コラム

 公開日: 2016-09-16 

車のラジエーター、水漏れする原因とチェック方法

冷却水を貯めておくラジエーターは、ホースでエンジンと結合し、エンジンのウォーターポンプによって冷却水の流れを作り、エンジンのウォータージャケットに冷却水を循環させエンジンを冷却します。

ラジエーターから冷却水が漏れる原因には、内部圧力の上昇、経年劣化による損傷、飛び石などが当たり破損、部品との接触による損傷、振動による破損などがあります。

補充してもすぐに冷却水が減るようでしたら、冷却水が上記の何れかの原因で漏れている可能性があり、ボンネットを開いてラジエーター本体、ラジエーターキャップ、ラジエーターホース、ウォーターポンプなどを目視で点検します。

冷却水が入っているラジエーターについて

空気と燃料を混ぜた混合気を燃焼させるエンジンは高温になりますので、冷却が必要になります。

冷却する方法には、空気や冷却水などがありますが、現在の主流は冷却水です。

冷却水を貯めておく部品をラジエーターと呼び、ホースでエンジンと結合されています。
また、ラジエーターには、ATやCVTなどのオイルを冷却するオイルクーラーが装着されていることが多く、オイルクーラーはホースなどでATやCVTに結合されています。

ラジエーターはアルミや銅でできており、フィンも装着され放熱性を高めています。
ラジエーターの冷却水は、エンジンのウォーターポンプによって流れを作り、エンジン内のウォータージャケットを循環し、エンジンを冷却します。

ラジエーターから冷却水が漏れる主な理由について

ラジエーターから冷却水が漏れると、エンジンが冷却されず高温になり、いわゆるオーバーヒートになります。

オーバーヒートがひどくなると、エンジンにあるシリンダーヘッドガスケットが損傷したり、ピストンなどが焼き付いたりしてしまうことがあります。

ラジエーターから冷却水が漏れる原因には、内部圧力の上昇、経年劣化による損傷、飛び石などが当たり破損、他の部品との接触よる破損、振動による破損などがあります。

冷却水は、高温になるエンジンによって暖められて膨張すると、ラジエーターの内部圧力が上昇します。
ただ、内部圧力が上昇し過ぎないようにラジエーターキャップの加圧弁が開いて冷却水をリザーブタンクに送り出します。
この加圧弁が上手く作動しないと、内部圧力の上昇し、水漏れの原因になります。

また、ラジエーターやホースは、走行中に飛び石などが当たったり、経年劣化で腐食したりして損傷して穴が開くと、冷却水が漏れます。

ラジエーターやホースが他の部品と接触したり、振動したりすることで損傷すると、冷却水が漏れます。

冷却が水漏れるラジエーターを点検する場所

エンジンが冷えている状態で、リザーバータンク内の冷却水を規定内になるように補充しても、すぐに冷却水が減るようでしたら、ラジエーターキャップが故障していたり、冷却水がどこかで漏れていたりする可能性があります。

冷却水がよく漏れる場所は、ラジエーター本体、ラジエーターホース、ウォーターポンプです。

エンジンが冷えている状態で、ボンネットを開いて、ラジエーター本体やラジエーターホースから冷却水が漏れていないか、エンジンルーム内に冷却水が飛散していないか目視確認します。

また車体の下をのぞきこみ、冷却水が地面にこぼれていないか確認します。ほか、ウォーターポンプ周辺から冷却水の漏れがないか目視で確認します。

エンジンが冷えている状態でラジエーターキャップを外し、ゴムやスプリングが損傷していないか確認してください。

この記事を書いたプロ

有限会社共立サービス [ホームページ]

整備士 藤田悟

兵庫県加古川市野口町野口116-1 [地図]
TEL:079-426-0088

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
藤田悟 ふじたさとる

年間1500台の車検実績を誇る加古川の自動車整備会社(1/3)

 1946年の開業以来、加古川エリアで愛され続ける自動車整備会社「共立サービス」。カーディーラーと変わらない設備と技術を持つ地域密着の工場として、年間1500台の車検実績を誇ります。 「弊社ではまずお客さまの車を点検し、作成した診断書を...

藤田悟プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「立ち会い車検」で点検・整備結果を分かりやすく説明

会社名 : 有限会社共立サービス
住所 : 兵庫県加古川市野口町野口116-1 [地図]
TEL : 079-426-0088

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-426-0088

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田悟(ふじたさとる)

有限会社共立サービス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ユーザー車検で費用を軽減!受ける前にチェックしておくべき項目

ユーザー車検で一発合格するために、外観でチェックする部位は、灯火装置、タイヤ、ガラスがあり、内装でチェック...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検切れの車を車検に出したら免停になる可能性が!?

無車検車運行と無保険車運行を行ってしまうと、違反点数は12点となってしまい、免許停止になります。車検切れ...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検を受けられる期間は?もし車検が切れてしまったら?

車検証や車の前面ガラスに貼られてある検査標章(ステッカー)で、車検の有効期限が確認できます。もし車検が...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検の必要書類、自分で事前に準備しなければならない書類は?

認証整備工場やディーラーなどに車検を依頼する際には、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

改造したバイクは必ずしも車検に通らないわけではない

バイクの部品には指定部品と指定外部品があり、指定部品はアクセサリーなどや運行に当たり機能する自動車部品、指...

[ バイクの車検 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ