コラム

 公開日: 2018-02-13 

企画:地域の広報誌は「顔が見える近さ」で勝負しよう

ネタはここで勝負!


読まれる広報誌

「企画が難しい」「何年も作っているとネタ切れになる」。

PTAや自治会など地域広報誌では、こういう悩みを抱えている方が多いですね。

「どのような記事を取り上げたらいいですか」

皆さんからのご質問に、私は迷わず次のようにお答えしています。

地域の広報誌は、
「身近な話題」
「親しみやすさ」
「顔が見える程の近さ」
で勝負しましょう、と。

地域広報誌は、メジャーな新聞や雑誌と同じような記事を載せる必要はありません。
プロの文章や写真と勝負しても到底勝てるわけがありません。当然、読者は物足りないと感じるだけです。
しかし、とことん「身近なネタ」に絞り込めば、新聞や雑誌にはできないネタに切り込んでいけるのです。

「汗をかいている人」を載せましょう


鉄板ネタ

さらに、私がセミナーなどで皆さんにお伝えしているのは、「汗をかいている人を載せましょう」という視点です。

●例えば、学校の体育大会。
選手宣誓や応援団長、リレーの選手。どの広報誌にもよく掲載されている写真や記事ですね。
そうではなくて、皆さんのように「関係者」だからこそ取材できるネタを探してみましょう。

・(例)体育大会前日の準備のようす。
地域の人たちや、近隣の中高生と一緒にテント張りをしている、という記事を載せているPTA広報誌もありました。

・(例)子供たちが作ったいろいろなポスター
ごみは持って帰りましょう、遊具は使用禁止、学内禁煙、などのポスター写真を載せている広報誌もありました。こどもたちの絵がとっても素敵で、温もりが伝わる広報誌になっていました。

●例えば、地域の祭り。
神輿を担ぐ若い衆。屋台の勇壮な練り回し。これらは、たびたび新聞や雑誌にも掲載されますね。
そうではなくて、祭りを支えている人たちにスポットをあててみてはいかがでしょう。

・(例)集会所にずらりと並んだおにぎりの写真とコメント。
神輿の担ぎ手は体力勝負。飲食で支える「裏方さん」も大活躍です。
しかし、「裏方さん」に広報誌で光が当たることはあまりありません。
そこで皆さん、地域広報の出番です。
ある祭りでは、女性の会やボランティアのみなさんが作った真っ白なおにぎりが、ずらりと並んでいる様子を掲載した自治会の広報誌もありました。

●例えば、花火大会。
当日のイベントの様子は、いろいろなところに掲載されますね。
そんな時、皆さんの広報誌ではどんな切り口で挑めば、読者のみなさんは面白い!と感じてくれるでしょうか。

ある自治体の公式フェースブックでは、花火大会当日の様子は一切掲載されていませんでいた。
そのかわりにアップされていたのは、花火師さんたちの仕込みの様子、危険箇所を巡回する消防士の皆さん、花火大会後にごみを片付けるボランティアの皆さんなど、花火大会を支える人たちの姿でした。
素敵ですね。

こういうお話をさせていただくと、皆さんはおっしゃいます。

「そういう話でいいのなら、いくらでもありますよ」

そうなんです。地域の広報誌に掲載するネタって、決してビッグイベントである必要なんてないんです。
ビッグイベントなんて、年に何回もあるものではありませんね。
ないからネタが無い、と思い込んでしまうのです。
そうではなくてむしろ、とことん身近な話題に突っ込んでいく。

私たちは、自分に関係のあること、知っている人などが載っていると、記事に親近感を覚えますね。
わが町出身のオリンピック選手、猛烈に応援しますね。
その心理と同じです。

読まれる広報誌のネタは、広報誌をつくる編集部の「視点」が重要になってくるんです。

新年度の広報セミナーはお早めにご連絡ください


PTA、自治会、社会福祉協議会、教育委員会の皆さんなど、新年度からの広報セミナー予定のご連絡を多くいただいております。
例年、5月、6月にセミナーが集中してしまいます。
予定段階や実施未定でも構いませんので、お気軽に皆さんのご予定だけでも先にご連絡をいただけますと大変助かります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読売新聞掲載「赤とんぼで学ぼう 歌が上手くなるシンプル声楽法」
イメージ

 ほほ笑んで歌って 「赤とんぼで学ぼう 歌が上手くなる「シンプル声楽法」(ペンコム・刊)の著者・中...

[ 本の情報 ]

今年も広報紙つくりセミナーでお世話になります
イメージ

 シリーズ開催が増えています 新年度、新学期がスタートしました。自治会や地区福祉委員会、PTAと、各...

[ PTA/自治会広報紙づくり ]

若年性アルツハイマーの母の介護。まんがでほっこり わかりやすい本を編集しました
イメージ

 まんがで読む 家族のこころと介護の記録 このコラムは、社会福祉協議会のみなさんはじめ、福祉関係の方...

[ 本の情報 ]

【速報】フジ月9「コンフィデンスマンJP」にCA本がバッチリ登場!
イメージ

 長澤まさみさんの手の中に( ´ ▽ ` ) 4月9日(月)夜9時、私は、テレビの前で正座してその瞬間をまっており...

[ 本の情報 ]

フジTV月9「コンフィデンスマンJP」に書籍『客室乗務員内定!完全版2019』が登場!
イメージ

 4/9スタート!話題沸騰のフジ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』 春だ!4月だ!4月といえば新ドラマだ!...

[ 本の情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ