コラム

 公開日: 2012-07-20  最終更新日: 2014-08-01

PTAの役割考えよう(2)|これは崩壊の始まりか

朝日新聞が問い続けた「PTA」とは。

テレビドラマ『七人の敵がいる』
今年、まだお正月気分の抜けない1月15日(日)、朝日新聞教育欄には、このような記事がどかん!と掲載されました。

<どうする? PTA 「入退会は自由」「原則知って」各地で動き> 

続くリード文(導入文)には次のように書かれています。

PTAの次期役員を選ぶ時期が近づいてきました。気をもむ保護者も少なくないでしょう。本来、PTAは任意加入の団体。その原則に立ち返り、自由な入退会を周知する動きが出始めています。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201201140378.html

このように書かれているとおり、同記事は「自由な入退会へのPTA改革」事例が中心であり、PTA問題に詳しい文化学園大学の加藤薫准教授が「入退会自由を保障すれば、保護者の支持を得られないPTA活動は改善されるはずだ」まとめています。

朝日新聞の記者さんの取材内容につきましては、加藤准教授のブログに詳しく掲載されていますので、あわせてごらんになると、この記事が書かれるに至った理由がわかります。
また、このブログ内容をさかのぼっていくと、加藤氏がなぜPTA問題に詳しくなった(興味関心を抱くことになったのか)の説明もあります。
http://ameblo.jp/maruo-jp/archive1-201201.html

この記事の翌日、PTAに対する増田の考え方として、こちらにまとめました。
「たかがPTAというなかれ。大切な人材をつぶさないで。」(2012.1.16)
http://mbp-kobe.com/kohoshi/column/24767/

2回目の記事は、1月22日(日) <見直す動き>
「保護者と学校のつながりを保ちつつ、参加しやすいPTAにするにはどうしたら良いのか。」
これについての各地の具体的な「動き」を取材、掲載しています。
例として、入退会自由、行事や役員減らす、保護者会の設置等を紹介。

3回目は、小説『七人の敵がいる』の作者、加藤朋子さんインタビュー「苦労のバトン 渡さないで」。
等が続き、7月7日(日)には、「PTA再活用論ー悩ましき現実を超えて』の作者 川端裕人さんとともに、「こうする、こうなるとうまく進む『PTA改革』」のチェックポイントをあげ、このシリーズのまとめとされていました。

このシリーズは、「新しいPTAのあり方について考えましょう」という内容だったようです。
8回にわたり、少なくない紙面を割き続けたこのシリーズ、記者さんが目的としていた結論はでたのでしょうか。

この連載が、実際のPTA活動にどのような影響がでるのか、私は、正直「崩壊の始まり」につながりはしないだろうかと感じていました。

これには、苦い実例があるからです。
10年以上も前のこと。ある記事が地元紙に掲載されました。
「子ども会」についての取材記事でした。阪神淡路大震災の後ということもあり、子どもたちと地域のつながりを深めようという、子ども会へは好意的な内容だったのです。
しかし、記事の中で、「任意加入」「入退会自由」「地域によっては60%の加入率」という、多くの人が(私も含めて)はじめて知るような表現が使われていました。
その結果、この記事が直接の影響かどうかは分からないものの、子ども会への加入率が急速に下がりはじめ、各自治会ごとにあった会が小学校区に1つというレベルにまで落ち込んでいったのです。

PTAはどうだろうか。

わたしは、広報セミナーシーズンを前に、記事が出たり、テレビドラマがはじまることで、PTAへの関心が高まったことを、よい機会ととらえることとしました。
PTAの何が問題かを考え、それを解決していけるかどうか、そのツールとして、広報紙を活用することができるのか、それを実例と共に提示していくことにしたのです。。

新聞やテレビドラマが、PTAの現場を混乱させているのではないだろうか。
H24年度初日。かなり緊張気味に、会場に向かい、そして講演会。

そして、実際に現場に出て、その意外すぎる状況に、次からの講演会の内容を大きく軌道修正しなければならなくなっていったのです。
(次回へ)

———————------------------------------------------

「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」 遊タイム出版

ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方が誕生。「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りに参加できないだろうか」という視点で刊行された「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」(1890円)。

ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770
———————------------------------------------------

株式会社ペンコム 

広報誌でキラリ!プロジェクト 広報アドバイザー
増田ゆきみ

masuda@pencom.co.jp

電話 078−914−0391

———————------------------------------------------

読書で広めてください平和への思い

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
感想を多くお寄せ頂いております

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
広報紙ウェブセミナー「印刷の基礎編」まとめ
イメージ

 わからないことはどんどん印刷会社さんに質問しよう 2回に分けて「印刷の基礎編」をおつたえ致しました。...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

印刷の基礎知識-紙のサイズと厚さについて
イメージ

紙は、サイズ、厚さ、紙質の違いによって印刷用途も異なります。みなさんが作ろうとする印刷物にもっとも適し...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

印刷の基礎知識-紙面の名称について確認しよう
イメージ

 印刷の基礎知識 広報紙やチラシを作ろうとすると聞き慣れないことばがたくさん出てきます。印刷会社さん...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

広報紙ウェブセミナー第1章のまとめ
イメージ

 3/22「広報紙の作り方」連載スタート 今週スタートした連載「広報紙ウェブセミナー」。第1章をまとめてみ...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

03-良い編集チームを作ろう!
イメージ

良い広報物は、良い編集チームから生まれます。さて、良い編集チームはどのように作ればいいのでしょうか。...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ