コラム

 公開日: 2014-09-29  最終更新日: 2014-11-20

世界へ飛び出すノマドワーカー2~神戸ビジネススクールの人気コラム

Nomad
前回では、ニューズウィーク日本版から「遠い楽園でノマド生活を」という記事をご紹介しました。この記事では、デジタルノマドが働くハブド(Hubud)から、ハイテク時代の新しいライフスタイルに焦点をあてています。しかし、International Business Timesにある原文では少し論調が違っています。以下、私が翻訳したものを抜粋してご紹介します。 (原文はこちらhttp://www.ibtimes.com/digital-nomads-work-no-longer-place-life-one-big-adventure-1563396

ハブドの共同創設者スティーブ・マンロー(Steve Munroe)は 「家から仕事をすることを夢見ていたけど(中略)2年もすると飽きて、寂しくなってしまったよ」と言っています。彼の同僚ピーター・ウォール(Peter Wall)はこう分析しています。 「15年前のテレコミューティング(在宅ワーク)という言葉を覚えている? あれこそ夢だと思ったのに、実現していない。なぜかと言うと、退屈だったし、やっぱり人と人とが顔を合わせて交流することが本当に大切だからだよ。(中略)だから、自分のやりたいことができて、コミュニティに所属できて、おまけに美しい、そんな場所があるんだってみんな気づき始めてると思うんだ」

前回に説明したオーデスク社(oDesk)のビジネス開発副社長マット・クーパーMatt Cooper)は同社についてこう説明しています。「オーデスクは、仕事は場所で決まるのではないという考えから出発しました。デジタル・ノマドたちは、冒険の人生と、プロとしての成功の両立は可能だという証拠です。彼らは世界中のどこからでも、旅先で仕事をやってのけるのです。」

5年以内に、ミレニアルたちが働いて得た収入を使って旅行する年数がピークを迎え、ベビーブーマーたちをしのぐようになる、というレポートが紹介されています。別の調査では、2020年までにアメリカの労働人口のうち、フリーで働く人は半数を超えるだろうと予測されています。「あらゆることがインターネット上へと移っていき、場所は関係なくなりつつある。アメリカ有数の大企業でさえ、社員の在宅勤務を認めている」と、ハブド利用者のアメリカ人女性は言います。

最後はこう締めくくられています。「世界中を自由に移動するデジタル・ノマドの正確な数を把握することは困難ですが、こうした変化はあちこちで見られます。20年前には全く考えられなかったことかもしれませんが、テクノロジーは日々、職場から人を解き放っているのです。」

オーデスクの調査では、昨年ノマドになった人のうち、59%は収入が増加し、職場に縛られなくなったことで、92%の人が満足度も上がったと答えています。自由を好むアメリカならではの結果でしょうか。一方日本では、満員電車に長時間揺られて、毎朝決まった時間に出勤することは、大半の会社員にとって長年ごく当たり前の日常ととらえられてきました。フリーで働くということは、出社する必要がなくなることを意味します。しかし、同時にリスクと孤独とを伴う冒険でもあります。30代の日本人たちも、どんどんデジタル・ノマド化しつつあるのでしょうか。

パソコンとインターネットさえあれば、バーチャルの世界の中での交友関係が生まれるからその方が煩わしくない、という考え方は私にも理解できます。時には人間関係のストレスに悩まされ、一人で離れ小島に行きたいと思うことだってあります。そうなると、私達(神戸ビジネススクール)も、スカイプを使ってセブ島からライブ英会話レッスンを始めるかもしれません。しかし、人と人とが実際に顔を合わせて話をしなくては生まれてこないことってたくさんある、と信じて私は仕事をしています。時代がどんなに変わろうと、こうした人間の心理というものは、そんなには変わらないのではないでしょうか。

だからこそデジタル・ノマドたちは生涯 在宅で勤務する代わりに、PC片手に飛行機に乗り、世界中での新たな出会いを求めて飛び立っていくのでしょう。

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ