コラム

 公開日: 2009-07-12 

「連絡名簿作ろう条例」を考える


今朝の朝日新聞、1面に掲載のこのニュースが気になりました。

「連絡名簿作ろう条例」箕面市検討 インフル混乱が教訓2009年7月12日

http://www.asahi.com/national/update/0711/OSK200907110133.html

 学校や自治会の連絡名簿をつくろう――。こう呼びかける条例制定をめざし、大阪府箕面市は近く検討会議を設ける。個人情報保護を理由に連絡名簿の作成は減っているが、新型インフルエンザで急に休校が決まったとき連絡が行き届かずに混乱したため、必要と判断した。総務省によると、全国的に例のない試みという。
----------------
この記事を見て真っ先に思い浮かんだのが友人で神戸新聞のM記者さん。

以前、「インフルエンザ関連ネタないですか~」という会話の中で、「今回(インフルエンザ休校)のようにイザという緊急時に、連絡の手段がなくて大変だったのよ~」という話をさせていただきました。

この朝日の記事でも触れられているように、最近は、学級連絡網を作らない場合が多い。記事では、「個人情報保護」の面からとありますが、マスダが記憶する限りでは、ずっとその前、連絡網を利用したいたずら電話が多発し、我が子の小学校では、電話の内容に驚いた小学生が急いで親に連絡しようと家を出たとたん交通事故に遭いそうになったという事態が発生。
事態を重く見た学校サイドでは、緊急の対応策として、連絡網の見直しを図り、学級全体の連絡網は廃止となりました。

個人情報保護はずっと、その後だったように記憶しています。

実は、このころ、一斉に「連絡網の見直し・廃止」に動いた明石市内の学校に対し、神戸新聞の担当記者さんが、「いざというときにこれで対応できるのか」という記事を掲載していたのでした。

ですから、「インフルネタ」の際には、当時の記事とリンクさせつつ、いざというときの緊急連絡についての記事を書いてほしかったのです。

(これは彼女が入社する前の話。その記事を書いたのは○○さんで~、とああ、そこまでネタ提供したのに・・)

今回のインフル連絡網で、もっとも役立ったのは、じつは「携帯メール」でした。
マスダとしては、「地域の中に緊急連絡手段の確立を」という面まで掘り下げてほしかったのですが。

箕面市では、「連絡網を作りましょう」と条例で定めたいとあります。

マスダは以前のコラムで「なんでもかんでも条例をつくるな」という持論を紹介しました。

「携帯電話の規制条例を考える」
http://pro.mbp-kobe.com/kohoshi/column/1959

しかし、箕面市さんの今回の条例には賛成です。

教育現場では今、「個人名」を出すことに対し異様なまでに敏感になっています。
PTA広報誌を担当している皆さんなら、イヤというほどこの問題と直面しているのではないでしょうか。

名前を出してはいけない。
正面からの顔写真を掲載してはいけない。
などなど。

これらの「個人情報」をどう扱うのかという一定のルールが示されず、扱いやその結果の全責任が学校長にゆだねられているという教育現場の状況を考えると、これは仕方がないと思う反面、あまりにも行き過ぎではないかと感じることもあります。

ですから、箕面市のように、個人の名前を出すときなど、条例である一定のルールを示しておくということは、現場としても動きやすいのではないでしょうか。

で、友人の神戸新聞記者どのは、「緊急連絡網」のネタを取材・掲載したのかなあ~と気になって、気になって。
メールしてみようっと。

夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ