コラム

 公開日: 2014-09-09  最終更新日: 2014-11-07

デイビッド・セイン著「日本人のちょっとヘンな英語」について考える~その2

前回のコラムで、今話題の「日本人のちょっとヘンな英語」(デイビッド・セイン著)を疑問視する声があることをお伝えしました。http://mbp-kobe.com/kobebs/column/46525/

その中でも触れましたが、セイン氏が取り上げた日本人の英語表現について、詳細に検証したのがこのブログです。
「日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について (サザエもんさんのブログより)
http://getnews.jp/archives/446141
この方は英検1級をお持ちで英語も堪能なようです。「日本人の英語コンプレックスを刺激して売り上げを上げようとする」本がたくさん出版されていることを憂いておられます。

実は私も読み進めるうちに、かなりの違和感を感じた部分がありました。日本人が何気なく使っている英語表現が、実はとんでもない意味のスラングであったり、全く別の意味を表すものだったりすることは、確かにあるでしょう。しかし、それを英語教師が取り上げて、涙が出るほど大笑いしたり、皮肉ったりするでしょうか。

誰かがネット上で指摘していましたが、この漫画家の描き方にも問題があります。生徒である日本人の「おかしな英語」に対するセイン先生の反応がいただけません。冷や汗を流し、眉をひそめ、外国人がよくやるお手上げのポーズで、Unbelievable!という顔をするのです。あるいは、「それは面白い!」と噴出し、「くっくっく・・・面白すぎです・・・」といつまでも笑いが止まらない様子。はたまた、飲んでいたお茶を驚きのあまり「ぶっ!」と噴出し、ゴホゴホと咳き込みながら、ハンカチを口に当てる、など。

これでは、「日本人をバカにしている」「教師がこんな上から目線でいいのか」と批判されても仕方がありませんね。漫画家が勝手に描いたのだ、とか、アシスタントの若い外国人教師に任せたからこうなったのだ、とか憶測も飛び交っていますが、著者として名前を出し、出版した本である以上、セイン氏が内容をチェックしていないことは考えられません。

グレン社長と私がいつも話すことなのですが、英語能力(この場合は英会話能力)が、人間の価値を決定するわけでは決してありません。何ヶ国語も操る人は確かに頭脳が優秀なのかも知れません。しかし、ヨーロッパのように様々な言語がすぐ隣の土地で飛び交っているような場所では、天才でなくてもマルチリンガルになる可能性は高いのです。それに比べてアジアの島国で、単一民族・単一言語で何千年も生活してきた日本人にとって、外国語の習得は困難を極めます。

セイン氏は巻末で、「この本では日本人の間違った英語をおもしろおかしく取り上げているのですが、それは『だから話すのを辞めなさい』ということではありません。(中略)非ネイティブの間違った英語をねちねちと根に持つ人はいません」と書いています。さらに「この漫画を見ることで、肩の力を抜いてほしいのです。」とありますが、そのメッセージは伝わるでしょうか。セイン先生にみんなの前で笑われて真っ赤になるおじいさん、大笑いされた挙句に「ケイトさんと英語で話すのはあきらめて日本語で会話したらいいです」と言われる女子高生、「あなたはタクシーなんですか~?」と高笑いされて、唇をかみしめるサラリーマン。

「どんどん間違えながら、正しい英語を身につけていきましょう。」「そして自信を持って、たくさん発言してください」というメッセージをこの本にこめたかったのであれば、漫画というインパクトの強い手段での表現にも、そうした愛情を注いで欲しかったと私は思います。表紙にある登場人物のあだ名?からして、「ガリ勉英語リーマン」「教科書英語ちゃん」「サムライ英語じいさん」「和製英語オバちゃん」など、あまり愛情があるネーミングとは思えないのですが・・・ 

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

教わった英語がグローバルビジネスでの即戦力になりました

週1回のビジネス英語コースを受講しました。クラスではプレゼ...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ