コラム

 公開日: 2016-01-08 

英語で謝るお詫びメールの書き方

apology
ビジネスメールで書きにくいもののひとつが、お詫びのメールでしょう。日本語でも、謝罪する時は一段と丁寧な表現を使いますが、英語でもそれは同じです。こちらに非があるときは謙虚に、真摯に謝ります。そして、次の対処を明らかにして相手の理解を得るように努めます。

順序として、1お詫びする 2次の対処を伝える 3今後の決意を伝える の展開で書きます。
くどくど書く必要はありません。簡潔に、しかも誠意を伝える丁寧な表現をいろいろご紹介します。

1お詫びの表現
まず、主語を"I"か"We"か決めます。
 "I"は、個人的なミスを詫びる、或いは上司として部下のミスを詫びる場合に使います。 
"We"は関係部署が大きい場合に使います。丁寧度が比較的低いものから並べてありますので、参考になさってください。

"I am (We are) very sorry that..." "I am (We are) very sorry about..."
thatは後ろに節(主語+動詞)を、aboutは名詞の形を持ってきます。
例) "I am very sorry that there was an error in my foreign exchange calculation."
"I am very sorry about an error in my foreign exchange calculation."
「私の為替計算に間違いがありまして、申し訳ありません」

"I (We) apologize that..." "I (We) apologize for ..."
例)"I apologize that I sent you the wrong file." "I apologize for sending you the wrong file." 「間違ったファイルを送ってしまい、申し訳ございません」
"apologize for..." の形の方がよく使われます。 少し丁寧度は下がりますが、次の表現もあります。
"My (Our) apologies for..."

"apology"「お詫び」という名詞は謝罪文に頻繁に使われます。
更に丁寧にするには、次のように書きます。
"Please accept my (sincere) apology for ..."
例)"Please accept our sincere apology for causing you trouble."
「ご迷惑をおかけいたしましたことを謹んでお詫び申し上げます」

ただし、これは顧客の苦情に対しこちらに非がある場合などに限ります。
日本語のようにとにかく低姿勢で謝ることは、英語では逆効果になる場合もあります。相手との力関係をよく見極め、必要以上に自分を下に位置づけしない方が良いでしょう。

また、相手のタイプにもよります。厳格な人なのか、フレンドリーな人なのか。フレンドリーな人に対し、不必要に丁寧な長文を書くとイヤミと取られることもあります。或いは、こんなに謝るなんて自分に自信がないのか?と疑念を持たれてしまいかねません。

相手の国籍・文化的背景も影響します。日本語を直訳した英文では誤解を生じかねない場合もあります。謝罪のメールでは特に注意するほうが良いでしょう。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

神戸で個人レッスンが受けられたおかげでTOEICのSWテストをクリアできました

TOEIC SWテストで就労ビザに必要な点数が取れるようにしたい...

AI
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インバウンド対策には、質の高い翻訳が絶対に必要!
イメージ

私が師匠と仰ぎたいくらい尊敬しているデービッド・アトキンソン氏の最新作から、今日はインバウンド対策におけ...

[ インバウンドマーケティング ]

外国人の立場に立って、発信すべき情報を考える~「ABC観光」って何?
イメージ

昨年の秋に、弊社神戸ビジネススクール(株)の副校長である私(三宮)は、日本伝統工芸の匠の技を紹介する社団...

[ インバウンドマーケティング ]

マンツーマン英会話レッスンサマーキャンペーン!~無料カウンセリング・体験レッスンご予約受付中
イメージ

 とってもお得な2017サマーキャンペーンのお知らせ 残暑お見舞い申し上げます。お盆休みが終わりましたが、...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

【事務所移転のお知らせ】7月1日より、下記住所に事務所を移転いたしました。バーチャルオフィス(セク...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

英語で電話がかかってきたら!?~電話応対のための研修、承ります
イメージ

当社で英語版ホームページを作成させていただいた、司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ様(http://kobelp.co...

[ 社内英語研修 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ