コラム

 公開日: 2015-08-06 

しくじり先生 紀里谷監督に一言「Listen」その意味は

しくじり先生

映画監督 紀里谷和明さんがしくじり先生に登場

テレビ朝日系列の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』おもしろいですね。
毎回、「しくじった経験をもつ」著名人が登場し、「全盛期ーしくじった過去ーそこで学んだことー乗り越えるためにしたこと」を、おもしろおかしくプレゼンしていく番組。
まさに、「俺みたいにならない方法」を伝えていくもの。
もともと深夜枠だったのですが、人気が出てゴールデン枠へと「出世」した番組。

しくじり先生 俺みたいになるな!!|テレビ朝日

この番組に、8月3日には映画監督の紀里谷和明先生が登場。
写真家として幅広く活躍し『CASSHERN』で監督デビュー。
番組では、映画監督としての紀里谷さんの「しくじり」の数々が、本人の自虐ネタをからめながら語られ、しかし、スタジオの映画コメンテーターの有村昆さんとは、日本映画の有り様をめぐって言い争いになるという臨場感で番組は大いに盛り上がっていきます。

最後に、これからも映画監督を続けていきたい、しかし、悩み、方向性を失っていた紀里谷監督が、ハリウッド映画『ラスト・ナイツ』を撮影中に出演のモーガン・フリーマンに相談をしたということが紹介されます。
そのとき、モーガン・フリーマンはただ一言、「Listen」とだけ言って去っていったそうです。

KAZUAKI KIRIYA-紀里谷和明オフィシャルサイト

Listen この一言に救われた

紀里谷監督は15歳で単身渡米して、写真など芸術を学び、アメリカの超競争社会の中で生き抜いてきた人ですから、「Listen」の深みをもちろん理解できます。

桐谷先生は、モーガン・フリーマンが語った「Listen」の意味について、番組の最後でこのように話します。
 セリフをききましょう、かもしれません。
 スタッフの声をききましょう、かもしれません。
 まわりの声をききましょう、かもしれません。
 Listen というのは、感じろ ということだと思います。
 このことばで、目が覚めた。
 これまで人の声に耳を傾けずに突っ走ってきて右往左往してきた。
 この言葉に救われたのです。

「Listen」聴く その意味と力は?

「Listen」が大切といわれて、「うん、うん」とすぐにピーンと来るのは、コーチングを知っている人だと思います。
コーチングとは、大切な人の能力を信じ、その能力を引き出し、その人が自分の力で目的地に到達できるようサポートするのが基本的な考え方。

スポーツの分野でのコーチがよく知られるところですが、ビジネスの分野では人材育成や組織の活性化、事業の目標達成のために経営者やリーダーがマネジメントスキルの一つとしてコーチングを学び、欧米ではコーチをサポーターとして雇うことが日常的になってきているようです。

さて、コーチングでは「Listen 聴く」スキルを身につけましょうと言われます。
「聞く」「訊く」「聴く」これら3つの「きく」の違いを表現すると次の図のようになります。
そして、日本語の「聴く」がまさに、紀里谷監督の意識を一瞬に変えた「Listen」なのです。

才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術

弊社ペンコムから出版の「才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術」(ビジネスコーチ 栗栖佳子・著)によると、「才能を引き出す第一歩は、聴くコミュニケーションから」とあります。(P31)
-----------
相手の良さを引き出すためには、相手の可能性や能力を信じ切ることができるかどうかということがカギになります。そして、「問題解決の答えは必ずその人の中にある」と信じて、「聴く」ことがはじめの第一歩です。
相手の能力を信じられないから、ついアドバイスをしたくなり、指示や命令、力で相手を動かそうとしたり、相手の気付きや答えを待ちきれずについ教えたくなったりするのです。
------------
紀里谷先生! まさに、こういうことです。

「Listen」ー奥深いメッセージですね。

本の紹介

才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術
著:栗栖佳子
ビジネスコーチ 栗栖佳子さんのページ
才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術

お問い合わせはこちらまで

株式会社ペンコム|兵庫県明石市の出版社
http://pencom.co.jp/
増田ゆきみ
※ホームページではペンコムの本の試し読み(電子版)をして頂けます。
ぜひ、ご覧ください。

広めてください読書の輪 ペンコム出版 

代表 増田ゆきみ 
新刊【『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ】
●一人でも多くのこどもたちに読んでいただきたい本です。どうぞ、図書館で、学校図書室で、読書の輪を広めてください●
Amazonはこちら

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙できらりプロジェクト
広報紙できらりプロジェクト

<広報紙担当のみなさまへ>「PTA・自治会広報紙できらり!プロジェクト」では、みなさんを応援するページをオープンしました。セミナーでお伝えしきれない「広報...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど、幅広く豊富な経験がベース。

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました
イメージ

 『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて 朝から、お電話を多数いただいております。理由は、昨日(11/4)...

[ 出版事業部 ]

児童書プレゼント、本日(11/2)23:59で締め切りです
イメージ

 リビングくらしナビ に書籍紹介。読者プレゼントも 「リビングくらしナビ - 主婦の暮らしに“楽しみ”をプラ...

[ 出版事業部 ]

神戸市にお住まいのみなさまへ 「ウーマンライフ新聞」に書籍プレゼント掲載
イメージ

 神戸市にお住まいのみなさまへ 早くも書籍プレゼント! 昨日のコラムでもご紹介させていただいた児童...

[ 出版事業部 ]

読んで下さい『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』
イメージ

8月15日のコラムで「8月15日 終戦の日によせて。出版社としてできること。」と題して、ご紹介をさせて頂きまし...

[ 出版事業部 ]

【誰でも簡単にPR動画】神戸新聞に著者が掲載されました
イメージ

 映像監督ら初心者向けに指南書 8月29日(月)の神戸新聞明石版に、『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分...

[ 動画で広報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ