コラム

 公開日: 2015-07-05  最終更新日: 2015-07-13

[二ヶ国語神道レクチャー」レポート その2

神道レクチャーの様子
いよいよ夏本番になってきました。暑いのが大の苦手な副校長の三宮です。
さて、前回にお伝えした「二か国語神道レクチャー」レポートの続きを今日はお届けします。

初回をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。
「二か国語神道レクチャー」レポートその1

神道は宗教なのか?

どこの国の人でも、自国の文化や歴史について案外知らないことが多いものです。とりわけ日本人はその傾向が強いように感じています。古い歴史と独特の混合文化をもつこの国の、特に宗教については普通の公立の学校で教えることはあまりません。

日本を訪れる外国人がまず抱く疑問の一つは、日本人の宗教観についてでしょう。初詣や七五三は神社でやり、結婚式やクリスマスはキリスト教の教会でしたい、お葬式は仏式でお寺でやる。これが一般的な日本人の生活様式であり、特に宗教を意識しての行動ではありません。これは、他国の人から見るととても奇異に映るのです。

1人の人間が3つも宗教をかけもちしているとは何と節操がないのか、と思う外国人もいるようです。厳格なキリスト教徒が多い西洋人は、お寺や神社の中に入ることもしないと言う話もあります。イスラム教徒ならなおさらでしょう。

これを無節操ととらえてほしくない、日本人は宗教に寛容なのだと思ってほしい、と私は昔から感じていました。そこで、桃山宮司の「神道は宗教ではありません。それは神教とは呼ばないことからもわかります」という話にハッと気づいたのです。英語に訳すと「神道」という言葉は、Shintoism よりも "The Way of Spirits"が一番近いのです。

内容の組み立て

そういったお話を桃山さんとさせていただきながら、何についてお話しするかを組み立てていきました。まず神道という言葉から、神のとらえ方、歴史、祭礼、神主、神社などをやさしい言葉で説明することにしました。日本人がきちんと理解していないために外国人に尋ねられても答えられないことは、もったいないでしょう?

八百万の神という言葉からもわかるように、神道は絶対唯一の神を崇拝するものではありません。またその歴史は新仏習合となったり戦争に利用されたり、古事記や皇室との関わりなど、謎に満ちています。布教でも論文でもなく、誰にでもわかりやすく説明することは、なかなか大変です。そこで前回にも書きましたが、私が実際に外国人から受けた質問に答えることを一番に考えていきました。

原稿を作るにあたり、私が英語で先に組み立ててそれを翻訳し、宮司に見ていただくという方法をとりました。限られた時間内に効率よく、誰にでもわかるようにお話しようという取り組みです。しかし、最初に私が日本語で神道について調べていくととても深い宗教観や日本人としての在り方といった精神論が多かったのです。平易な言葉で簡潔かつ明確に答えるものは少ないことは驚きでした。

英語ではその点「わかっていない」ことを前提に説明していますから、辞書の定義のように思っていた答えが簡単に見つかりました。そうして英語から先に神道についてのお話を組み立てていったのです。

質疑応答を作る

当日のプログラムの内容をここで公開します。
1 神道という言葉
2 「神」という概念
3 神道の歴史
4 祭礼と行事

続いてあらかじめ用意しておいた質問にお答えし、その後で質疑応答にうつりました。その質問とは次のようなものです。
◆ 神道は宗教?
◆ 誰が神道を創設した?
◆ 神道の信者どれくらいいるの?
◆ なぜ地元の神社に行くの?
◆ 神社にある鳥居の役割は?
◆ 家にある神棚はなに?

こうした疑問をお持ちの方は、是非次回9月26日((土))に開催される第2回にいらしてくださいね。
レクチャーは「願いの宮」の2階にあるセミナールームで行われました。60分ほどのレクチャーと活発な質疑応答の後は、階下でご祈祷の様子を見学です。通常、ご祈祷をお願いしない限り観光客は神社の内部に入ることはできませんので、これもとても好評でした。

第2回に向けて内容をさらにグレードアップし、皆様のお越しをお待ちしております!
お問い合わせ・ご意見などお気軽に神戸ビジネススクールまでお寄せください。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

海外留学前の特訓で不安が解消!

アメリカへ語学留学へ行く前に、3ヶ月間週1回の個人レッス...

MS
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ