コラム

 公開日: 2009-10-01 

秋ゼミ-7- 見出しの付け方


秋ゼミ-7- 見出しの付け方

内容を読んでもらえるか、読んでもらえないか、その分かれ道が「見出し」です。

新聞や雑誌を読むとき、真っ先に目がいくのは見出しでしょう。思わず読みたくなる、そんな見出しをつけるにはどうしたらいいのでしょうか。

<広報誌は「見た目」がすべて>

あなたは、新聞や雑誌、本を手にとったとき、どのような読み方をしますか。
ほとんどの人が、見出しや写真だけを見て、内容まで読むかどうかを判断していくのではないでしょうか。
PTAや自治会の広報誌も同じです。手に取った人の関心を引くような見出しを考えて、一生懸命に作った記事をしっかり読み込んでもらいましょう。

<見出し>
見出しには、一般的に「大見出し」「中見出し」「小見出し」などがあり、重要であったり、しっかり知らせたいテーマを大きく、目立つように扱います。
①短い言葉でも文章の内容が把握できる
②内容まで読んでみたいと思わせる
という重要な役割をもっています。

例えば、このようになります。
新型インフルエンザにどう対応? …大見出し
保護者向け説明会に○○人が参加    …中見出し
○月○日、○○校体育館にて開催 …小見出し

<大げさな見出しは言い換えよう>
PTAや自治会など、広報誌作りにあまり慣れていない皆さんと一緒に広報誌を作っていると、ある傾向があることが分かります。
「大げさな見出し」をつけてしまうということです。
私が、「見出しで目立って」というものですから、どうしてもセンセーショナル型に陥ってしまいがちです。
例えば、「○○、大人気!」、「○○イベント、大成功!」、「○○セミナー、大盛況」など、「大」をつけた陳腐な言葉の羅列です。「大~~」というキーワードは使いたくなるのですが、その言葉の「大きさ」ほどは、見る人の心に訴えないのです。この場合は、具体的な数字などを使い、「○○イベントに3000人」とか、「○○セミナー、講師への質問とぎれず」というように表現することで信憑性が増します。

<寄稿文の見出しは、内容からキーワードを抜き出して>

よほどの有名人でない限り、読む人の関心をあまり引かないのが寄稿していただいた文章です。PTA会長あいさつ、自治会長あいさつなどです。そこで見出しが重要な意味を持ちます。寄稿者にあらかじめつけていただいた場合は、、「○○について」「○○を目指して」「着任ごあいさつ」など、ごく普通の見出しがついている場合が多いと思います。
かといって、スポーツ紙のように、センセーショナルな文やデザインは、内容になじみません。本文と関係のない見出しをつけるわけにはいきません。さて、どうしたらいいでしょうか。

この場合の方法は一つ。寄稿文章の内容から、執筆者が言わんとしているキーワードをいくつか引っ張り出し、興味関心を引きそうなタイトルに仕上げるのです。
例えば、「PTA会員のみなさまへ」→「沈黙のPTAから、物言うPTAへ」、「1年間よろしくお願いします。」→「PTA会員のみなさまに5つの約束」、「夢のある学校作り」→「子どもたちに夢を与える学校でありたい」など、ちょっとしたひねりを入れてみてください。これだけでも読んでみようかなという気になってもらえるのです。仮に内容まで読み込んでもらえなかったとしても、そこで訴えたいことがらや方針などが見出しだけでも伝わるという効果もあります。

<取材文の見出しは、目的や意図から>

実際にイベントや講演会、PTA、自治会活動などを取材して記事を書いた場合は見出しをつけやすいと思います。むしろ、見出しを先に決めて文章を書き進んでいった方が、書きやすい上に、良い内容になります。
取材の際には、イベントや講演会などの主催者に開催の目的や意図を聞くと思います。その内容から見出しを作ると失敗はありません。インタビューや講演会での発言内容、参加者の感想などからキーワードを抜き出して、「ここがポイント」と思われる見出しを作ってみてください。

----------------------------------------
PTA広報誌、自治会新聞の作り方。全コラムのバックナンバーはこちら
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/
----------------------------------------
神戸新聞マイベストプロ
PTA広報誌作りを強力サポート
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/
----------------------------------------
★☆=====================================☆★
PTA広報誌でキラリ!学校プロジェクト
http://kohoshi.jp/

編集オフィスマスダ
http://officemasuda.com/
★☆=====================================☆★




夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

『お母ちゃんとの約束』を読んだ、海外在住の小学5年生の少年から感想文が届きました
イメージ

 あまりにも辛過ぎてひど過ぎて 本を読んでいくうちに、あまりにも辛過ぎてひど過ぎて僕はどんどんどんど...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

江井島まちづくり協議会(明石市)で広報セミナー「読まれる広報紙の作り方」
イメージ

 幼小中PTA、まちづくり協議会のみなさん向けにセミナー 2017年7月12日、地元・兵庫県明石市にて、広報...

[ セミナー ]

全国のPTA・自治会広報紙担当の皆さんへお願いです。掲載の場合は本を進呈させていただきます
イメージ

 この夏休みの1冊に『お母ちゃんとの約束』をご紹介ください PTA、自治会広報紙担当のみなさんは、今、...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ