コラム

 公開日: 2017-08-07 

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る

お母ちゃんとの約束

いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る


10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満州から祖国・日本に向けて引き揚げてきた望月郁江さん(81)が8/6(日)、地元・静岡県葵区の北部生涯学習センターで行われた「語り継ぎたい戦争のはなし」(美和地域憲法を学ぶ会主催)で、当時10歳だった自らの引き揚げ体験を語りました。
この日のようすは、翌7日の静岡新聞朝刊にも掲載されました。

郁江さんをモデルに昨年、長女の望月泉さんが書籍にまとめ、『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』(ペンコム刊)として出版。
望月さんの引き揚げ体験は、静岡新聞、毎日新聞、直木賞作家三木卓先生のコラム「鎌倉だより」、神戸新聞などに、取り上げられ大きな反響を呼んでいます。

新聞記事や本を読んだ方を中心に、「望月郁江さんのはなしを直接、聞きたい」という声もあり、今回の開催につながりました。

望月郁江さんが、引き揚げ体験を多くの人の前で話すのは、今回が初めてということもあり、会場には100人を超える参加者があり、急きょ、隣の部屋とのパーティションをはずして会場を広げるほどの盛況となりました。

もしも戦争がなかったら、と思わなかったことはありません


望月郁江さん泉さん

郁江さんは橋の設計技師だった父の仕事の関係で満州に家族で渡ります。
そこで迎える日本の敗戦。
その日から、家族の暮らしは一変します。
引き揚げもままならず、過ごす中、床下に隠した家財道具一式を強奪されたこと、
父親や日本人男性が片っ端から連行された通化事件では、父は奇跡的に生還できたものの、この時の拷問で生涯右手を上げることができなくなっていたこと、
栄養失調で弟が亡くなり、「もう少し私がコーリャンを軟らかく炊くことができたら死なせることはなかった」と今も自分を責め続けていること、
引き揚げの途中で、力尽きて亡くなったひとの遺体が日をおうごとにふえ、道の両端に積まれていたこと、
引き揚げ船のなかで、祖国はすぐそこというところで亡くなり、海中に死者を葬る家族の慟哭…。

そして何より、栄養失調で衰弱した最愛の母親と死に別れ、家族の生活は一変。
日本に生還したあとの長い人生のほうが,何倍も辛く過酷だったこと。

郁江さんは、ときおり涙をぬぐい、体験を語りながら、
「もし、戦争がなかったら」と、思わなかった日はありません。
戦争の苦しみは、戦後何十年経っても薄れることはありません。
引き揚げの途中で、力尽きて亡くなった夥しい数のひとたち、生きたいと願ったひとたちのためにも、平和であり続けなければならないと思います。
としめくくりました。

望月郁江さん

講演がおわると、郁江さんのもとに多くの方が駆け寄って、会話の輪が広がっていました。


『お母ちゃんとの約束』

『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』は電子版もあります。

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

『お母ちゃんとの約束』を読んだ、海外在住の小学5年生の少年から感想文が届きました
イメージ

 あまりにも辛過ぎてひど過ぎて 本を読んでいくうちに、あまりにも辛過ぎてひど過ぎて僕はどんどんどんど...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ