コラム

 公開日: 2016-09-21 

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。
皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。
昨日テレビのニュースで見たのがきっかけで、以前から書こうと思っていた「誤訳」の恐ろしさについて取り上げてみることにしました。

インバウンド対策としての翻訳需要

私がインバウンド対策コンサルタントとして多言語の翻訳を承るようになってから1年ほど過ぎました。
その間に、英語ばかりでなく中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ドイツ語、スペイン語など色々な翻訳の案件のご依頼をいただき、本当に有難く思っています。

訪日外国人観光客への対応のために、看板やメニューなどに多言語がついているのももはや当然のようになりつつあります。東京オリンピックを控えてこの翻訳需要はますます高まるものと思われます。

例えば建設局では、都内における道路案内標識整備の取組方針について、道路標識適正化委員会東京都部会にて決定したようです。そのポイントの一つとして「外国人旅行者にわかりやすい英語併記化を全都道で実施」を挙げています。http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/01/20q1t500.htm

しかし、インターネットには「こんなに変な標識見つけた!」という類の外国人による投稿が山ほどあります。日本に住んでいる外国人なら誰しも「何この英語?すっごく変、誰かに言おう!」という衝動を抑えられないようです。そこで、いくつかおかしなものを拾ってみました。

その1 ここに行くと餓死する?

Starvations という洋服屋を近所で見つけたドニーさん。写真を撮ってネットに投稿せずにはいられなかったと書いています。なぜなら ”Starvation” とは「餓死」という意味だからです。
色とりどりの洋服を売っている店のポップな看板に大きく「餓死」の文字・・・

その2 トイレの用途? 

「工事中 このトイレは使えません」につけられた英訳
"This toilet cannot be used for construction work."
日本語訳: 「このトイレを建設作業に使う事はできません」 そりゃそうだ!
正しい英訳: "This toilet cannot be used due to construction work."

その3 発送済み

バーの名前の看板 「セントジェームズクラブ バー」 
英語 "Sent James Club Bar" ジェームスはどこへ送られたのでしょう?
正しい英訳 "Saint James Club Bar"

その4 人食いモンスター?

日本人は L と R の区別が本当に苦手です。
そこから起きる恐ろしい間違い。
メニューにあるのは "Flesh Juice " (人の肉汁?) 
flesh は bone (骨)に対する 「肉」、juice には「体液」という意味もありますから、まるでホラー映画!
もちろん正しくは "Fresh Juice "ですね。 
画像 https://www.yomyomf.com/funny-signs-japanese-edition/ より


機械翻訳や思い込み翻訳、アマチュア翻訳で起きる誤訳は、多くの人の目に触れる看板や標識では絶対に避けなければなりません。 あなたのお店の誤訳、インターネットに投稿されているかも!?
そんなことになる前に、ネイティブチェックをつけましょう。
ご相談はメールかお電話で、神戸ビジネススクール(株)の外国語対応コンサルティングをお役立てください。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

「神戸ビジネススクール(株)のインバウンド対策コンサルティングとは?」にお答えします。
イメージ

こんにちは! いよいよ大型連休が目前ですが、皆様お元気ですか?連休の間の小休止が待ちきれない、副校長の三...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ