コラム

 公開日: 2014-08-14 

新聞感想文の書き方|ひょうご新聞感想文コンクールをテーマに

神戸新聞社が主催 今年で5回目


新聞を読んで、あなたはどんな感想を持ちますか。

神戸新聞では、現在、「ひょうご新聞感想文コンクール」を行い感想文を募集しています。
締切は、個人応募の場合は9月4日(木)必着。
応募資格は、兵庫県内在住または県内の小学校、中学校、高校に在学する児童・生徒。
学校単位でも個人でも応募できます(1人1点に限る)。
http://www.kobe-np.co.jp/info/news_report/


一冊の本を読んで、何万字という文章をもとに感想文にまとめていく作業とは異なり、文章量が少なく、かつ記者(記事)の意図が明確な新聞記事の感想文を書いていくのは、比較的取り組みやすいと思います。
ぜひ、感想文の練習をしてみてはいかがでしょうか。

感想文のポイント


「感想文」に限らず、文章というのは、「目的」(なぜ書くのか)と、「対象」(誰に書くのか)を明確にしないと書けませんね。

今回の募集要項を確認してみましょう。
新聞感想文の場合、目的について次の様に書かれています。
--------------
【目的】
小中高校生の皆さんが生きた社会教材として新聞を読み、情報を知り、考えたことを自分の言葉で伝えることを目的に新聞感想文コンクールを実施します。
新聞の活用を通じて子どもたちが、活字に親しみ、社会や地域への関心を高め、家族とのコミュニケーションが深まればと願います。
---------------
このように文章で書かれているとよく理解できませんので、短文に分解してみます。

【目的(箇条書きに分解)】

生きた社会教材とする
新聞を読む
新聞で情報を知る
考えたことを自分の言葉で伝える
新聞を活用する
子どもたちが、活字に親しむ
社会や地域への関心を高める
家族とのコミュニケーションを深める

と、こうなりますね。
-----------------
この目的に添った感想文を書いていけばいいのです。
パターンとしては、例えば次の様になります。
文章を書くときは、まず構成を考えます。

【構成案】
これまであまり新聞を読んだことがなかったが、夏休みに連載が始まった○○○という記事を読んでみた。
新聞記事を読んで、○○○○という情報を知った。
この情報の○○○○という点を活用して、○○○○という行動につなげた。
それによって、○○○という発見(驚き)があった。
家族や、いなかのおじいちゃんといろいろなことについて話すきっかけになった。
これまでは、このまちにことにあまり関心はなかったけれど、新聞によって身近に感じるようになった。
これからは、今回の経験を生かし、新聞をしっかりと読んで、私の夢の実現に向けて活用していきたい。

というようなパターンになるでしょうか。
この【構成(パターン)】さえできたら、記事を読んで次々と感想文を書いていくことができます。

誰のために書くのか


次に考えなくてはいけないのが、対象、誰のために書くのか、という点です。
読書感想文にしても、今回の新聞感想文にしても、「誰に」は悩ましいところですね。

コンクールで入賞することを考えるならば、主催者が対象、ということになります。
記者や、神戸新聞関係者をイメージして書けば、入賞をぐん!と引き寄せることができるかもです。
しかし、それでは、書く立場としてはおもしろくないでしょう。
私も親として子どもに「神戸新聞社さんのことをイメージして書いてごらん」というのは、どうも気が進みません。

ならばどうするか。
子どもさんに聞いてみましょう。
「この感想文、誰に読んでほしい?」「誰のために書きたい?」と。

すると、「いつも新聞を読んでいたおじいちゃん」「未来の自分」「愛犬」とか、いろいろ話してくれるかもしれませんね。このプロセスこそ大切な親子のコミュニケーション。
決して、否定せずに、「Yes And」(そうだね、それから))で聞き出してみて下さい。

このようにして、書きたい・読んで欲しい対象をイメージしていくと、文章は書きやすく、内容がぶれないものなのです。

ぜひ、お試し下さい。

明日はもっと元気になる!ペンコムの本


8月新刊
Masakiとなら、もう一度夢を見ることができるかも知れない。
『継ぐ思いーマイケルダンスパフォーマーとして生きる』
Masaki・著
http://www.amazon.co.jp/dp/4844376446/
----------------------------------------
『なぜ、下級生は廊下を直角に歩くのか?』
桐生のぼる・著
http://www.amazon.co.jp/dp/4844376268/
----------------------------------------
『才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術』
栗栖佳子・著/
http://www.amazon.co.jp/dp/4844376063/
---------------------------------------

広めてください読書の輪 ペンコム出版 

代表 増田ゆきみ 
新刊【『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ】
●一人でも多くのこどもたちに読んでいただきたい本です。どうぞ、図書館で、学校図書室で、読書の輪を広めてください●
Amazonはこちら

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙できらりプロジェクト
広報紙できらりプロジェクト

<広報紙担当のみなさまへ>「PTA・自治会広報紙できらり!プロジェクト」では、みなさんを応援するページをオープンしました。セミナーでお伝えしきれない「広報...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど、幅広く豊富な経験がベース。

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました
イメージ

 『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて 朝から、お電話を多数いただいております。理由は、昨日(11/4)...

[ 出版事業部 ]

児童書プレゼント、本日(11/2)23:59で締め切りです
イメージ

 リビングくらしナビ に書籍紹介。読者プレゼントも 「リビングくらしナビ - 主婦の暮らしに“楽しみ”をプラ...

[ 出版事業部 ]

神戸市にお住まいのみなさまへ 「ウーマンライフ新聞」に書籍プレゼント掲載
イメージ

 神戸市にお住まいのみなさまへ 早くも書籍プレゼント! 昨日のコラムでもご紹介させていただいた児童...

[ 出版事業部 ]

読んで下さい『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』
イメージ

8月15日のコラムで「8月15日 終戦の日によせて。出版社としてできること。」と題して、ご紹介をさせて頂きまし...

[ 出版事業部 ]

【誰でも簡単にPR動画】神戸新聞に著者が掲載されました
イメージ

 映像監督ら初心者向けに指南書 8月29日(月)の神戸新聞明石版に、『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分...

[ 動画で広報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ