コラム

 公開日: 2017-12-14 

コミュニケーションのコツを学べば、人間関係もうまくいく

最近のニュースに思っていませんか「なぜ、○○○なんだろう」


最近、話題になっているニュースといえば、やはり大相撲ですね。元横綱・日馬富士関が書類送検という事態にまで至った今、世の中の関心事はもっぱら、貴乃花親方の動向に移っています。

この事件を見て、多くの人はこう思っているはず。
「なぜ、貴乃花親方は、相撲協会の聴取に応じないのだろう。」

また、熊本市の緒方夕佳市議が、赤ちゃんを連れて議席に座り騒ぎとなったニュースもありました。
このニュースを聞いた人はまず、こう思ったことでしょう。
「なぜ、議会に子どもを連れてくるのか。」

私たちは、自分にとって、何か違和感を覚える情報に接したとき、必ず、「なぜ、○○○なんだろう」と考え、それに沿った行動をとります。
「なぜだ、なぜだ、なぜだ……」
連日のマスコミ報道や、ソーシャルメディアは、「なぜ」のオンパレードです。

しかし、「『なぜ?』というキーワードは、相手との関係を悪くするコミュニケーションの代表格なのですよ」、そう語るのは、ビジネスコーチで、株式会社宙代表の栗栖佳子先生。

栗栖佳子先生


栗栖先生によると、「あなたが相手に対して、または相手がとった行動について『なぜ?』という疑問を持つとき、あなたの中には理解できない相手に対する苛立ち、反発心、抵抗感が生まれているのです」
とのこと。

確かに、
「なぜ、聴取に応じないのか」→「応じないのは悪い」
「なぜ、議会に子どもを連れてくるのか」→「連れてくるのは非常識」
と、心の中の感情は、「抵抗」「批判」です。

「なぜ・Why」を「何が・What」に変えるとうまくいく


why

そこで、栗栖先生おすすめのコミュニケーションは、「何が・What」です。
相手を否定し、関係が悪くなってしまう……。
そうならないための方法は、「なぜ・Why」を、「何が・What」に変えて話すといいのだという。

「なぜ、聴取に応じないのか」
ではなくて、
「貴乃花が、聴取に応じないのは、何があるからなのだろうか?」

「なぜ、議会に子どもを連れてくるのか」
ではなくて、
「市議が、議会に子どもを連れてくるのは、何があるからなのだろうか?」
と。

確かに、疑問詞を変えてみるだけで、相手を責める感情が薄まり、今度は相手の気持ちを知りたくなるから不思議です。

職場や学校現場で、導入続々。才能を伸ばすコミュニケーション術


栗栖先生は、人材ビジネス会社にて、営業およびコーディネーターとして1万人以上の採用面接やキャリアカウンセリングを行った経験をベースに、ビジネスコーチとして独立。企業、官公庁、教育機関、医療福祉、海外駐在員など幅広い分野でコーチングを中心とした講座やセミナーを務め、その数、年間120 回に及んでいます。女性の活躍推進に関するセミナーや講演活動も多く、2015 年7月からは大津市女性活躍推進アドバイザーを務めています。

栗栖先生のコミュニケーション術は、分かりやすく、仕事や日常の生活にすぐに生かすことができると人気で、多くの企業や自治体、学校現場で取り入れられています。

このほど、才能を伸ばすコミュニケーション術がたっぷりつまった栗栖先生の著書が出版されました。
『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
栗栖先生の著書は、累計10000部を超えています。
ぜひ、手にとって、あなたも「才能を伸ばす人」になってみませんか。

今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版
Amazonはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4295401463

【基本情報】
書名:今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版
著者:栗栖佳子
発売日:2017年12月11日
定価:980円(税別)
版型:四六判
ページ数:204ページ
本文色:2色
ISBN:978-4-295-40146-9
発行:株式会社ペンコム
発売:株式会社インプレス

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
企画:地域の広報誌は「顔が見える近さ」で勝負しよう
イメージ

 ネタはここで勝負! 「企画が難しい」「何年も作っているとネタ切れになる」。PTAや自治会など地域...

[ PTA/自治会広報紙づくり ]

電子メールで届けるのって大変だった!(1/23電子メールの日)|ペンコム
イメージ

 今日は「電子メール」のお話を 本日、1月23日は、「1(いい)23(ふみ)」の語呂合わせということで、「...

[ ネット問題 ]

阪神・淡路大震災から23年。風化させずにできることをしていく
イメージ

 23年目の1月17日 阪神・淡路大震災から23年。多くの方の命が奪われました。犠牲になられた方々のご冥...

[ まちづくり ]

編集テンプレートを更新しました(t03)
イメージ

 本年もよろしくお願いいたします 平成30年がスタートしました!1年が過ぎるのって、あっという間ですね。...

[ PTA/自治会広報紙づくり ]

どんどん書き込んであなただけの「コミュニケーション本」を作ってください
イメージ

 本文の「白い紙」の秘密 ビジネスコーチ・栗栖佳子先生の最新刊『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸...

[ 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーシ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ