コラム

 公開日: 2014-09-02 

「広報」には、まちや学校を変えるチカラがある|なぜ、広報紙が必要か。

月刊誌『更生保護』26年8月号に掲載

月刊誌『更生保護』26年8月号に原稿を書きました

みなさんは、「更生保護」という言葉を聞いたことがありますか。
更生保護とは、「罪を犯した人も、裁判を終え、処分を受ければ、いずれ社会に戻ってきます。 更生保護は、罪を償い、再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組み。」であり、各地域の中では保護司さんたちが、犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支援しているのです。

この方々向けの月刊誌『更生保護』26年8月号原稿、特集テーマ:「更生保護の広報」に、原稿を書かせていただきました。

更生保護ネットワーク
月刊誌『更生保護』26年8月号原稿

「広報」には、まちを変えるチカラがある

ここで書かせていただいた内容は、いつも、セミナーを通じて自治会や各種団体、PTAなどの広報担当のみなさんにお伝えしているテーマと同じですので、ポイントを抜粋してご紹介しましょう。
全文内容につきましては、更生保護ネットワーク様にお問い合わせください。

タイトル:
「広報」には、まちを変えるチカラがある
~共感型広報で読者を巻き込もう~

●はじめに
【身近な良い話題は、人に元気と勇気を与える】

本業は本作り。兵庫県明石市に一つだけの出版社ペンコムの代表をしています。しかし、本業以上に力を注いでいるのが、PTAや自治会、ボランティアの皆さんに広報紙の作り方をお伝えする活動です。
理由は一つ。これらの団体は地域を支える人材を育成する大切な「しくみ」だからです。

●まずは気軽に始めましょう

「良い広報媒体」とは、つまり目的が達成できた媒体のことです。チラシ、ポスター、広報紙、ホームページ、ブログ、動画、口コミ……私たちの周りには様々な広報ツールがあります。それぞれの特性を生かし組み合わせて、目的を達成するツールを選択していきます。お金と時間をかければきりがありません。皆さんにとって負担がかからないように気軽に始めることが継続の秘訣です。

●あなたの情報発信。その目的は?

媒体は、目的を達成するための一つの手段にすぎません。まずは、発行・発信の目的を明確にすることが成功の鍵。はじめにしっかりとした目的ができあがっていると、制作途中で迷うことなく作業に集中できて、結果的に早く楽に仕上げることができます。

●読者は誰ですか

私たち出版社が本をつくるとき、著者さんに二つのことを確認します。
一つは、本の内容で何を伝えるか(目的)で、二つ目は、読者は誰かという点です。
目的についてはひとことで表現できること、読者像はできるだけ具体的であることが望ましく、実はこれが売れる本の基本でもあるのです。

●読まれる基本

広報の目的を達成するためには、まずは読まれることが条件です。最も読者を引きつける内容は、「困っている人の問題を解決する記事」です。参考になりそうな事例を紹介しながら、疑問や悩みに答えるような双方向の内容は効果的です。
また、読まれる媒体には、必ず読者を幸せにする「何か」があります。一ページでも、一箇所でも、一行でもいいのです。誰が、いつ、どんな内容で笑顔になっているのかを想像してみてください。知って得する、知って役立つ、知って楽しくなる、知って勉強になるなど、考えていくとたくさんあります。
そして、広報担当者は媒体を愛し「どうしても知って欲しい!」という気持ちを込めましょう。そのためには、広報する内容をよく知ることです。とことん知って好きになることです

●「広報」にはチカラがある

地域の人たちに更生保護の活動に協力してもらうためには、まずは内容を知ってもらうことから始めます。内容が自分に関連があると、さらに理解や関心が深まります。関心を持つと人に伝えたくなり、やがて共感して行動したくなるのです。
身近な話題は、そこに所属する人に元気や勇気を与えます。身近な地域の人たちに登場してもらい、「ほろっとするようないい話」を紹介し、ファンになってもらいましょう。

●共感型広報で巻き込もう

最近の効果的な広報として「巻き込む」というキーワードがよく使われます。一方通行の情報伝達ではなく、共感し仲間になってもらうというイメージです。
皆さんの広報でも、ぜひこの方法を取り入れてほしいと願っています。いわゆる「汗をかいている人」「頑張っている人」「裏方さん」にスポットをあてて、取り上げて掲載してほしいのです。

「広報」にはチカラがあります。
ぜひ、皆さんの広報力でより良い社会をつくっていって欲しいと願っています。
(増田)

本の紹介

『ワードで作る!PTA・自治会のためのチラシ・広報紙・プレスリリース らくらく作成ガイド 』
著者 増田ゆきみ
Amazon

発行から1年半。広報担当のみなさんからの悩みや相談、ご質問をもとに作成した本です。
初版の在庫僅少となっています。

ワードで作る! PTA・自治会のためのチラシ・広報紙・プレスリリースらくらく作成ガイド

読書で広めてください平和への思い

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
感想を多くお寄せ頂いております

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読まれる紙面にはわけがある-レイアウトパターン
イメージ

 グリッドを使うと,スッキリ、カンタン 版面を格子状に区切り、その区切った枠の中に文章や写真を配置...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある--本文のデザイン
イメージ

 文字のデザインを考えましょう 読みやすいレイアウトにするためには、文字の大きさや形は重要な要素で...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある-レイアウトはそろえることからはじめよう
イメージ

 レイアウトはそろえることからはじめよう レイアウトの基本は、まずはそろえることからはじめましょう...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある--見出しのデザイン
イメージ

 見出しのデザインを考えましょう 見出しのデザインは、大見出し(メインタイトル)と袖見出し(サブタ...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある-読者をひきつける5つの要素がありますか
イメージ

 「良いレイアウト」ってどんなイメージ? 「レイアウトの方法がわからない」このご質問をみなさんか...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ