コラム

 公開日: 2014-11-13 

日本語と英語の背景文化の違いについて~亀田先生の講義より

同志社
昨日、同志社大学今出川キャンパスで行われた、同社大学名誉教授 亀田尚己先生の国際ビジネス講演会に伺ってきました。「グローバルビジネスと英語コミュニケーション」というテーマのこの講演は大変にわかりやすく、内容も濃く、私が敬愛する亀田先生のプレゼンテーション・スキルの素晴らしさを満喫させていただきました。先生のご専門は国際ビジネスコミュニケーションですので、まさに神戸ビジネススクールが目指すところであり、いつもヒントをたくさんいただいています。

その中で、特に「なるほど!」と思ったのが異文化理解の大切さに関連するお話の中での、ある考察でした。日本語と英語の背景文化の違いを理解することなくして、コミュニケーションは成立しないというご説明の次に、亀田先生はその原因に言及されました。その一つは、日本は「べからず文化」であるということです。「べからず」(~してはいけない)というのは禁止表現ですが、日本では昔から立て看板・張り紙・回覧文書などにおいて、この表現を多用してきました。

「立ち入り禁止」「ここで泳いではいけません」また取扱説明書には「掃除の際には洗剤を使わないでください」などなど。そう言われて私も他の例を考えてみましたが、「火気厳禁」「天地無用」」「展示品に手を触れないでください」 時代劇などで見る立て札では、「この橋わたるべからず(一休さん?)」「馬つなぐべからず」など。 本当に様々なことを私達は禁止されていますね。

これに対し英語圏では、「しなさい文化」という肯定命令文を使う、と先生は指摘されます。先生の英文を日本語に直して比較すると、
-Keep off. (外にいてください)つまり「入るな」の意。
-Swim at your own risk. (泳ぐなら自己責任で) at your own risk = 危険は自己負担で
- Wipe the cabinet with a dried cloth. (掃除の際には乾いた布でふいてください)

「なるほど!」ですよね。そしてその原因として先生は、孔子の言葉とキリストの言葉を比較しておられます。(以下、配布資料より抜粋)
◆ 己の欲せざるところを人に施すなかれ (孔子)
Do not do unto others what you would not have them do unto you.

◆ 人にして欲しいと思うことを人にもしてあげなさい (キリスト)
Do unto others as you would be done by.

文化と宗教は密接につながっているので、このように長い歴史の中で宗教観から培われてきた文化を、国際ビジネスでは理解しなければなりません。そして更に、このグローバル社会ではもう一歩進んだ考察が必要になります。孔子やキリストの時代には、地球の反対側の国の人と交流することはありえませんでした。ですから、「自分がしてほしいと思うこと」に対する、ある程度の共通認識はあったわけです。しかし現代においては、自分がして欲しいと思うことは、他の国の人にとっては迷惑あるいは、失礼なことかもしれない、ということを認識していなければなりません。

亀田先生は、上記のキリストの言葉に更に付け加えておられます。
◆ 人がして欲しいと思うことをしてあげなさい。ただし、それは自分がしてほしいと思うこととは違うかもしれない。
  Treat others as they would like to be treated - which may be quite different from the way you would like to be treated.

文化背景が異なる国の人と接する時には、常にこのことを意識する必要がある。そう気づかせていただいた意義深い講演でした。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語がより身近な存在に!

これまで仕事の中でたまに英語の資料やメール、会議に遭遇す...

Y・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ