コラム

 公開日: 2009-08-16 

<夏季ゼミ-15->「スポーツ写真」の撮り方


取材の写真撮影シリーズ、好評につき、なんと、5回目になりました。
今回の撮影対象は「スポーツ写真」です。
PTA広報誌や自治会新聞では、学校や地域で開催される運動会やスポーツ大会、球技大会など、この目的で撮影する機会も多いと思います。
ところが、これも難敵。
なかなか良い写真が撮れません。

テレビなどでプロ野球放送などを見ていると、巨大な望遠レンズで一瞬を撮影しようと居並ぶスポーツカメラマンとカメラの放列が映し出されることがありますね。
私たちが新聞や雑誌で目にするスポーツ選手の躍動感あふれる写真は、高機能カメラとレンズ、プロカメラマンの腕による芸術作品なんです。

しかし、ここは頑張って一歩でもプロカメラマンになったつもりでがんばってみましょう。

<動きを予測して撮る>

最近のコンパクトデジカメは、連写機能を搭載してるタイプが主流になってきましたが、実際に使ってみて感じる一眼レフとの違いは、シャッターが切れる感覚のにぶさです。
例えば、運動会でスタート瞬間を撮ろうと、スタータの音を確認してからシャッターをきっても、プレビュー画面を確認すると、肝心の瞬間が撮れていないばかりか、フレームから完全に切れてしまっていることが多いと思います。
スピードのある写真の瞬間の表情を撮る場合は、次の方法を試して腕を磨いてください。

1.動きを予測して撮る

スターターが鳴ってからとか、野球ならバットを振り始めてからなど、動きを確認してからシャッターを押しても間に合いません。
「よーい、ドン」の「ドン」の瞬間にシャッターを切る、バトンパスを予測して撮る、次の瞬間にバットを振るに違いないと予測してシャッターを切る、シュートを予測して撮る、など、「動きを予測して撮る」ようにします。

結果的には、バットを振らなかったり、シュートできなかったりして、期待通りの写真を撮れないこともありますが、そんなことはデジカメならば大量に撮ることができるのですから、気にする必要はありませんね。

2.フレームを大きめにして撮る

決定的瞬間の躍動的な顔表情を撮りたい!と、ズームアップして撮ることがよくありますが、激しく動く選手の動きを完全に予測しきってカメラを動かし続けるのは難しいと思います。
こういうときは、カメラフレームを動く方向を予測して少しあけ気味に広くとって撮影するようにすると、シャッターが切れた瞬間にうまくフレームにおさまってくれます。
とくに、トラック競技リレーなど、コーナーをまわってくる瞬間を押さえるときなどは、動く方向の予測が簡単と言うこともありうまく撮れます。

3.究極の解決方法

屋外競技の場合は、お天気がよい場合など、光が十分にあるので、シャッタースピードも速くきることができ、速い動きにピントが合います。
しかし、問題は、屋内競技。
屋内競技は、フラッシュ撮影厳禁です。
卓球や、バトミントンなどは、シャッター音も厳禁。
しかも、速い!
しかも、暗い。
シャッターを速く切ることができないので、三脚でカメラを固定したとしても、ぶれた写真になってしまいます。

屋内で、スピードの速い競技を撮るときの究極の解決方法を教えちゃいます。
写真ではなく、デジカメの「ビデオ機能」を使うのです。
ビデオで撮って、あとで、デジタルカメラに付属している編集ソフトなどを使って、ビデオから画像をキャプチャーします。

ぶれた写真より、はるかに使えますよ。

きょうは、ここまで。お疲れ様でした。
ここまで、目的別に、広報誌に使える簡単な写真の撮り方をお伝えしてきました。
撮影技術は、とにかく、経験です。
どういう目的で掲載するのか写真のテーマを考えて、大量に撮ります。
そして、ほかの人に見てもらって、感想を言ってもらいます。
そうしているうちに、撮り方が上達してきます。
楽しみながら撮ってみてください。

次回からは、いよいよ記事のまとめ方です。

PTA広報誌、自治会新聞の作り方。全コラムのバックナンバーはこちら
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/

----------------------------------------
神戸新聞マイベストプロ
PTA広報誌作りを強力サポート
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/
----------------------------------------

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ