コラム

 公開日: 2011-08-15  最終更新日: 2014-08-01

[夏季講座]2学期にすぐ役立つ広報⑦語彙(い)の増やし方

ちょっとした気配りで、みなさんの広報紙は「ぐん!」と、見やすく、読みやすくなります。
1回目は写真にチカラを2回目は見出しにチカラを3回目はリード文にチカラを、4回目は、レイアウトに統一感を、5回目は、紙面に統一感を持たせるためのテクニック、6回目は、記事作成のコツ、について書きました。

その7は、「語彙(い)の増やし方」です。

類語新辞典

今回は、各新聞社さんの1面下、コラムからご紹介しましょう。
本日、8月15日は終戦記念日です。
ところが今日は新聞休刊日ということで、各社とも、昨日のコラムで終戦に関する記事を載せていました。

ここで、コラムを比較してみましょう。
「終戦」という同じテーマで書かれているだけに、比較する上でとても分かりやすい題材だと思います。

長文になりますが、ぜひ、最後まで読み進み、豊かな表現力にふれてみてください。

1.各社のコラムを読んでみましょう

<参考サイト>
新聞コラム社説リンク
http://www.ne.jp/asahi/sec/eto/NewsPaperLink.html

まずは、朝日新聞「天声人語」
http://www.asahi.com/paper/column.html
作家の田辺聖子さん(83)は、玉音放送を一家で聴いた。「降伏したみたいなこと、いうてはる」と父。「フシが、なさけなさそうですなあ」と母が頷(うなず)く。大人の脱力ぶりに呆(あき)れ、17歳の軍国少女は一人、無念を日記にぶつけた(回想『欲しがりません勝つまでは』)▼66年前のきょう、日本はポツダム宣言受諾を連合国側に伝えた。深夜に録音された終戦の詔書が、翌15日昼、NHKラジオで流される。大衆が初めて聴く陛下の声だった。漢語の多用と雑音で、すぐには解せぬ人も多かった▼野坂昭如さん(80)はそれでも、終わったと感じた。もう空襲はないと思うだけで、体の芯がとろけるような安堵(あんど)を覚えたという。終戦の日、どこで何を思ったか、百人に百の話があった▼各人に語るべきものがある大震災も、時代を画す共通体験に違いない。すべきことが山とあるのは敗戦時と同じだが、私たちに高揚はない。虚脱の暇(いとま)もない。津波、原発にとどまらず、日本は複合的な不全の中にある▼ひと声で動く世でもなし、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、不全の理由を一つずつ取り除いていくほかない。より生きやすい国を目ざして、まずは荒れ放題の政治と財政から手をつけたい▼NHK放送博物館の「玉音盤」は窒素ガスの中で眠る。今に残る音源は、傷む前のレコード盤から占領軍が複製したものだ。米国は「多くの命を救った放送」に価値を認めた。生かされた人々は驚異の復興を成し遂げる。もう一度できないはずがない。

次に、読売新聞「編集手帳」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20110813-OYT1T00857.htm
一升瓶の中の玄米を棒でザクザクと搗(つ)く。戦時中や終戦直後の映像に見る苦労を体験してみた。この単調な作業を何時間続けて、配給米を白米にしたのだろう◆拝んで分けてもらった屑(くず)イモを詰めたという、リュックと風呂敷包みも抱えてみた。合わせて5貫(約19キロ)。主婦の買い出し体験記から再現したそうだ。担げることは担げるが、遠方まで持ち帰る自信はない◆靖国神社に近い東京・九段の「昭和館」で、〈戦後復興までの道のり/配給制度と人々の暮らし〉と題した特別展を開催中だ。順路の最後に、必需品が手に入らぬ状況の大変さを、わずかながら身をもって味わえる◆昭和26年に電力会社が貼り出したポスターもあった。週に2~3日の計画停電を行う、との告知である。見る人の多くが〈戦中・戦後〉の展示物の一つ一つを〈災中・災後〉と引き比べることだろう。今回の大震災をも凌しのぐ苦境を、日本人は乗り越えてきたのだ――そう思うと勇気づけられる◆あすは終戦の日。神社や寺に赴き、〈この災厄も必ず乗り越えてみせます〉と胸の中で誓いつつ、苦難に耐えた世代に手を合わせたい。

続いて、毎日新聞「余録」
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110814k0000m070100000c.html
「五時から部会があったが、出席者は少なかった。そのあと薄暮の町を歩いてみる。街はひっそりと焼けあとだけがどこまでも拡(ひろ)がっている。何年かぶりで散歩といった歩き方をする。ゆうべ京都で見た下弦の月が焼土の上にかかっている」▲これは66年前の8月15日、当時毎日新聞大阪本社に勤めていた作家、井上靖の回想である。この時までに彼は「玉音ラジオを拝して」という社会面のトップを書き終え、街の様子の雑感2本を出稿していた。だが、歴史的一日の新聞社の夕刻とは思えぬ静けさが漂う▲「戦ひに果てしわが子も聴けよかし かなしき詔旨(みこと)くだし賜(た)ぶなり」。これは同じ日に詠まれた釈迢空(しゃくちょうくう)の歌である。途方もない数の人々の死、焦土と化した街々、今までの信念を打ち砕く破局に直面した無力感や虚脱。多くの日本人がそれらを涙で表した日だった▲まさか目前の惨禍に同じような無力感を抱くとは、ほんの半年前は思いもしなかった今日の日本人だ。そして今、廃虚となった街々、多くの死者や不明者と残された肉親の悲しみ、避難したままの人々、疎開した子どもたち--あの夏を思わせるあすは終戦記念日だ▲破局はなぜ防げなかったのか。この66年間、繰り返し問い直してきた日本人だ。今年より後は、津波と原発の惨害は防げなかったのかとの問いもそれに重ねられる。もたらされた災禍をどう乗り越えて、何を学び伝えるのか。「震災後」という時代を私たちは生きる▲「この夜も宿直室に眠ったが、眠りは浅く、ひどく寝苦しかった」。先の井上靖の文はこう結ぶ。その「戦後」は翌朝から始まったといってよかろう。

産経新聞「産経抄」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110814/art11081402450000-n1.htm
昭和20年8月14日、つまり終戦の日の前日、東郷茂徳外相はアジア各地駐在の外交機関あてに暗号の緊急電を発した。日本の敗戦で、大東亜会議に参加した親日国の要人は厳しい立場に置かれる。もし望むなら日本への「移行」に便宜をはかれとの内容だった。
 ▼「敗戦国日本に呼び寄せたあとの対策や見通しがあったとは思われないが…日本なりに誠意を示したのであろう」。親日政権のひとつ、汪兆銘政権を追った『我は苦難の道を行く』の中で上坂冬子さんはそう書いている。確かに敗戦前夜の国とは思えないような「気遣い」である。
 ▼「亡命」を打診されたひとりが中国・南京政府の陳公博代理主席だった。汪兆銘亡き後、同政府を率いていた。陳主席は当初、申し出を断る。だが自分が南京に残れば蒋介石軍と衝突が起き市民に犠牲者が出ると判断、25日に日本へ向かうことになる。
 ▼一行7人の引導兼警護役を任されたのが小川哲雄陸軍主計中尉だった。拓殖大を卒業、中国語に堪能で南京政府の軍事顧問などをつとめていたからだ。南京から飛行機で青島に向かうと見せかけ、海を渡り一気に鳥取県米子の空港に着陸、「亡命」は成功する。
 ▼その後も小川中尉らの努力で京都に入り、金閣寺に潜伏する。だが戦勝国側の圧力の前に、日本政府による保護には限界があった。中国・重慶政府の「帰国命令」には抗しきれず、陳主席は10月初めに帰国、翌年銃殺刑に処せられる。
 ▼敗戦国が亡命を受け入れるなどしょせん無理という見方もあるだろう。だが国も我が身もどうなるかわからない中で誠心誠意、他国の要人のために働いた日本人がいた。そのことは誇りとして語り継いでいきたいものである。

2.語彙(い)を増やす努力をしよう

語彙(い)とは、国語辞典によると、「一定の範囲(すなわち一個人あるいは一つの言語集団)の言語に表れる単語の総称。」、ボキャブラリーといったほうが分かりやすいかもしれませんね。
ただ単に「おいしい」と表現するのではなく、「まったりとした」とか、「歯ごたえがたまらない逸品です」とか、上で紹介した天声人語の中で作家の田辺聖子さんが、一般的には「安心した」と書くところを、「体の芯がとろけるような安堵(あんど)」と表現しているような点です。
語彙(い)を増やすと、文章に奥深さが出ます。
会話で語彙(い)がふえると、「かしこそう」な印象を相手に与えます。

そして何より、文章・記事が書きやすくなります。
昨日の、記事作成のコツでもお話しさせていただきましたが、「 」と話した。「  」と言った。「  」と語った。という表現だけしか知らない場合は、書いている本人も、記事内容に満足できずに、どうしたらよいのか分からなくなってしまい手がとまってしまうんですね。
そういう経験、よくありませんか。
語彙(い)を増やす努力をすることは、サクサク文章を書く上でもとても大切なことなのです。

3.どうやって、語彙(い)を増やすのか

まず簡単な方法は、昨日のコラムでご紹介した「新聞記事のスクラップ」です。
スクラップ記事を参考にしながら、パターンが身につくまで書き進めていくといいんです。

次は、「類語辞典」の活用です。
私自身、20数年前、広報マンとしてのスタートをきったとき、上司や先輩に言われたことは、
「分からないことは、シンムラさんに聞け」「手あかのついた表現はだめ。類語辞典で語彙(い)を増やせ」ということでした。
シンムラさんとは、広辞苑の編者 新村 出氏のことで、辞書をひきながら文章を書きなさいという指導でした。

さて、類語辞典。
私が今でも愛用しているのは、角川書店の「類語新辞典」。
一度、書店で手にとって見てください。
一つのことばに、これほどの多様な言い回しが存在するのかと、夢中になったものです。

「ホンマ、国語のはまりまっせ〜」という辞典です。

類語新辞典

——————------------------------------------------
「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」 
遊タイム出版
ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方が誕生。「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りに参加できないだろうか」という視点で刊行された「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」(1890円)。
ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770
———————------------------------------------------

株式会社ペンコム 
広報誌でキラリ!プロジェクト 
広報アドバイザー
増田ゆきみ
http://pencom.co.jp
電話 078−914−0391
———————------------------------------------------

広めてください読書の輪 ペンコム出版 

代表 増田ゆきみ 
新刊【『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ】
●一人でも多くのこどもたちに読んでいただきたい本です。どうぞ、図書館で、学校図書室で、読書の輪を広めてください●
Amazonはこちら

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙できらりプロジェクト
広報紙できらりプロジェクト

<広報紙担当のみなさまへ>「PTA・自治会広報紙できらり!プロジェクト」では、みなさんを応援するページをオープンしました。セミナーでお伝えしきれない「広報...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど、幅広く豊富な経験がベース。

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
静岡新聞夕刊(2016/11/4)の1面に取材記事掲載いただきました
イメージ

 『お母ちゃんとの約束』は全国の書店にて 朝から、お電話を多数いただいております。理由は、昨日(11/4)...

[ 出版事業部 ]

児童書プレゼント、本日(11/2)23:59で締め切りです
イメージ

 リビングくらしナビ に書籍紹介。読者プレゼントも 「リビングくらしナビ - 主婦の暮らしに“楽しみ”をプラ...

[ 出版事業部 ]

神戸市にお住まいのみなさまへ 「ウーマンライフ新聞」に書籍プレゼント掲載
イメージ

 神戸市にお住まいのみなさまへ 早くも書籍プレゼント! 昨日のコラムでもご紹介させていただいた児童...

[ 出版事業部 ]

読んで下さい『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満州五五〇キロ』
イメージ

8月15日のコラムで「8月15日 終戦の日によせて。出版社としてできること。」と題して、ご紹介をさせて頂きまし...

[ 出版事業部 ]

【誰でも簡単にPR動画】神戸新聞に著者が掲載されました
イメージ

 映像監督ら初心者向けに指南書 8月29日(月)の神戸新聞明石版に、『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分...

[ 動画で広報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ