コラム

 公開日: 2009-08-18 

<夏季ゼミ-17->取材記事の書き方「寄稿文章」


本日は、いいよいよ「記事の書き方」です。
広報誌に載せる記事は、大きく分けて2種類あります。
一つは、原稿を依頼して書いてもらった寄稿文章。会長のあいさつ文などです。
もう一つは、編集部員が取材に基づいて書いた文章。いわゆる取材記事です。

どちらも、扱う機会が多いので、この2種類について、文章処理の方法を説明していきましょう。

<実はとても難しい寄稿文章の扱い>

原稿の執筆をお願いして書いてもらうと、編集部サイドで文章を書く必要がないので、とても楽だわ~と安心するのは大きな間違い。
意外な落とし穴があります。
□基本的に文章になっていない
□広報誌のテーマとはまったく関係のない文章になっている
□奇をてらいすぎて品の無い文章になっている
□指定した文字数を無視した長文になっている
などなど、期待通りの文章があがってこない場合がとても多いのです。

PTA広報誌の場合は、会長さんもまだ比較的若いので、それほど大きな問題は起きませんが、自治会新聞や老人会などの広報誌では、この問題が頻繁に起きます。
「会長としての抱負」をお願いしても、「自慢話」「昔話」「本から抜き出してきたような教訓話」など、数え上げればきりがありません。

さて、困ってしまうのは編集部。
読まれる広報誌を目指し、テーマを決め、内容を決め、ここまでやってきたのに、集まってきた原稿をながめると、誰も読みたくないような文章ばかり。
「ふう」。ためいきが出てしまいます。

「思い切って、訂正してしまおう」
「趣旨を変えなければ、それは編集権限と言うことで許されるんじゃないの?」
と、ばかり、原稿に手を加え、なかなか良い見出しをつけて、デザインもばっちり、さあ、原稿は仕上がった。
最終の校正を見てもらいましょう、と、編集部一同、会長さんに原稿の確認に行きました。

ところが、、、

ここから先は予測できますね。

会長のカミナリが落ちて、広報原稿は作り直し。やり直し。

そんなふうに勝手に原稿に手を入れるなんて考えられない。あり得ない話、と思わないでください。
これは、実は良くある話なのです。

かくいう私も、編集新人時代、何度もこの失敗をくりかえしていました。
「編集権限」とか「広報誌は読まれなければ意味がない」という変な自意識が先行してしまい、原稿に手をいれてしまうのです。
文意は変わっていないし、こちらの方がずっといいじゃないか、とは思うのですが、そこは寄稿者とのコミュニケーションで互いに歩み寄らなければならないところです。

<寄稿文章の訂正方法>

そもそも、原稿依頼をする際に、目的やテーマをきちんと先方に伝え、密に連絡をとりながら、原稿を書いてもらうことで、編集サイドの意図とずれないようにすることが重要です。

その上で、意図と違う文章が寄せられた場合は、できるだけ早い段階で、再度、意図を伝え、書き直してもらうか、あるいは、編集部でインタビューをし、その原稿を掲載するか、といった判断を互いにしなければなりません。
編集の考え方に寄稿者が従ってくれるかどうかは、実は、力関係や編集部の経験・実力によるところが大きいですね。
ですから、間にしかるべき人をたてて話し合いをすることもよくあります。

しっかりとコミュニケーションをとって、互いに納得できる落としどころをきめて制作していきましょう。

今日はここまで。
お疲れ様でした。
次回は、だれでも文章がうまくなる取材文章の書き方です。
お楽しみに。

PTA広報誌、自治会新聞の作り方。全コラムのバックナンバーはこちら
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/

----------------------------------------
神戸新聞マイベストプロ
PTA広報誌作りを強力サポート
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ