コラム

 公開日: 2014-10-06  最終更新日: 2014-11-20

Englishes 世界の英語いろいろ~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

私が非常勤で教えている英語の専門学校では、テキストに洋書を使っています。イギリスの出版社のものが多いのですが、実は私が習ったのはアメリカ英語なので、時々あれ?と思うことがありました。今はもう慣れましたが、生徒さんたちはやはり少し戸惑うようです。代表的なものが、単語のスペルの違いです。いくつか代表的な例を挙げてみましょう。

パターン1  u の有無
colour, favourite (英)   color, favorite  (米)

パターン2  s か z か
organise, modernise (英)   organize, modernize (米)

パターン3  er か re か
centre, theatre (英) center, theater (米)

パターン4  g か gue か
catalogue (英)  catalog (米)

これについて、日本でAETとして教えているシンガポール人 Tan Ying ZhenがJapan Times ST(学生向けジャパンタイムス)に次のように寄稿しています。http://st.japantimes.co.jp/essay/?p=ey20130607#at_pco=cfd-1.0&at_ab=per-11&at_pos=5&at_tot=12&at_si=542c9396cc81fa1f

"since I started working as an AET in Japan, I have had to spell words the American way on my worksheets and in the classroom. To be honest, I haven't gotten used to it yet and I still have to resist the urge to correct words that have been spelled the American way. "
「AET(Assistant English Teacher)として日本で働くようになってから、教室ではアメリカ英語のスペルを使わなければならなくなりました。正直なところ、まだそれに慣れておらず、未だにアメリカ式のスペルを訂正したい気持ちと戦わなくてはなりません。」

シンガポールはイギリスの植民地でしたから、イギリス式英語を使っていますし、インドでもそうです。グレン社長の祖国ニュージーランドもイギリス式なので、メールをやりとりする際などに、スペルの違いに気付くことがあります。しかし、どちらが正しいとか間違っているとかの問題ではありません。これはスペルのみならず、発音や文法などにも言えることです。

Zhen先生はこう言っています。
We just have to understand that other people may pronounce some words differently from us....Accent simply has nothing to do with your level of English.
「人によって発音の仕方が違う単語があるということを理解しなくてはなりません。(中略)アクセントは英語のレベルとは何ら関係がないのです。」

シンガポールの英語は中国語や他の言語と混ざって発達したために、文法や発音が独特のSinglishと呼ばれるものであることは皆さんもご存知だと思います。「だから尚更私はそう感じるのかもしれない」と彼は結んでいますが、日本人の英語にも同じことが言えるでしょう。発音がきれい(アメリカ的)であれば英語が上手という認識が大きいと思いますが、そうではないと私は思います。世界の共通語として様々な国で使われる英語には、これが正しいという模範はもはや存在しなくなっています。

道具(ツール)としての英語を使うとき、多様性を認めることが一番重要だと私は考えます。how it is said 「どんな風に話すか」ではなく what is said 「何を話すか」に焦点を置く必要があります。スペルや発音や文法といった細部にこだわりすぎると、コミュニケーションがうまく取れなくなる危険性もあります。日本人は完璧主義なので、間違いを恐れて消極的になりがちですが、多少ブロークンでも熱意を持ってどんどん話していきましょう。何と言っても、英語が母国語でもなければ、日常に使っているわけでもないのですから。

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
英語での箇条書きのルールを知っていますか?~ビジネス英語スキル
イメージ

ビジネスシーンでの英語を書くとき、メールでもパワーポイントでもスライドでも、あるいはHP上でも、どんな時も...

[ ビジネス英語スキル ]

インバウンド対策には、質の高い翻訳が絶対に必要!
イメージ

私が師匠と仰ぎたいくらい尊敬しているデービッド・アトキンソン氏の最新作から、今日はインバウンド対策におけ...

[ インバウンドマーケティング ]

外国人の立場に立って、発信すべき情報を考える~「ABC観光」って何?
イメージ

昨年の秋に、弊社神戸ビジネススクール(株)の副校長である私(三宮)は、日本伝統工芸の匠の技を紹介する社団...

[ インバウンドマーケティング ]

マンツーマン英会話レッスンサマーキャンペーン!~無料カウンセリング・体験レッスンご予約受付中
イメージ

 とってもお得な2017サマーキャンペーンのお知らせ 残暑お見舞い申し上げます。お盆休みが終わりましたが、...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

【事務所移転のお知らせ】7月1日より、下記住所に事務所を移転いたしました。バーチャルオフィス(セク...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ