コラム

 公開日: 2010-07-17  最終更新日: 2014-08-01

子どもとインターネット おすすめ本

子どもといっしょに安心インターネットシリーズ
本日は本の紹介です。

こどもたちに「インターネットとどのようにつきあっていくのか」ということを伝えていくのは、結構難しいものです。
その難しさは、まさに下記のページの記述通りです。

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/kyouiku/shouhisha/105/1.htm
わたしは消費者
教員向け情報提供誌
子どもと携帯電話 利用の実態とその影響
東洋大学教授 中村 功


---引用---

携帯電話の広がりはめざましく、最近では中学生、さらに小学生にまで普及しつつある。子どもたちは携帯電話に興味津々で、「みんなが持っているから」などといって欲しがっている。
一方親は、出会い系・援助交際・不当請求など、子どもが犯罪に巻き込まれる心配をしたり、逆に防犯のためには持たせた方がよいのではないかとも考える。
他方、教員としては、授業中のメールが教室秩序の妨げとなる、新たな携帯リテラシー教育が必要、携帯メールでの教員と生徒との関係をどうするか等、やっかいな問題を抱えている。

こうした事態にたいして、社会はいささか混乱気味である。携帯電話各社が子供向けの携帯電話を開発・販売する一方で、マスコミは携帯電話がらみの事件を繰り返し報道し、警察は携帯電話と非行との関係を警告する。

そして一部では、「小中学生に携帯電話を持たせない」という住民運動が起きたりもしている(石川県野々市町など)。

-------------
私の所属するNPO法人明石インターネットパワーズでのセミナー・講習会では、1997年の設立当初から、「インターネットを使う楽しさ」と同時に、「ネットモラル」についてお伝えする取り組みを行ってきました。

ネットをとりまく技術の進歩は毎年のようにうつりかわり、ネットモラルもどのように伝えたらよいのか、まさに、私たち自身も方向性を見失い「混乱」していたように感じています。

そのような時に出会ったのが、本日ご紹介したい本です。

子どもといっしょに安心インターネットシリーズ
「なにが危険なのか?」(赤本)
「どうトラブルを避けるの?」(黄本)
「なにができるの?」(青本)
岩波書店

初版は2005年ですが、信号機のように、赤、黄、青と読み進めば、「子どもといっしょに安心インターネット」の問題にどのように取り組めばよいのかの基本的な考えが確立できます。

この本の中では、インターネットが引き起こす様々なトラブルについて紹介した上で、「何が問題なのか」「トラブルに巻き込まれないようにするためにはどうしたらよいのか」「巻き込まれたらどうしたらよいのか」という点を細やかに説明しています。

「インターネットのことはよくわからないわ」というおとなは多いのですが、そういう方にもとてもわかりやすい内容になっています。

こどもたちは、今後ますます急激に進展するインターネット社会を生きていきます。
私たちおとな世代には、想像もできないスピードで社会は変革していくことでしょう。
そういう社会で「生きていく力」を身につけさせて送り出すのは、私たち親の責任かと思います。

この本では、親世代にこのように語りかけ、親の役割を説いています。
・ 親がこどもたちに教えることは、「高度な技術知識」ではなく、「善悪や危険を判断する力を教える」こと。

マスダ






夏休みには平和を考えるこの1冊

『お母ちゃんとの約束』10歳のいっちゃんと5歳のキヨシちゃん,幼い姉弟たった2人で引き揚げた満州五五〇キロ(ペンコム刊)
●一人でも多くのこどもたちと読んでください。図書館で、学校図書室で、平和への思いが広がりますように●
Amazonはこちらです

この記事を書いたプロ

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム [ホームページ]

編集者・ライター 増田ゆきみ

兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL:078-914-0391

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
広報セミナー|増田ゆきみ

広報セミナー「地域NO.1 愛される広報紙・チラシの作り方」におきまして、アンケートの自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。・広報に対し、見方が変わ...

広報紙でキラリプロジェクト

「広報紙でキラリ!プロジェクト」(主宰 増田ゆきみ)では、主にセミナーを通じて、皆様を応援させていただいております。以下の内容は、『ワードで作る! PTA・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
増田ゆきみ ますだゆきみ

保護者や学校、地域を輝かせる、PTA・自治会広報をお手伝い(1/3)

 「PTAや自治会の広報紙って、本当にもったいないと思いませんか?」。そう話すのは、株式会社ペンコム代表の増田ゆきみさん。2008年からPTAや自治会・NPOや自治体の広報紙担当の皆さんを応援する「広報紙で、きらり!プロジェクト」をスタート...

増田ゆきみプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

NPO、PTA、広報セミナーなど。幅広く豊富な経験がベース

会社名 : PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム
住所 : 兵庫県明石市人丸町2-20 [地図]
TEL : 078-914-0391

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-914-0391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田ゆきみ(ますだゆきみ)

PTA・自治会広報をサポートする出版社 株式会社ペンコム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会福祉協議会主催広報セミナーアンケートまとめ

※自由回答欄に、次の様なご意見をいただきました。 ・広報に...

広報セミナー参加者
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』神戸新聞2017/08/13付・読書面 書評掲載
イメージ

 評者はノンフィクションライターの最相葉月さん 神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、『あかし本 時の...

[ 本・あかし本 時のまちを創る 海のまちに ]

「生の戦争体験を聞くことが初めてでしたので、切実に悲惨さが伝わってきました」参加者の感想より
イメージ

 望月さんが淡々と語る満州からの過酷な引き揚げ体験 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃん...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

「戦争の苦しみ今も」書籍『お母ちゃんとの約束』モデルの望月郁江さん 満州からの引き揚げ体験語る
イメージ

 いっちゃん 満州からの過酷な引き揚げ体験を語る 10歳と6歳、幼い姉弟がたった二人で、敗戦の1年後、満...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

8/6、静岡のみなさまご参加下さい「お母ちゃんとの約束」モデルの望月郁江さんが引揚体験を語ります
イメージ

 本格的にみなさんの前で体験を語るというのは、今回が初めて 10歳と6歳。たった二人で、敗戦後、満洲...

[ 本:お母ちゃんとの約束 ]

とにかく明るい交野市さんで広報セミナー(1) アンケート結果
イメージ

 みんなで取り組む広報紙づくり 平成29年6月28日(水) 13:30~15:30、社会福祉法人 交野市(大阪府かたの...

[ セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ