コラム

 公開日: 2014-12-19  最終更新日: 2015-01-31

プレゼントとギフト、クリスマスにあげるのは?~英語の豆知識

ギフト
クリスマスにあなたがあげるのは、プレゼントでしょうか、それともギフトでしょうか?英語でのこの二つの違いは?実は、私(副校長・三宮)も何度か疑問に思ったことがありますが、うまく説明が見つかりませんでした。そこでインターネットで検索したところ、実に様々な定義や意見が見つかりました。まず、Dictionary.comというサイトで、二つの単語の起源や定義を調べてみました。 (http://dictionary.reference.com/

「ギフト」という単語は、現在の一般的な意味にたどり着くまでに紆余曲折を経てきました。その定義は次のようになっています。「対価を支払うことなく自由意志で与えられるものであり、好意の表れであったり、栄誉を授けたり、あるいは援助を申し出ることなどを示すためのものである」 “something given voluntarily without payment in return, as to show favor toward someone, honor an occasion, or make a gesture of assistance.”

「ギフト」の起源はサンスクリット語にさかのぼりますが、そこでいでは「手」あるいは「腕」を意味していました。そして、花嫁の持参金との意で一般的に使われるようになり、1300年頃に他者に無償で与えられるもの、という意味を持ち始めました。.

それでは、「プレゼント」という語はどうでしょう。その起源は10世紀にイングランドを征服したノルマン人(古代北欧人)の言語にあります。形容詞の"present"は「在る、出席している」と言う意味ですが、本来はフランス語で使われたように「目の前で差し出す」という意味でした。1300年ごろまでにそれが変化して「差し出されたもの」という意味を表すようになります。

どちらがフォーマルか、という点ではネイティブスピーカーの間でも意見が分かれており、実に様々な投稿が見られました。グレン社長の意見は次のようなものです。(彼はニュージーランド人なので、イギリス英語です)

Gift is something given willingly to someone without payment - key word is that it can be any thing.
A present is often given on an occasion- wedding present, Christmas present or birthday present.
「ギフトとは、どんなものでもよく、対価なしに自由意志で与えられるもの。 プレゼントとは、結婚やクリスマス、誕生日など特定の意味合いを持って与えられるもの。」

他に面白いと思った説明をご紹介しましょう。いかにみんな混乱しているかがよくわかりますね!

A Gift tends to be much more valuable than a present. It usually passes from the rich to the poor, from the high to the low. A present, on the other hand, passes between equals or from the inferior to the superior.
「ギフトの方がプレゼントよりずっと価値があるという傾向がある。ギフトは通常、裕福な者から貧しい者へ、また地位の高い者から低い者へと与えられる。それに対してプレゼントは、同等であるか、もしくは下の者から上の者へ渡されるものである」

A gift is essentially giving someone in one way or another something that you own, for whatever reason. However, a present is a gift that must be ‘presented’ to the person you are giving it to.
「ギフトとは本来、自分の持ち物を誰かに与えらることであるが、プレゼントとは実際に手渡しする贈り物のことである」

最後の説明が正しいとすれば、遠くにいるおばあちゃんの誕生日プレゼントを郵送したらそれは「ギフト」であり、結婚式に出席して花嫁に写真立てを直接渡したらそれは「プレゼント」である、ということになりますね。 でもアメリカ英語では birthday gift とは言わないですけれど。イギリスのインターネットのサイトでは、"Cheap Christmas Presents"と ”Christmas Gifts for Her/Him"が同じページに載っていますから、やはりどちらでもいいのかも・・・ 

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

グレン先生は知りたいことに必ず答えてくれます

アメリカに留学する際に、グレン先生との個人レッスンを始め...

SY
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ