コラム

 公開日: 2012-09-18  最終更新日: 2014-08-01

「一冊入魂」ミシマ出版 三島社長の講演メモから|ペンコム

計画と無計画のあいだ
<小社では、「一冊の力」を信じ、本づくりに従事します。>

2006年、そう宣言して出版社「ミシマ社」を設立された三島邦弘氏。
去る2012年9月10日、大阪の産創館にて、三島氏の講演会「計画と無計画のあいだ」が行われ、聴講してまいりました。

三島氏は、「自由が丘のほがらかな出版社」こと、ミシマ社の社長。
2011年10月には『計画と無計画のあいだ』を執筆しベストセラーに。
同書では、「まっすぐ」な活動を愚直につづける、原点回帰の出版社・ミシマ社を単身起業した後、愉快な「無法者たち」が集まってくる過程から、現在に至る5年間のエピソードと発見をつづり、痛快、爽快なエッセイとして話題になっています。
------------------------------
以下は増田のメモです。
聞きとり内容が誤っている点、多々ありです(おそらく)。その点につきましては、あらかじめご承知おきください。
なお、「計画」とは何か、「無計画」とは何か、という点については、ここでは書ききれませんので、ぜひ著書をお読みください。

<講演メモ ここから>
2006年、ある日突然、「出版社を作ろう」とふとんを跳ねあげて、起き上がったわけです。
パワーがみなぎってきて、「原点に回帰した読者にまっすぐ、ストレートにつながっていく出版社をやろう」とメモに綴った。それが今につながっています。

2006年10月、300万円で株式会社を設立しました。
やがて1冊目の本を出したのですが、その時に思ったことは、何よりこの本を読者に届けることが重要であるということでした。
書店で読者が手にとって、「これは、自分のための本だ。」と思ってもらえる営業の方法があるはずだと。
設立後は、私ひとりでやっていて、まだ収益もなく、会社としては厳しい状況だったのですが、とにかく営業は必要だと採用しました。

自社営業とは、一冊を読者に届ける作業です。
自分が作った荷物は、自分のタイヤで運ぶ。
書店さんとの直取引にしたのも、思いを込めた1冊を一人でも多くの人に届けたいという気持ちからです。
非効率とされるこの分野に踏み出さないと、逆に非効率になると考えました。

私は、これまでの出版社と同じことをするのならば、やらない方がましだと思っています。
読者や社会に耳を澄まし、形(本)にしていく。
ミシマ社が出した本は、「絶版だけにはしたくない」。これは、私が出版社を設立した原点です。
いわば、出版社として在庫を持つ責任。
「その本が欲しい」という声にこたえ、その人に本を届け続けることができるかどうか。
これが原点です。

世の中では活字離れと言われます。しかし、その責任は読者にあるのではない。
むしろ、読者離れです。つまり、読者の期待に応えられていないのだと思っています。

この世の中、先が見えないことは、悪いことじゃない。これまでの世の中と、抜本的に違うことが求められているわけで、何が求められているのかを感知して突っ走ればいいのだと。
私は1975年生まれで、何かとネガティブに表現される世代です。
私は感覚はとぎすませておきたいんですね。
ネガティブに表現され、社会的な環境に縛られてしまう私たち男性に比べ、イキイキとした女性の生活言語がすごいと感じることがありませんか。
この感覚による「直感と情熱」。
男性も、そういう感覚をもっと表に出してもいいのではないかと。
私は、自分の感覚を信じて、動く。
自分のセンサーにかかったところを日々生きる。
みつけ、出会い、つないでいく。この感覚を鈍らせてはならないと。

あえて、東京の出版社やデザイナーさんから離れ、京都で仕事をしていることが多くなっていますが、これは、近くにいると、無意識のうちに影響を受けてしまうからなんです。
意識して自由度を高めるために、あえて、離れるというか。

本質的に、根本的に、抜本的に新しいことを求め、出版の新しいフィールドを作っていきたい。本質的な出版活動をしたい。
そのためには、普通のことをしていてはダメだと思っています。

大きな流れの中で、感度を上げ耳をすまして、自然にからだが動いていく、そういうメディア的なからだを作っていきたい。
そんなことを考えながら、日々を駆け抜けています。

<メモ、ここまで>

株式会社ミシマ社
http://www.mishimasha.com/

計画と無計画のあいだ---「自由が丘のほがらかな出版社」の話
河出書房新社 (2011/10/14)
http://www.amazon.co.jp/dp/4309020704


———————------------------------------------------

株式会社ペンコム 
広報誌でキラリ!プロジェクト 
広報アドバイザー
増田ゆきみ

masuda@pencom.co.jp 
078−914−0391
フェースブック
http://www.facebook.com/yukimi.masuda

———————------------------------------------------


「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」 
アマゾンhttp://www.amazon.co.jp/dp/4860102770

ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方。
「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りを」

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

『お母ちゃんとの約束』を読んだ、海外在住の小学5年生の少年から感想文が届きました
イメージ

 あまりにも辛過ぎてひど過ぎて 本を読んでいくうちに、あまりにも辛過ぎてひど過ぎて僕はどんどんどんど...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

江井島まちづくり協議会(明石市)で広報セミナー「読まれる広報紙の作り方」
イメージ

 幼小中PTA、まちづくり協議会のみなさん向けにセミナー 2017年7月12日、地元・兵庫県明石市にて、広報...

[ セミナー ]

全国のPTA・自治会広報紙担当の皆さんへお願いです。掲載の場合は本を進呈させていただきます
イメージ

 この夏休みの1冊に『お母ちゃんとの約束』をご紹介ください PTA、自治会広報紙担当のみなさんは、今、...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ