋根に上ってチェックするのは大変で危険でもあります。これも塗装業者に見てもらうのがベストです。

塗替えに適した季節・時期

塗料メーカーのカタログを見ると、気温5度以下、湿度80%以上での塗装は避けるように指示されています。

兵庫県では、最低気温が5度以下の日があるのは12月~2月で、湿度が平均で80%前後になるのは7月~9月です。さらに屋根の表面温度が50度以上になっていれば、塗装は不可となります。

兵庫県の夏場は、屋根温度はかんたんに50度を超えます。そこまでいかなくとも、気温や塗り付け面の温度が高いと塗料の乾きが早くなり過ぎるというデメリットがあります。梅雨や台風が本格化するのも夏ですし、夏季はプロの職人にとっても厳しい時期になります。
冬は、気温が低いと塗料は乾きにくくなるのと、日照時間の短さのダブルパンチで、工期が延びてしまうリスクが生じます。工期の延びは即コストとして跳ね返ってくるので注意が必要です。

こうしてみると、春や秋がトラブルの少ないベストシーズンといえるでしょう。もっとも、夏だからといって毎日猛暑が続くわけでも、冬だから毎日気温が5度以下になるわけではありません。すぐに塗り替えが必要だと思ったら、ベストシーズンを来るのを辛抱強く待つよりも、塗装業者にすぐにご相談いただくのが良いでしょう。

この記事を書いたプロ

共英塗装 [ホームページ]

飯田雅彦

兵庫県揖保郡太子町宮本244 [地図]
TEL:090-8986-2702

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
飯田雅彦 いいだまさひこ

手抜きなしの職人仕事で、西播磨に25年間密着(1/3)

西播磨を中心に兵庫県全域の依頼に対応し、これまでに500件以上の塗装を手掛けている塗装会社「共英塗装」の代表、飯田雅彦さん。豊富な経験と高い職人技に地元の顧客や職人仲間からの信頼も厚く、遠方からの依頼も後を絶たないそうです。「以前、弊社...

飯田雅彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

中間マージンがなく、高品質の塗装を適正価格で提供

会社名 : 共英塗装
住所 : 兵庫県揖保郡太子町宮本244 [地図]
TEL : 090-8986-2702

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8986-2702

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田雅彦(いいだまさひこ)

共英塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
姫路市防水工事の施工事例をご紹介致しますf(^_^)
イメージ

姫路市でビル屋上の防水工事の施工をさせていただきました。こちらでは天窓からの雨漏りもあるとの事で、併せて...

[ 防水工事 ]

アスファルト防水とは

アスファルト防水の特徴は、合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを張り...

[ 防水工事 ]

FRP防水とは

FRP防水の特徴は、強度が高く、耐候性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの皮膜防水層を形成...

[ 防水工事 ]

塩ビシート防水とは

塩ビシート防水の特徴は、塩化ビニール樹脂で作られたシートを接着剤等で下地に貼る方法で、複雑な形状や狭い場所...

[ 防水工事 ]

ゴムシート防水とは

ゴムシート防水の特徴は、シート状に形成した合成ゴム系の防水シートを接着剤等で下地に張り付ける工法です。シ...

[ 防水工事 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ