コラム

 公開日: 2012-07-31  最終更新日: 2014-08-01

PTAの役割考えよう(4) | 教育問題 この本は読みたい

PTAの役割考えよう(4) | 教育問題 この本は読みたい

夏休みのあいだに、あらためてPTAについて考えてみましょう。
おすすめの本のご紹介

いじめ問題、PTA問題

夏休みが終わると、PTA広報委員の皆さんは、早速、2学期に発行する広報紙の編集作業が始まりますね。
多くの学校においては、2学期には体育大会、総合体育大会など、イベントが多く、取材や掲載内容が盛りだくさん、あれも載せたい、これも載せなきゃ、と気持ちも焦ってくる時期でもあります。

あわせて、1学期の発行で経験を積んだだけに、2学期では充実した内容を載せ、記憶に残る編集チームとしての広報紙を作りたいと意欲的にもなるものです。

意欲的になればなるほど、「PTAって何?」「広報紙の役割は?」と考え始め、迷宮に入り込んでしまうかもしれません。
私がかつてそうであったように。

さて、そんな皆さんに参考になればと思い、今日は2冊の本をご紹介します。

まずは、、PTAに関する入門書にして、完結版。

「PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ) 」
川端 裕人 (著)
http://ow.ly/cAS2p

川端さんは1964年、兵庫県生まれ。東大卒業後、日本テレビ入社。現在は作家として活躍されています。

「本書は不思議と不条理の海を旅しながら、未来への希望を見つける航海記だ。」ではじまる同書。

帯には、「親」どうし、顔を見て、一緒に仕事をするというのは、すごく健全なことだ(著者)。
大変化を迎えた公教育の一断面をリアルに見すえた力作。忘れられた「PTA」を蘇らせる処方箋とは。とあります。
PTAにかかわっている方にとって、この本はとても参考になる1冊だと思います。

私の個人的な感想としては、数ある収納本の決定版が、近藤 麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法 」である(私的考え方)のと同様、PTA本の決定版といえます。

続いては、いじめ問題について書かれている本のご紹介です。

「なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか?
―透明な暴力と向き合うために (どう考える?ニッポンの教育問題) 」
香川大学の加野 芳正教授の本です。
http://ow.ly/cAVog

帯には、こうあります。
----------
だれか、「いじめ問題」について、わかるように教えてくれ!!

いじめの誕生から、三度のいじめパニック、
そしてそこから生まれた
様々な理論までを徹底分析!
いじめ問題を考えるための最初の1冊!!
----------
「いじめ問題を考えるための最初の1冊」とあるように、入門書としてまずは、この1冊がおすすめ。
私がおすすめする第一の理由は、時代背景や経済状況、教育資料と比較検討しながら、いじめ問題について時系列で分析している点です。
こう書くと難しそうですが、内容はとても分かりやすいです。

今を生きる私たちは、当然のことながら、未来から学ぶということはできませんね。
今のやり方や、方向性が正しいのかという客観的な判断は、過去から学ぶ以外にありません。

過去の事例から、いま、ここにある「いじめ問題」をどう考えるのか、この本から学ぶことはとても多いと思います。

同書と合わせ、文科省の下記の年表を参考にされることをおすすめします。

文部科学省
生徒指導関係略年表について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/04121504.htm

加野先生の本には、いじめ問題がどの時点から「教育問題」として位置づけられてきたのか、という解説があります。
上記、文科省の年表を合わせて見れば、教育の歴史的な課題がよく分かります。

次回も「子どもをまもる」という視点で考えてみたいと思います。

———————------------------------------------------
「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」 遊タイム出版
ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方が誕生。「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りに参加できないだろうか」という視点で刊行された「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」(税込み:1890円)。
アマゾンhttp://www.amazon.co.jp/dp/4860102770
———————------------------------------------------
株式会社ペンコム 
広報誌でキラリ!プロジェクト 広報アドバイザー
増田ゆきみ
masuda@pencom.co.jp 078−914−0391
———————------------------------------------------

PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770

広めてください読書の輪 ペンコム出版 

代表 増田ゆきみ 
新刊【『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ】
●一人でも多くのこどもたちに読んでいただきたい本です。どうぞ、図書館で、学校図書室で、読書の輪を広めてください●
Amazonはこちら

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙できらりプロジェクト
広報紙できらりプロジェクト

<広報紙担当のみなさまへ>「PTA・自治会広報紙できらり!プロジェクト」では、みなさんを応援するページをオープンしました。セミナーでお伝えしきれない「広報...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど、幅広く豊富な経験がベース。

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました
イメージ

 『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて 朝から、お電話を多数いただいております。理由は、昨日(11/4)...

[ 出版事業部 ]

児童書プレゼント、本日(11/2)23:59で締め切りです
イメージ

 リビングくらしナビ に書籍紹介。読者プレゼントも 「リビングくらしナビ - 主婦の暮らしに“楽しみ”をプラ...

[ 出版事業部 ]

神戸市にお住まいのみなさまへ 「ウーマンライフ新聞」に書籍プレゼント掲載
イメージ

 神戸市にお住まいのみなさまへ 早くも書籍プレゼント! 昨日のコラムでもご紹介させていただいた児童...

[ 出版事業部 ]

読んで下さい『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』
イメージ

8月15日のコラムで「8月15日 終戦の日によせて。出版社としてできること。」と題して、ご紹介をさせて頂きまし...

[ 出版事業部 ]

【誰でも簡単にPR動画】神戸新聞に著者が掲載されました
イメージ

 映像監督ら初心者向けに指南書 8月29日(月)の神戸新聞明石版に、『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分...

[ 動画で広報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ