コラム

 公開日: 2009-08-15 

<夏季ゼミ-14->「講演会」の撮り方


本日の写真の撮り方、撮影対象は「講演会」です。
PTA広報誌や自治会新聞では、予想以上に「講演会」の写真を撮る機会が多いですね。
総会での記念講演会、教育講演会、文化講演会、人権講演会や、入学式、卒業式などのセレモニーなど、たくさんあります。

※コンパクトデジカメにも、感度、露出、シャッタースピードなど、撮影条件に応じて、設定を変える機能がついていますが、ここでは、オート撮影機能とフラッシュ発光禁止機能、ズーム機能の3点のみを使用して撮影することを前提としてご説明していきます。

<「講演会」写真はとても難しい>

ここでご紹介する「講演会」の、撮影条件をまずみていきましょう。

会場は、体育館や、会館のホール。
どんな明るさですか? 一般的に、写真を撮るときは、その場の明るさ、照明設備の種類、広さ、動き(スピード)などに気を配って、あらかじめ必要なカメラアクセサリーを準備していきます。

体育館やホールの場合、一番気になるのは、会場の明るさです。客席は照明を落とし気味で、ステージを明るくしている場合が多いですね。

しかも、講師の顔にスポットライトが当たっている場合もあります。

さらに、カメラマンにはつらい試練、フラッシュ撮影禁止です。

しかも、会場の雰囲気を壊さないようにという気配りも必要。

被写体の動きは少ないので、簡単に撮ることができると思った大間違い。
結構な難敵なのです。

<これしかない、撮り方>

フラッシュを発光してもOKの場合も、昨日の「顔」の撮り方でもお伝えしたように、正面てオートでパシャッと発光させると、体育館など、被写体の後ろの壁までが遠く、明暗のきつい場所では、顔だけが真っ白になってしまう失敗写真になってしまいます。

あなたが良く目にする広報誌では、そういう写真を目にすることも多いと思います。

では、どうしたらいいのでしょうか。

こういうときは、プロの写真屋さんがどうやって撮影しているのかを見るのは参考になると思います。

□ステージ上に立ち、思い切って講演者の近距離から撮影する

…講演者にはスポットライトなどが当たっていることが多く、フラッシュを発光させなくても十分な光が来ている場合があります。スポットライトが当たっていなくても、被写体とほぼ同じ光の条件なので、失敗のない写真になります。しかも、表情などもしっかりと撮れていい写真に仕上がります。

ここでも、フラッシュを発光できないので、しっかりと脇をしめて手ぶれを起こさないように撮ってください。

この撮影は、主催者、講演者から、冒頭10分間のみの撮影等というように許可を得ておけば撮れますので、ステージに立つという勇気は必要ではありますが、比較的簡単な方法です。

講演者の顔だけではなく、講演者の少し斜め後方から、講演者の表情&客席のようすを撮影するという構図も押さえておきましょう。

□被写体とほぼ同じ目線になるような高さで三脚を立てて撮影

…高性能な望遠機能のついたデジカメを持っている方には、この方法をおすすめします。

□会場のようすも撮影しよう

…「講演会」というと、講演者の顔だけを撮影する人が多いのですが、広報誌の場合、会場には何人くらいの人が集まったのか、どんな年齢層の人が集まったのか、なども貴重な情報となります。

ほかにも、講演会入り口の立て看板や、ステージの看板、垂れ幕、配布された資料なども撮っておきましょう。

あとで原稿を書くときに、正式名称は何だったかな、どんなようすで会場の人は聞いていたかな、などを思い出すために参考になるのと、みなさんが、次回同じような講演会を開催する場合に、これらの写真はとても参考になるからです。


きょうは、ここまで。お疲れ様でした。
次回は、運動会などの撮り方です。

PTA広報誌、自治会新聞の作り方。全コラムのバックナンバーはこちら
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/

----------------------------------------
神戸新聞マイベストプロ
PTA広報誌作りを強力サポート
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/
----------------------------------------

広めてください読書の輪 ペンコム出版 

代表 増田ゆきみ 
新刊【『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ】
●一人でも多くのこどもたちに読んでいただきたい本です。どうぞ、図書館で、学校図書室で、読書の輪を広めてください●
Amazonはこちら

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙できらりプロジェクト
広報紙できらりプロジェクト

<広報紙担当のみなさまへ>「PTA・自治会広報紙できらり!プロジェクト」では、みなさんを応援するページをオープンしました。セミナーでお伝えしきれない「広報...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど、幅広く豊富な経験がベース。

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました
イメージ

 『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて 朝から、お電話を多数いただいております。理由は、昨日(11/4)...

[ 出版事業部 ]

児童書プレゼント、本日(11/2)23:59で締め切りです
イメージ

 リビングくらしナビ に書籍紹介。読者プレゼントも 「リビングくらしナビ - 主婦の暮らしに“楽しみ”をプラ...

[ 出版事業部 ]

神戸市にお住まいのみなさまへ 「ウーマンライフ新聞」に書籍プレゼント掲載
イメージ

 神戸市にお住まいのみなさまへ 早くも書籍プレゼント! 昨日のコラムでもご紹介させていただいた児童...

[ 出版事業部 ]

読んで下さい『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』
イメージ

8月15日のコラムで「8月15日 終戦の日によせて。出版社としてできること。」と題して、ご紹介をさせて頂きまし...

[ 出版事業部 ]

【誰でも簡単にPR動画】神戸新聞に著者が掲載されました
イメージ

 映像監督ら初心者向けに指南書 8月29日(月)の神戸新聞明石版に、『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分...

[ 動画で広報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ