コラム

 公開日: 2016-11-05  最終更新日: 2017-07-14

静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました

『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて


朝から、お電話を多数いただいております。
理由は、昨日(11/4)の静岡新聞夕刊にて、増田が編集した書籍『お母ちゃんとの約束』の著者 望月泉さんと主人公のいっちゃんこと望月郁江さん親子の取材記事を掲載いただいたからです。
しかも、1面。さらに、題字横、つまりトップ記事です。

「どこで買えますか」というお問い合わせも多いのですが、こちらの本は全国の書店さんで扱っていますので、ぜひお近くの書店さんでお買い求め下さいね。

 満州から弟と2人、550キロ歩いて引き揚げ
 10歳の逃避行
 娘が取材、本に
 平和願い挿絵描く

記事は、「静岡新聞アットエス」でアップされていましたのでぜひ、お読み下さい。
http://www.at-s.com/news/article/women/report/298318.html

静岡新聞夕刊(2016/11/5)

ご感想を数多くお寄せいただいています!!


新聞をご覧になって、大勢の方が早速、この本を手にとって下さっています。
そして、本当に多くの感想をお寄せいただいています。
主人公のように、満州からの引き揚げ体験の方も多く、電話口の向こうで涙ぐむ方も。
いくつかを紹介致しますね。

<86歳女性>
どんなにご苦労なさったかと思うと涙が止まりません。
終戦のことを今でも鮮明に覚えています。
平和が何よりです。

<84歳男性>
いっちゃんと同じルートで満州から引き揚げてきました。自分は思い出そうとしているのだが思い出せない。本を読みながら、自分の過去をたどっていきました。

<80歳男性>
孫と一緒に読みたいと思い、2冊購入しました。

<15歳女性>
10歳のいっちゃんが、同い年の妹と重なって、切なく、胸が苦しくなりました。

<25歳女性>
満州からの引き揚げの歴史は、本書で初めて知りました。祖父母世代のみなさんがこれほどのご苦労をされていたとは。「平和であることのありがたみ」が一気に身近になりました。

<55歳 学習塾の先生>
8月15日に戦争は終わったわけではなかったんですね。
事実ゆえの過酷な描写に胸が痛み、小さな二人の生きようとする力に感動しました。そして、彼らのように帰国することができなかったたくさんの人々。帰国できてもさらに厳しい現実。
読ませていただいてよかった。教室のこどもたちやおうちの方にも紹介しようと思います。
頁の下に解説があるのはとてもわかりやすく、大きな地図で彼らの足跡がたどれたのもとてもありがたかったです。

<45歳女性>
学校で読み聞かせボランティアをしています。子ども達には、平和学習のおすすめ本として紹介します!
物語も淡々と書かれているのですが、深い‼凄く深いです‼そこを考えると涙涙涙です。匂いも想像しました。歩きに歩いた足も想像しました。お父さんの背中の傷も想像しました。お母さんが痩せていく姿も想像しました。私の想像以上の出来事を、経験されたいっちゃん、きよしくんの力強さは、ご両親の愛情に支えられていたんだと私は思います。帰国されてからのご苦労も色々とあったとのこと。つい続編を!と思いました。

<小4ムスメの読後感想(聞き書き)です。>
まず、物語とかってリアリティがないから「ふーん」で終わっちゃうのだけど、これって本当のお話だから、なんかリアルだから、そのひとのお話だから、すごく心に残った。
たとえば水筒の水を飲むシーンでも、「キヨシちゃんにすすらせ、自分もひとくちすすってから」などと細かいところも書いてあるのとか、いま思っていることを書いてあるのとかが、読んでいてわかりやすいし、想像しやすかった。
物語的には、悲しかった。
満州のお話だもんね。
いちばん記憶に残っているシーンは、白米のおにぎり。
満州だとコーリャンのおかゆで、それはお正月になってもほぼ一緒で、サツマイモが入っていたみたいなかんじだったのね。
でも満州からこどもふたりで日本に帰ってきたら白米で……。
「だいじだね、いま」って思った。
私はいつも食べてるから、でも本当は感謝すべきものなんだね、って思った。
この本を読んでもらいたいひとは、こどもとか、あと、「ふつう」と思ってるひと。
たとえば白いお米とか、毎日こんなご飯食べて幸せにくらしていることを、日本ではいまなんとなく普通だと思って、ありがたみを忘れていると思うの。そういうひとに、読んでもらいたいです。

<35歳女性>
こうして今を生きていることに感謝しました。
過去があるから今があって、今があるから未来がある。
生きる、生きぬく、生かし、生かされている。
今を生きる私に出来ることは、過去には行けないけれど過去を知ることは出来ます。
是非一度読んでみてください。


『お母ちゃんとの約束』

お母ちゃんとの約束 地図

お母ちゃんとの約束 ルビ

お母ちゃんとの約束 迷子

<『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、五五〇キロ>
https://pencom.co.jp/product/1749
・著者:望月 泉(もちづき いずみ)
・発売日:2016年10月11日
・定価:本体1,200円(税別)
・判型:A5判、ハードカバー
・ページ数:180ページ
・ISBN:978-4-8443-7746-7
・発行:株式会社ペンコム
・発売:株式会社インプレス

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

『お母ちゃんとの約束』を読んだ、海外在住の小学5年生の少年から感想文が届きました
イメージ

 あまりにも辛過ぎてひど過ぎて 本を読んでいくうちに、あまりにも辛過ぎてひど過ぎて僕はどんどんどんど...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

江井島まちづくり協議会(明石市)で広報セミナー「読まれる広報紙の作り方」
イメージ

 幼小中PTA、まちづくり協議会のみなさん向けにセミナー 2017年7月12日、地元・兵庫県明石市にて、広報...

[ セミナー ]

全国のPTA・自治会広報紙担当の皆さんへお願いです。掲載の場合は本を進呈させていただきます
イメージ

 この夏休みの1冊に『お母ちゃんとの約束』をご紹介ください PTA、自治会広報紙担当のみなさんは、今、...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ