コラム

 公開日: 2010-04-02 

周年行事の記念誌、発行目的は明確ですか?


自治会やPTAで取り組む機会の多い「周年行事記念誌」。
たまたま、その年回りにあたってしまった!という幸運に恵まれた方(!!)も多いのではないでしょうか。

周年行事全体で、どんなことに取り組んでいくのかを考えていく作業も大変ですが、記念誌づくりも結構大変。
過去10年間の資料や歴史を振り返るだけでも、かなりの作業量になりますね。

さてさて、「大変なこと」を先に考えてしまうと、やる気が失せてしまいますので、そこは、このコラムや、私の本「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」でもたびたび触れている仕事のこなし術で進めてください。

「とにかくできることからやってみる」

「大変だ、いやだな、どうしよう」と考えていても、紙面は1ページも埋まらないわけで、そういう「気分」は無視して、「できることから取り組んで、まず、一歩を踏みだそう」というのが、増田流仕事術です。

さて、前回のコラムでは、まずはじめにすることとして「適任者を実行委員長に」という内容でお伝えしました。

次に行うことは、
①発行の目的を明確にする。
②発行対象(読者対象)を明確にする。
この2点です。

周年記念誌の発行目的というのは、意外とじっくり考えたことがありませんよね。
しかし、大勢が制作にかかわる作業では、統一の目的をメンバーひとりひとりが明確に持っていないと、できあがり内容がバラバラになってしまいます。
そもそも、歴代の会長や関係者に原稿を依頼するときもどんな文面にしたらよいのか迷いますね。

①発行目的と②発行対象は、同時に考えればいいわけです。

これらを決めていく方法は、周年行事実行委員会メンバーが集まって、自由に意見を出し合う「付箋紙アイデア会議」で進めると、「ナイス!」な考え方が出てきますし、メンバー同士の一体感も深まります。
(進行役の人は、くれぐれも、けんかにならないように気を配ってくださいね)

「付箋紙アイデア会議」については、(またまた私の本のPRになりますが)、24ページからの「はじめての編集会議」に詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

(マスダ)

-------------------------------------------
「PTA・自治会広報誌 ラクラク作成ハンドブック」
~今日から役立つ入門書!
ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載~
著者:増田ゆきみ 発行:遊タイム出版
--------------------------------------

「ある日突然、広報誌担当になってしまったすべての人に捧げる1冊」
全く広報誌づくりの経験のない人が、ゼロから2か月で完成させることができるノウハウ満載。
編集会議の進め方、取材、撮影、執筆、入稿、校正、発行までの方法を徹底解説。
すぐに使える実例やテンプレートがついているので、どのパターンのものが作りたいか一目瞭然です。PTA・自治会広報部に一冊、必需品です。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770

PTA 広報誌でキラリ!学校プロジェクト
http://kohoshi.jp/

神戸新聞|マイベストプロ神戸 コラム連載中
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ