コラム一覧

1件~15件(30件)

過去の15件

ユーザー車検で費用を軽減!受ける前にチェックしておくべき項目

ユーザー車検で一発合格するために、外観でチェックする部位は、灯火装置、タイヤ、ガラスがあり、内装でチェックする部位は室内に付いている部品やメーターまわりがあります。機能や装置でチェックする部位には、ワイパー・ウィンドウォッシャー、ホーン(警報器)、マフラー、ドライブシャフ... 続きを読む

自動車の車検の流れとポイント

2016-11-20

車検切れの車を車検に出したら免停になる可能性が!?

無車検車運行と無保険車運行を行ってしまうと、違反点数は12点となってしまい、免許停止になります。車検切れの車より、車検の有効期間が長いほうが高く買い取ってもらえる可能性はありますが、10万円以上高くなることはほとんどありません。売却する際の車の査定額は、購入後7~8年程度とす... 続きを読む

自動車の車検の流れとポイント

2016-11-18

車検を受けられる期間は?もし車検が切れてしまったら?

車検証や車の前面ガラスに貼られてある検査標章(ステッカー)で、車検の有効期限が確認できます。もし車検が切れてしまったら、車に仮ナンバーを取り付けて自走し車検を受けるか、業者に頼んで車をトラックなどに積載して車検を受けなければなりません。車の車検は、有効期間が満了する1カ... 続きを読む

自動車の車検の流れとポイント

2016-11-16

車検の必要書類、自分で事前に準備しなければならない書類は?

認証整備工場やディーラーなどに車検を依頼する際には、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書(継続検査用)が必要で、陸運支局などでユーザー車検を受ける場合は、この書類に加え、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要です。車... 続きを読む

自動車の車検の流れとポイント

2016-11-14

改造したバイクは必ずしも車検に通らないわけではない

バイクの部品には指定部品と指定外部品があり、指定部品はアクセサリーなどや運行に当たり機能する自動車部品、指定部品以外の部品を指定外部品と呼びます。車検証に載っている数値に対して全長で±30mm、全幅で±20mm、全高で±40mm、重量で±50kgが一定範囲です。また、工具なしで部品の取り... 続きを読む

バイクの車検

2016-11-12

バイクのユーザー車検に必要な書類と費用

定期点検整備記録簿は、バイクの点検の結果や整備の概要を書くもので、自賠責保険は、運転者への加入が義務づけられている損害保険です。自動車重量税納付書へ、自動車重量税の金額相当の印紙を張り付け、提出することで納税したことになります。自動車検査票や継続検査申請書は、当日ユー... 続きを読む

バイクの車検

2016-11-10

バイクはユーザー車検が簡単!手順と注意点

バイクのユーザー車検は、車検満了日(有効期限)の1カ月前から受けることができ、受検日の14日前から予約できます。事前に、点検整備記録簿の点検項目に基づいてバイクの点検を自分で行いますが、自信がない人はバイクの修理屋さんなどに依頼しましょう。ユーザー車検の当日、運輸支局や自... 続きを読む

バイクの車検

2016-09-23

車のヘッドライトが暗い場合、点かない場合の対処法とその原因

ヘッドライトが暗い原因には、レンズの汚れやホコリ、キズによる曇り、ワックスの拭き残し、電気系統の不具合があります。ヘッドライトが点かない原因には、バルブ切れ、ヒューズ切れなど電気系統の不具合があります。レンズの汚れやホコリは清掃、キズによる曇りはレンズクリーナーで研磨... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-22

車のヘッドライト黄ばみの原因と予防法

ヘッドライトのレンズにできる黄ばみの原因には、日光の紫外線などがあります。また、ワックスなどがレンズに残ったまま放置すると、黄ばみが発生しやすくなります。レンズにできる黄ばみを落とす方法は、レンズを洗浄し、ヘッドライトの周辺にマスキングテープを張って保護し、金属磨き剤な... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-21

ヘッドライトの寿命はどのくらい?交換費用と交換方法

ヘッドライトのバルブにはHIDやハロゲンがあります。HIDの寿命は約1,500~2,000時間、ハロゲンの寿命は約300~500時間となっています。ヘッドライト本体の交換は、ヘッドライトの値段プラス10,000円程度、バルブだけの交換だけなら、バルブの値段プラス600~1000円程度の工賃がかかります。... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-20

車のエンジンオイルの種類と選び方。性能ではなく車に合うかどうかが重要!

エンジンオイルの性能は、API規格とILSAC(GF-5)規格が定めるグレードや、SAE(アメリカ自動車技術者協会)が分類した粘土などにより細かく分けられているため、エンジンオイルの種類も多くなり、お店で選ぶのに困ることがあります。オーナーズマニュアルなどで、自動車メーカーの純正オイルが... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-19

車のエンジンオイル交換時期は期間と走行距離を目安に

エンジンオイルを交換すると、交換前よりエンジンの音や振動をおさえられたり、燃費が良くなったりして、本来のエンジンの性能が保たれるメリットがあります。ターボが付いていないエンジンで、通常の走行であれば10,000㎞程度でエンジンオイルを交換すれば問題はありません。ただ、エンジン... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-18

車のラジエーター故障はオーバーヒートの発生原因

ラジエーターは経年劣化によってプラスティックタンクやフィンが壊れたり、ラジエーターキャップのゴムやスプリングが壊れたりして、うまくエンジンを冷却できずにオーバーヒートすることがあります。また、ラジエーターを冷却するラジエーターファンの故障もオーバーヒートの原因になります。... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-17

車のラジエーター、水漏れする原因とチェック方法

冷却水を貯めておくラジエーターは、ホースでエンジンと結合し、エンジンのウォーターポンプによって冷却水の流れを作り、エンジンのウォータージャケットに冷却水を循環させエンジンを冷却します。ラジエーターから冷却水が漏れる原因には、内部圧力の上昇、経年劣化による損傷、飛び石などが... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-16

車のウォッシャー液は水でも大丈夫?補充方法と注意点

ウォッシャー液が噴射しない場合は、ウォッシャー液が不足しているか不具合が発生しています。ウォッシャータンクの位置を把握し、ボンネットを開き、ウォッシャー液の残量を確認しましょう。ウォッシャー液が残っている場合は不具合が発生していますので、ディーラーや車の修理屋さんに相談し... 続きを読む

車のメンテナンス

2016-09-15

1件~15件(30件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
藤田悟 ふじたさとる

年間1500台の車検実績を誇る加古川の自動車整備会社(1/3)

 1946年の開業以来、加古川エリアで愛され続ける自動車整備会社「共立サービス」。カーディーラーと変わらない設備と技術を持つ地域密着の工場として、年間1500台の車検実績を誇ります。 「弊社ではまずお客さまの車を点検し、作成した診断書を...

藤田悟プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「立ち会い車検」で点検・整備結果を分かりやすく説明

会社名 : 有限会社共立サービス
住所 : 兵庫県加古川市野口町野口116-1 [地図]
TEL : 079-426-0088

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-426-0088

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田悟(ふじたさとる)

有限会社共立サービス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ユーザー車検で費用を軽減!受ける前にチェックしておくべき項目

ユーザー車検で一発合格するために、外観でチェックする部位は、灯火装置、タイヤ、ガラスがあり、内装でチェック...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検切れの車を車検に出したら免停になる可能性が!?

無車検車運行と無保険車運行を行ってしまうと、違反点数は12点となってしまい、免許停止になります。車検切れ...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検を受けられる期間は?もし車検が切れてしまったら?

車検証や車の前面ガラスに貼られてある検査標章(ステッカー)で、車検の有効期限が確認できます。もし車検が...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

車検の必要書類、自分で事前に準備しなければならない書類は?

認証整備工場やディーラーなどに車検を依頼する際には、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明...

[ 自動車の車検の流れとポイント ]

改造したバイクは必ずしも車検に通らないわけではない

バイクの部品には指定部品と指定外部品があり、指定部品はアクセサリーなどや運行に当たり機能する自動車部品、指...

[ バイクの車検 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ