コラム

 公開日: 2010-02-07 

朝日新聞「我が子はなぜ死んだのか」


本日2月7日の朝日新聞朝刊33面「教育」の特集は、「我が子はなぜ死んだのか」
子どもの自殺 第三者調査検討

リード文によると、
「2008年度は全国で136人にのぼった児童生徒の自殺。その半数以上は原因が解明されないままだ。(略)」
とあります。

この特集の中で、内海千春さんが取材を受けておられます。
内海さんは、全国学校事故・事件を語る会に所属。
1994年、当時小学校6年生だった長男・平君を亡くしています。

<我が子はなぜ、自殺しなければならなかったのか>

内海さんには、かつて、講演を伺った後に、取材をさせていただいたことがあります。

平君は、祖父母、両親、きょうだいの中ですくすくと育ったこと。
祖父も、両親も教師であること。

ある日、学校から帰ってこないということで、家族総出で探したこと。

裏山で首をつって亡くなっている平君を家族が見つけたこと。

遺体を前に、声にならない声で泣き叫んだこと。

家族は、「なぜ、亡くなったのか。自殺をしなければならなかったのか」、その原因を知りたかったこと。

はじめは、教師による暴力などを認めていた学校だが、その後、一切認めることなく、事実を知らせず、そればかりか、内海家の家族の育て方の問題だとすり替わっていき、周囲の中で家族が孤立していったこと。

内海さんの講演内容は、当時の私にとって、あまりにも衝撃的でした。

内海さんだけでなく、我が子の死に直面した家族は、ただひたすらに「理由を知りたい、なにが起きたのかという事実を知りたい」と願うのですが、事実が開示されないケースが多いようです。

この状況を改善しようと、文科省では、弁護士を含めた有識者による第三者調査を検討していると記事は伝えています。

<憶測ではなく、実際に講演を聞こう>

最近では全国各地で、さまざまなテーマの講演会が行われています。
こどもの自殺、犯罪被害、いじめ、高齢者問題など、当事者が話しを聞かせてくれるケースも増えています。

私は、「広報」という情報を伝える立場にいる人は、それは、発行媒体規模の大小にかかわらず、
みなさんのご近所で行われているさまざまな講演会に積極的に出向き、実際の話を数多く聞き、知識を深めておくことも重要なことだと思っています。

今朝の新聞で、久しぶりに内海さんのお顔を拝見し、広報の原点を、また思い出しました。

(マスダ)

<お願い>
今朝、また、アマゾンさんで入荷待ちです。
お急ぎの方は、下記まで連絡をくださいませ。

★みなさんの町の図書館、学校に、蔵書リクエストを出してご活用下さいませ。★
★お問い合わせ先
編集オフィスマスダ
でんわ 078−914−0391
ファクス 078−959−8033
メール maido@officemasuda.com
-------------------------------------------
「PTA・自治会広報誌 ラクラク作成ハンドブック」
~今日から役立つ入門書!
ゼロから2カ月で発行できるノウハウ満載~
著者:増田ゆきみ 発行:遊タイム出版
--------------------------------------

「ある日突然、広報誌担当になってしまったすべての人に捧げる1冊」
全く広報誌づくりの経験のない人が、ゼロから2か月で完成させることができるノウハウ満載。
編集会議の進め方、取材、撮影、執筆、入稿、校正、発行までの方法を徹底解説。
すぐに使える実例やテンプレートがついているので、どのパターンのものが作りたいか一目瞭然です。PTA・自治会広報部に一冊、必需品です。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770

PTA 広報誌でキラリ!学校プロジェクト
http://kohoshi.jp/

神戸新聞|マイベストプロ神戸 コラム連載中
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子どもの才能を伸ばすも潰すも、まわりの大人次第
イメージ

 子どもの未来を潰していませんか。 前回のコラム「コミュニケーションのコツを学べば、人間関係もうまくい...

[ 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーシ ]

コミュニケーションのコツを学べば、人間関係もうまくいく
イメージ

 最近のニュースに思っていませんか「なぜ、○○○なんだろう」 最近、話題になっているニュースといえば、やは...

[ 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーシ ]

編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ