コラム

 公開日: 2011-08-11  最終更新日: 2014-08-01

[夏季講座]2学期にすぐ役立つ広報③リード文にチカラを!

ちょっとした気配りで、みなさんの広報紙は「ぐん!」と見やすくなります。
1回目は写真にチカラを、2回目は見出しにチカラを、と書きました。
その3は、「リード文」です。
まずは、実例をご覧ください。


リード文をつけよう


1,見出しのチカラ
ご紹介している紙面は、「親と子の夢をかなえる宝地図」 (プレジデントムック プレジデントFamily plus)という本です。
本文は文章が詰まっていて、一見、読み進みにくそうですが、こういうときにチカラを発揮するのが、前回お話しいたしました「見出しのチカラ」です。
大見出しには、「3つのポイント」をおさえるだけで夢実現体質になる とありますね。
これを読むだけで、
「3つのポイントってなんだろう」
「夢実現体質ってなんだろう」
と、興味がわきます。

2.写真のチカラ

ところが読者は、ここで、すぐに本文を読み進む、とはいかないですね。
みなさんもそうでしょう。
どうされますか。
本文に写真があれば、写真をみますね。
8月3日のコラムでお話しした、「写真のチカラ」です。
ここでご紹介している本では写真のかわりにイラストがありますから、イラストも見ますね。

3.そして、リードのチカラ

次は?
そう、見出しの下にある短い文章です。
ここをよみますね。
この部分が、いわゆる「リード」です。
リードとは、本文を要約した数行の文章のことで、その名の通り、先に立って、読者を本文へと導く文章のことです。

皆さんの広報紙を拝見していると、「リード文」がない場合がとても多いことに気づきます。
とても大事な役割を果たしていますので、2学期からは、意識して記載するようにしてみてください。

4.リード文上達法

本文へと読者を導くリードは、魅力的な見出しをつけること以上に、難しいと感じるかもしれません。
慣れていませんから、当然ですね。
慣れるためには、見出しでお話ししたことと同様、まず、「リードをくわえてみよう と思うこと」が必要です。
あとは、訓練。
おすすめの方法は新聞記事や雑誌を読むこと。
そして、読者を具体的にイメージすること。
この記事を誰に読んで欲しいのかを具体的に意識して、その人に語りかけるように、ラブレターを書くように短文にまとめてみてください。
何度も書き直していくうちに、文章パターンが身につきますよ。

さっそく、2学期からためしてみてくださいね。
———————------------------------------------------

「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」 
遊タイム出版
ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方が誕生。「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りに参加できないだろうか」という視点で刊行された「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」(1890円)。

ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770
———————------------------------------------------

株式会社ペンコム 
広報誌でキラリ!プロジェクト 
広報アドバイザー
増田ゆきみ
http://pencom.co.jp
電話 078−914−0391

———————------------------------------------------

読書で広めてください平和への思い

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
感想を多くお寄せ頂いております

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読まれる紙面にはわけがある-レイアウトパターン
イメージ

 グリッドを使うと,スッキリ、カンタン 版面を格子状に区切り、その区切った枠の中に文章や写真を配置...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある--本文のデザイン
イメージ

 文字のデザインを考えましょう 読みやすいレイアウトにするためには、文字の大きさや形は重要な要素で...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある-レイアウトはそろえることからはじめよう
イメージ

 レイアウトはそろえることからはじめよう レイアウトの基本は、まずはそろえることからはじめましょう...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある--見出しのデザイン
イメージ

 見出しのデザインを考えましょう 見出しのデザインは、大見出し(メインタイトル)と袖見出し(サブタ...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

読まれる紙面にはわけがある-読者をひきつける5つの要素がありますか
イメージ

 「良いレイアウト」ってどんなイメージ? 「レイアウトの方法がわからない」このご質問をみなさんか...

[ 広報紙ウェブセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ