コラム

 公開日: 2009-08-04 

<夏季ゼミ-3->編集は誰が一番偉いのか


<校正の段階で、泣かないために>

この5月に、「PTA広報誌でキラリ!学校プロジェクト」をはじめてから3カ月。
PTAの広報誌担当者の方からの質問の中でもっとも多かったのは、「校正」についてでした。

「編集会議で、編集方針や内容を決めて、取材して、デザインをまとめたのに、PTA会長から、すべてNGが出てしまって、ゼロから作り直しになってしまった。PTA会長にはそんな権限があるのですか」

「学校長で校正、各部長で校正、OBで校正、会長で校正。結果的には、編集部が作った原稿とは大きくかけ離れて、みんなのやる気が無くなってしまった。2学期から編集ができるかどうか心配。校正って、いったいどこまでするものなのでしょうか」

など、いずれも、発行日が迫る時間との戦いの中での悲痛な相談でした。

とりあえず「発行日に間に合わせること」を最優先に、印刷所さんと打ち合わせをしながら、双方が折り合うことのできるぎりぎりの訂正をするようにアドバイスさせていただきましたが、こういう問題が起こらないようにするためには、実は最初が肝心で、いくつかのルールを決めておく必要があります。

<完全原稿で入稿するように意識を変えよう>

広報誌は、一般的に、「①企画→②取材→③文章→④おおまかなデザイン→⑤印刷屋さんへの入稿→⑥校正(初稿)→⑦印刷屋さんで訂正→⑧校正(再校)→⑨印刷→⑩発行」というプロセスで仕上げていきます。

このプロセスの中で、どうやら多くの広報担当者は、「校正だから、筆者や関係者に内容の確認をしてもらうのは、⑥校正の段階」と思っていることが、最近の相談から分かってきました。

しかし、これは大きな間違いで、その段階ではじめて確認作業に入ると、上記のような「悲劇」が生まれてしまうのです。

筆者や関係者に内容の確認をしてもらうのは、「⑤印刷屋さんへの入稿」の前です。
その段階で、デザイン以外、ほぼ完全な原稿にして印刷屋さんに渡せば、後の作業が楽に進みます。
これを、「完全原稿で入稿」といいます。

校正は、全体のデザインや、文字の打ち間違いを確認・修正する程度におさめます。
多くのPTAや自治会広報の担当者は、「⑥校正(初校)」から修正するものだと勘違いしているようで、初稿段階で入稿原稿とは全く違う内容に訂正してしまうこともあります。

校正で大きな修正があると、一般的には印刷料金に修正料金が加算されます。
完全原稿での入稿という意識に変えましょう。

<編集の最高責任者は最初から編集会議に>

あとで、「ゴタゴタ」が起きないようにするためには、原稿段階でのチェック以上に重要なことがあります。

すなわち、「編集の最高責任者を決める」ということです。
最高責任者は多くの場合は会長ですが、団体によっては、広報担当理事という役割の人が責任を負っていたり、OBなどがその役割を担っていたりします。

「編集の最高責任者」を決めた後、広報委員長は、その責任者と密に連絡を取り、「報告」「連絡」「相談」を怠らないこと。

編集会議には参加してもらい、互いの編集方針をしっかりとすりあわすこと。

信頼関係を築きながら進めて行くことが、結局は後々もうまくいく早道です。
面倒くさがらずに、気配りしながら進めていきましょう。

----------------------------------------
編集オフィスマスダ
増田ゆきみ <maido@officemasuda.com>
〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-20
TEL 078-914-0391 FAX 078-959-8033
http://officemasuda.com/
----------------------------------------
神戸新聞マイベストプロ
PTA広報誌作りを強力サポート
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/
----------------------------------------
2009年度モニター募集中
広報誌お助けタイ
詳しくは、キラリ!のホームページ
http://kohoshi.jp/
----------------------------------------
世界天文年2009 公式イベント
「星☆カフェ」事務局
http://hoshicafe.jpn.org/
----------------------------------------

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ