コラム

 公開日: 2010-10-06 

3学期卒業号のPTA広報誌企画は?


各学期ごとに3回の広報誌を発行するPTAさんが多いと思われます。
比較的、行事が多い1,2学期と比べて、3学期はあまり目立った行事もなく、しかも編集期間が短いので、掲載内容に頭を悩ませておられるのではないでしょうか。

「3学期発行号の企画について」というご質問も多く寄せられています。

よくあるのは、卒業する児童・生徒に各クラスごとに色紙に寄せ書きをしてもらい、それを画像としてそのまま掲載する、思い出の写真をまわりにちりばめる、というパターンですね。

寄せ書きの内容は、「将来の夢」が一番人気でしょうか。

それでも良いのですが、PTA広報誌ですし、子どもたちの寄せ書きならば、学校が発行する卒業作文集やアルバムで十分なのではないかというご意見もあるでしょう。

そこで、ちょっと視点を変えて、他校のPTAではどんな企画に取り組んでいるのかを参考にしながら、企画案をあげてみます。

まず、保護者としては、どんな内容ならば読んでみたい、あるいは、子どもの卒業記念号だから、保存をしておきたいと思うかという視点で考えてみますと、

①子どもたちの成長の様子が分かる
②子どもたちが過ごした学校に誇りを持つことができる。

といったことを踏まえつつ、まずは、発行号の「テーマ」を決めてみましょう。
テーマを決めると、全体の統一感がとれて、編集や、取材、記事おこし等がとても楽になります。
たとえば、3学期号ですので、
「感謝」「ありがとう」
「飛躍」「未来へ」「成長」
などが妥当なところでしょうか。

では、テーマが決まったところで、具体的な企画を。

1.のぞいてみました 授業風景
その学校で特徴的な授業や特徴を取材して掲載。
たとえば、少人数制、英語教育、総合的な授業、IT、食育など。
特に今年度にその学校が力を入れた新規のとりくみがあれば、そういう内容を取り上げて掲載されるのはいかがでしょう。
しかも、授業内容、特徴、学校としての意気込み、生徒の感想など、複合的に取材をされるとおもしろい内容になりますね。学校の特徴もよく出ると思います。

2.先生からの「贈る言葉」
担任の先生から、進級・卒業する生徒への「贈る言葉」をまじめに語ってもらいます。おもわずホロリとするようなエピソードを交えて頂くと最高ですね。

3.子どもたちから、「感謝の言葉」
寄せ書きでも、「将来の夢」というテーマに比べるとより感動的になるでしょう。学校、先生、親への感謝の気持ちが伝わるような企画もほしいですね。広報誌が感謝の言葉であふれているというのは想像するだけでもわくわくしますね。(親としては泣いてしまいそうです)

4.同上で、親からの感謝の言葉
このあたりは、インタビュー形式でOKだと思います。

5.座談会
上記の内容をPTAとして伝える手法としては、「座談会」が人気ですね。
これまでの活動を振り返って頂きながら、編集サイドで伝えたいことを語ってもらう形式です。座談会の中に、エピソードとして出てきた内容については、写真などがあれば、挿入するとよりいっそう読まれる広報紙になると思われます。
いまどきのこどもとどう、向き合ってきたか、というテーマもアリですね。

6.行事あれこれ
これまでの行事を掲載します。できるだけ、写真とコメントなどを複合的に使いましょう。

7.給食

8.おすすめの本

9.○○校、みんなのココがすき

といったところでしょうか。

最後まで、企画を練って有終の美を飾ってください。



-------
★続々、フォローありがとうございます。
Twitterでつぶやき始めました
http://twitter.com/officemasuda
-------
★ 引き続き、こちらもよろしく。↓↓↓★
ノウハウ満載「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」刊行 遊タイム出版

ある日突然、PTAや自治会の広報誌担当になってしまった人に今日から役立つ、強い味方が誕生。「もっと、楽しく、ラクに、広報誌作りに参加できないだろうか」という視点で刊行された「PTA・自治会広報誌ラクラク作成ハンドブック」(1890円)。

ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4860102770
あるいは、下記まで直接ご連絡下さい。 

子育てにこの1冊!

『今すぐ役立つ! らくらく身につく! 才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術 増補改訂版』
980円(税別) 著・栗栖佳子 刊・ペンコム
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大阪府内社会福祉協議会さん主催 平成29年度広報研修会アンケート集計

平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、大阪府内社会福祉協議会...

地域福祉委員会さん
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
編集に役立つオレンジの配色サンプルをご活用ください
イメージ

 「オレンジ色」はなかなか難しい色です 福祉や子育て分野の広報紙で、よく使われる色といえば「オレン...

[ 連載:広報紙の作り方 ]

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ