コラム

 公開日: 2012-03-11  最終更新日: 2014-08-01

大震災から1年。そのとき、新聞、ネットは何を伝えたのか。

大震災でネットはどう使われたのか

1年前の今日、あの大震災が発生しました。
今なお、復興への道は遠く、多くの方が未来に不安を抱えたまま、今日という日を迎えていらしゃることでしょう。

今まさに、季節は卒業シーズン。
受験を前にラストスパートをかけていたであろう中学生。
卒業の準備を進めていたであろう小学生。
真新しいランドセルを前に、希望で胸がはちきれそうだったであろう幼児たち。

いつもと同じ朝が、もうこないということ、生きているということが、当たり前ではないのだということを知らされたあの日。
新聞やテレビが伝える震災のニュースに触れ、涙がとまりません。

本日は、2冊の本をご紹介させて下さい。

1冊目は、「河北新報のいちばん長い日」(河北新報社著、文藝春秋刊)。
河北新報社は、宮城県を中心に東北6県を発行区域とする新聞社です。
大震災では、新聞社も大きな被害を受け、十数人もの販売員がなくなるなど、大きな被害を受けた被災者であると同時に、報道する立場でもあり、震災下で記者たちは何を伝え、どんな行動をとったのか。
全社員へのアンケートをもとに、再取材をした社員たちの記録となっています。

私は、この本を仙台へいったときに、河北新報社の方からいただきました。
「神戸の震災を経験した増田さん、この内容はよく分かってもらえると思う」と。
仙台空港から大阪の伊丹空港までの約1時間、拝読しながら涙がとまりませんでした。

何を伝えるべきなのか、この報道姿勢は被災者の気持ちに寄り添っているのか。
記者たちの苦悩が伝わってくる、震災報道の最前線にいた河北新報のみなさんだからこそ書くことの出来た住民の記録にもなっています。
ぜひ、お読み下さい。

2冊目は、「大震災でネットはどう使われたのか」。(洋泉社刊)
私は、先の阪神淡路大震災のさいに、「生きているよ」「この避難所にいるよ」という「安否確認情報」の重要性を感じ、なんとかネットを活用できないものだろうかという模索をずっとつづけてきました。
当時は、やっと携帯電話が普及しはじめた頃で、ネット回線を使って何かをする、というレベルのインフラとしてはまだまだ確立していなかったのですが、いつかは必ず技術の進歩で役立つ日が来ると信じ、仲間と共に実験を続けてきました。

その後、官民あげての災害へのネット活用、情報技術の進展が、今回の大震災では情報伝達分野において大いに活用されたと思っています。

本書は具体例を取材にもとづいて紹介しています。
「ソーシャルメディアがライフラインになる」ためには、まだまだ整備すべき点も多いとは思いますが、先日は、FaceBookが安否確認情報の実験も行うなどの取り組みも行われたように、さらに技術を高め、使う側の私たちのスキルや意識を高めることで、重要なツールになることは間違いないと思います。

まもなく、あの日の時間となります。

増田幸美 2012/03/11 13:38

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ