コラム

 公開日: 2015-04-29  最終更新日: 2015-09-09

建築士のインバウンドマーケティングの事例~海外から檜風呂の注文が!


こんにちわ、副校長の三宮です。この2ヶ月ほど、新たに立ち上げたビジネス英語コンサルティングサービスの関連で、いろいろな小規模事業主や小売店、個人事業主の方とお会いさせていただく機会に恵まれました。そこで皆さんに「一度英語で発信すると、何が起こるかわかりませんよ、是非試しにやってみてください」というお話を毎回しています。

どういう意味かご説明しましょう。まず、世界の総人口は2015年4月時点で72億 3881万 850人(http://arkot.com/jinkou/)、日本は第10位の1億2700万人です。そのうち英語を実用レベルで使っている人はどのくらいいると思いますか?約17.5億人、つまり約23%、ほぼ4分の1に当たります。世界中の人間の4人に1人は英語を話し、読み書きしているということになります。
http://blog.etn.co.jp/english-population/455.html English Tutors Network代表 小柳恒一氏のブログより)

インターネットを使って日本語で情報を発信している段階では、それを発見する人は識字年齢とインターネットにアクセスできる層を考えると1億人程度でしょう。理由は簡単、日本語が読み書きできる人しか見ないからです。日常会話を日本語でできるレベルの日本在住の外国人でも、自由に読み書きできるレベルの人はそう多くはありません。翻訳ソフトを使ってもらう?残念ながら翻訳の正確さと言う意味で、これはほとんどアテになりません。

それに比べて英語で発信するとなると、ごく単純に計算して15億人(17.5億のうちインターネットにアクセスして英語を読み書きできる人と考えて)、約15倍以上の人にアクセスできることになります。この事実が意味することをおわかりでしょうか。SNS、ブログ、ホームページなどにより英語でインターネット上に出された情報は、どこの国のどんな人の目に触れるか全くわからないのです。

もちろんそういった情報が悪用される場合も残念ながらあります。しかし、ことビジネスに関して言うならば、英語を使うことによって巨大なマーケットにアクセスできるという利点が生まれるのです。どのような新規顧客を発掘できるか、そこには未知の可能性が広がっています。

具体的な例を一つ挙げてみましょう。先日、日本在住約20年のイタリア人建築家T氏と食事をしました。彼は、木材を使用した別荘や住宅を得意とする人なのですが、中でも日本の檜風呂に魅せられています。そこである時、彼はブログで自分が設計・作成した檜風呂の写真を英語の解説とともに載せました。すると、驚いたことにニューヨークに住むアメリカ人男性が連絡してきたのです。ニューヨークまで檜風呂を送ってほしいという注文でした。T氏はその注文を受けて無事にニューヨークへ檜風呂を納品しました。すると今度はその男性が自分のブログで、日本から届いた檜風呂を自慢しました。そこから次々に注文が舞い込み、T氏は世界各地へもう20個も檜風呂を納品したそうです。

英語で発信すると言うことは、世界各国の英語人口17億人に向けて発信することです。檜風呂でさえ、海を渡って納品することが可能になるのです。さあ、ホームページを全部英訳しますか!? でもちょっと待って、その前にもっと簡単に効率よく、コストもかからずにできる方法があります。予算が限られていて、大手の翻訳会社に依頼することが難しくても大丈夫!

どうやって?答えは次回にお知らせします、どうぞお見逃しなく。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ