コラム

 公開日: 2014-10-24 

これを読めばわかるTOEFL iBT Integrated Task (統合問題)

先日のコラムで、弊社が担当させていただいているTOEFL iBT対策土曜講座(大阪府立北野高等学校)についてお伝えしました。これは、大阪府教育委員会の「進学指導特色校(GLHS)」事業の一環として行われているものです。「大阪府のGLHS(グローバルリーダーズハイスクール)のTOEFL iBTへの取り組みについて」http://mbp-kobe.com/kobebs/column/47479/

各120分のうち、グレン社長がリスニングとスピーキングを、私がリーディングとライティングを60分ずつ担当しています。インターネット形式で実施される TOEFL iBTテストは、大学レベルの英語を使用および理解する能力を測定します。(ETS公式ホームページより) テスト内容は次のようになっています。

TOEFL iBT テスト内容

Reading 60~80 分 36~56 問  学術的な文章の抜粋を 3 または 4 パッセージ読んで質問に答える
Listening 60~90 分 34~51 問  講義、授業中の討論、会話を聴いた後に質問に答える
休憩 10 分 — —
Speaking 20 分 6 問  身近なトピックについて意見を述べる。読んだり聞いたりした内容を基に話す。
Writing 50 分 2 問  読んだり聞いたりした内容を基にエッセイ形式の答案を書く。意見を支持する文章を書く。
https://www.ets.org/jp/toefl/ibt/about/content/

ここでReadingとListeningの試験時間に幅があるのは、インターネット形式であるため、受験者一人一人の解答スピードによって進度に差が出るためです。最短でも、4技能を全て終えるには200分近く(休憩を除く)必要です。これをブースの中でヘッドフォンをつけてコンピューターの画面に向かってやるのですから、体力も必要です。テスト実施要領はETSのビデオで見るとよくわかります。 https://www.ets.org/s/toefl/flash/15571_toefl_prometric.html

Integrated Task (統合問題)

TOEFLiBTの一番の特色は、Speakingと Writingのセクションにそれぞれ Independent Task(単独問題)と Integrated Task(統合問題)の2種類あることです。この Integrated Task というのは、4技能のうち3つを使うもので非常に難易度が高くなっています。 Integrated Speaking Test の内容は、文章を読み(Reading)、同じテーマの会話を聞き(Listening)、そしてその内容を話すこと(Speaking)、Integrated Writing Task では、資料を読み(Reading)、講義を聞き(Listening)、論点の違いを書くこと(Writing)になっています。

Integrated Speaking Task

1  英文(75~100字)を黙読 (45秒)
2  英会話を聞く (70秒程度)
3  解答準備時間 (30秒)
4 会話の内容をまとめて話す   60秒

よくあるパターンとしては、大学キャンパス内の掲示を読み、それについての学生(たいて男女2人です)の会話を聞き、彼らの意見をまとめて話す、というものです。ここでは、日常的な会話を聞き取り、それを自分の言葉で置き換えて話す能力が必要です。内容自体は、学術的なものは多くないのでそんなに難しくはありません。たまに、講義を聞いてその内容を要約するものもありますが。ナチュラルスピードでの会話は一度しか流れませんので、リスニングに慣れることが必要です。スピーキングについては、会話内容を頭の中で英語で要約する練習をすると良いでしょう。また、解答は録音して採点されますので、マイクに向かって明瞭に話す練習も必要です。

Writing Task

最大の難関はWriting です。Independent Writing Task, Integrated Writing Task, 両方ともとても難しくなっています。何よりもまず、ある程度まとまった量(300字程度)の文章を英語で書く訓練をしなくてはなりません。それも、与えられたテーマについて自分の意見を述べる、いわば小論文を英語で書くのです。日本語の小論文を書くのにも訓練が必要ですが、英語の場合は、起承転結のような構成が日本語のものとはかなり違ってきます。次回は、最も皆さんが苦戦するWritingについて詳しくお伝えします。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

プレゼンテーション・スキルを外国人上司に認められました!

先日、外国人上司に短いプレゼンテーションをする機会があり...

AM
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ