コラム

 公開日: 2017-06-07  最終更新日: 2017-07-07

全国のPTA・自治会広報紙担当の皆さんへお願いです。掲載の場合は本を進呈させていただきます

この夏休みの1冊に『お母ちゃんとの約束』をご紹介ください


お母ちゃんとの約束

PTA、自治会広報紙担当のみなさんは、今、7月号の発行準備で、大忙しの頃だと思います。
そんな皆さんに、増田からお願いがございます。
みなさんの広報紙で本の紹介をしていただけませんでしょうか。

この夏休み、1人でも多くの子供たち、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに読んでいただきたい1冊です。
増田が、編集をした本です。
編集をしながら、校正をしながら、何度も何度も涙を流してしまった本です。
タイトルは、『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州550キロ』です。

すでに、マイベストプロ神戸のブログでも、ご紹介させていただいておりますので、皆さんの中にもご存じの方が多いかと思います。
http://mbp-kobe.com/kohoshi/column/59017/

敗戦後10歳と5歳の幼い姉弟だけで満州から引き揚げの実話


お母ちゃんとの約束 地図

現在、80歳のいっちゃんこと、望月郁江さんが、第2次世界大戦の敗戦から1年後、たった10歳のときに、5歳の弟 キヨシちゃんを連れて、2人だけで満州から故郷の静岡へと引き揚げてきた実話をもとにした本です。

執筆したのは、郁江さんの長女の泉さん。
幼いころから母親・郁江さんの話を聞きながら、戦争とは何か、人と人が、国と国が戦うとはどういうことなのか、そんな状況を、まさに、いっちゃんが満州から引き揚げてきた年齢と同じ10歳の現代の子供たちにも関心をもってほしい、そんな思いで、漢字にルビをふるなど子供にも分かりやすい内容で書き上げた本です。

たった10歳です。
さぞかし辛く、心細かったことでしょう。

過酷な引き揚げの中で、いっちゃんは、とにかく、生きて帰りたい、生きて帰って、日本でお母ちゃんや、お父ちゃん、妹、弟たちに会いたい。ただひたすらにそのことだけを願い、望みをつなぎながら、幾多の困難を乗り越え、ついに故郷へとたどりつきます。

お母ちゃんとの約束 迷子

満州の広大な地で、わずかばかりの食べものが入った大切なリュックサックを2人で抱きかかえるようにして野宿した日々、
もう歩けない!と座り込んでしまう5歳の弟、キヨシちゃんを励ましながら、とまっては歩き、また休み、一生懸命歩き続けた日々。
引き揚げ途中で、故郷・日本の地を踏むことなく、力果て亡くなっていったおびただしい数の遺体の山。
死んじゃだめ、死んじゃだめ、生き抜かなければ、長男のキヨシちゃんを生きて日本に送り届けなければ。

「けっして、キヨシちゃんの手を離してはいけないよ」
お母ちゃんとの約束を守って、二人は、ひたすら歩き続けたのでした。
そして帰国。
しかしそこには、さらに悲しい現実が待ち受けていたのでした。

多くのご感想をお寄せ頂いています


お母ちゃんとの約束 感想

すでに、本当に多くの人から感想をお寄せいただいております。
お寄せいただきましたご感想はこちらでもお読みいただくことができます。

http://mbp-kobe.com/kohoshi/column/59606/
http://mbp-kobe.com/kohoshi/column/60233/

また、新聞各紙においてもご紹介いただいております。
http://mbp-kobe.com/kohoshi/column/59222/

郁江さんは、巻末で、「祖国日本の土を踏むことなく亡くなった方々をしのび、その方々の分まで幸せを願い、感謝して生きていきたいと思います。」と締めくくっています。

「生きる」素晴らしさと平和の尊さを、多くの子供たちにもわかってもらえることでしょう。
また、多くの日本人が亡くなり、いっちゃんのお父ちゃんも連行された通化事件にも触れています。

紙面でご紹介の場合は書籍を進呈します


この本を、皆さん方の広報紙でご紹介いただいた場合は、1校(団体)様に1冊、本書『お母ちゃんとの約束』を進呈させていただきます。

とにかく1人でも多くの方にこの本を読んでいただきたい。
そんな思いでいっぱいです。
皆さんの大切な紙面をお借りいたしますが、何卒どうぞよろしくお願いいたします。
数に限りがありますので、お早めにご連絡ください。
お申し込みはこちらのフォームより、必要事項を記入の上よろしくお願いします。
https://pencom.co.jp/request

または、下記まで、お気軽にご連絡下さい。
メール office@pencom.co.jp
電話 078-914-0391
Fax 078-959-8033

下に写真と文章を載せておきます。
こちらに掲載の写真は、ご自由にお使いください。

『お母ちゃんとの約束』
お母ちゃんとの約束〜いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ〜
https://pencom.co.jp/product/1749

・著者:望月 泉(もちづき いずみ)
・発売日:2016年10月11日
・定価:本体1,200円(税別)
・判型:A5判、ハードカバー
・ページ数:180ページ
・ISBN:978-4-8443-7746-7
・発行:ペンコム
・発売:インプレス

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子どもの才能を伸ばすも潰すも、まわりの大人次第
イメージ

 子どもの未来を潰していませんか。 前回のコラム「コミュニケーションのコツを学べば、人間関係もうまくい...

[ 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーシ ]

コミュニケーションのコツを学べば、人間関係もうまくいく
イメージ

 最近のニュースに思っていませんか「なぜ、○○○なんだろう」 最近、話題になっているニュースといえば、やは...

[ 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーシ ]

編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ