コラム

 公開日: 2014-09-26  最終更新日: 2014-11-20

世界へ飛び出すノマドワーカー~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ 

Nomad
随分前になりますが、「ノマドワーカーについて考える1・2」というコラムを書きました。 (http://mbp-kobe.com/kobebs/column/33578/  http://mbp-kobe.com/kobebs/column/33612/ ) あれからノマドたちはさらに進化を遂げているようです。ニューズウィーク日本版9月9日号に、関連する記事「遠い楽園でノマド生活を」を見つけました。(原題は"For Digital Nomads, Work Id No Longer A Place And Life Is One Big Adventure 「デジタルノマドにとって、仕事は場所ではない。人生は冒険だ」 出典 International Business Times3月25日号)原文はこちら http://www.ibtimes.com/digital-nomads-work-no-longer-place-life-one-big-adventure-1563396

緑の水田の前でノートパソコンで仕事をする人たちの写真は、バリ島のウブドにある Hubud (ハブド)という Co-working Space (共用オフィス)の様子です。ハブドというのは、Hub ハブ(拠点)とUbud ウブドを合わせて作った言葉で、ここでは、作業スペースとインドネシア最速のインターネット接続サービスを提供しています。30か国に及ぶ世界各地からの利用者には、フリーライター、ウエブデザイナー、映像製作者などが多く、彼らはオフィス兼コミュニティとしてこの場所が気に入っているようです。時間に縛られる従来の働き方を捨て、スーツケースに荷物とノートパソコンを詰めてバリへ飛んできた人たち。思いがけない出会いがあるから人気だと言います。

こうした共用オフィスは「増加の一途をたどっている。アジアで人気のデジタルノマドのハブは、タイのチェンマイ、ベトナムのホーチミン、フィリピンのセブ島など。南米ではブエノスアイレスやサンパウロの人気が高い。」とあります。ノマド式ワーキングスタイルが可能なのは、フリーランサーやネット関連の事業を起業した人たちなどですが、彼らの満足度は高いそうです。この記事に登場するアメリカ人女性は、「これまでスペイン、モロッコ、イスラエルで仕事をしてきた。もう12年もこのやり方を続けている」と話しています。

この日本語版ニューズウィークの記事は、著者のMark Johansonのオリジナル記事からの抜粋なのですが、原文はかなり長いものです。原文と比べると、およそ半分の長さに縮められているため、比較すると論調が少し違ったものになっています。ニューズウィークでは「もうすぐデジタルノマド型のライフスタイルのためのインフラ整備が進み、人々はもっと自由な生き方が可能になるだろう」というoDesk (オーデスク社ーカリフォルニアに拠点を置くオンラインでの人材派遣を支援する、クラウドソーシング最大手)の副社長の意見を紹介し、「テクノロジーの進歩によって、自由を手に入れることはますます簡単になりつつある」としめくくっています。

次回では、私が翻訳した原文から抜粋でご紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ