コラム

 公開日: 2014-08-22  最終更新日: 2017-11-26

みんなが苦手な仮定法2~ビジネス英語のための英文法

第1回の復習

前回のポイント「if がついても仮定法とは限らない」をおさらいしましょう。仮定法であるためには、事実と違うことを仮定しなくてはなりません。if がついても、単なる条件文である場合もあります。
つまり、現在と過去の時制で主に使うのが仮定法です。これから起こる未来の場合は、可能性が半々でまだ事実が存在しないので、仮定法とは呼ばないんでしたね。

例外は、次のようにごく可能性が低い場合で、この時は未来でも仮定法を使います。
If I won 100 million yen in a lottery, I would buy a house. 「宝くじで1億円当たったら、家を買うんだけどなあ」

前回をまだお読みになっていない方は、こちらからどうぞhttp://mbp-kobe.com/kobebs/column/46304/
さて、今日は「仮定法過去」を見ていきましょう。

第2回 仮定法過去

文法の本に必ずある「仮定法過去」とはどんなものでしょう。実は、英語のGrammar(文法)の用語にはこの言葉は存在しません。英語圏のGrammarではたいてい、The First Conditional (第一条件文)や The Second Conditional(第二条件文)など、番号で区別するのが普通です。
ともあれ、ここで気をつけなければならないのは、仮定法では事実より一つ前の時制を使うということです。したがって、現在の事実と違う事を言うためには過去を使います。例文で見てみましょう。

● I am not a king, so I don't live in a palace. 「私は王様ではないので、宮殿に住んではいない」

これを仮定法にするには、「もしも私が王様だったら、宮殿に住むのになあ」という意味にします。仮定法ではこのように、空想に近い話が多いものです。この時に、過去の時制を使います。そして、意味は反対に(否定文は肯定文に、肯定文は否定文に)します。

- Step 1  if の部分は、動詞を過去形にする  am not ⇒ was (were)   
- Step 2   if でない方は、would / could / might のどれかを使う  don't ⇒ would

したがって、上の文章は次のようになります。
● If I was a king, I would live in a palace.

仮定法では、過去のbe動詞は 主語に関わらず were であると習った方も多いでしょう。ですが、現在では通常と同じように I , He, She (単数)には was を使うほうが多くなっています。もう一つやってみましょう。現在の事実です。

◆ She can't play tennis because her back is aching. 「腰が痛いので、彼女はテニスができない」

- Step 1    can't ⇒ could
- Step 2     is ⇒ was not

◆ She could play tennis if her back was not aching. 「腰が痛くなければ、彼女はテニスができるのに」
 
このように、if の部分が後ろに来ることもよくあります。どちらでも意味に違いはありません。

それでは練習問題です。現在の事実を、仮定法の文にしてください。正解は次回に載せますので、チャレンジしてみてくださいね!
1 I won't invite Ken because I don't like him.
2 She doesn't know his phone number, so she can't call him.
3 He works too hard so he is always tired.

See you next time!

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
https://www.kobebs.com/contact/

この記事を気に入ってくださったら、こちらもおすすめです
みんなが苦手な仮定法1~ビジネス英語のための英文法
みんなが苦手な仮定法2~ビジネス英語のための英文法
みんなが苦手な仮定法3~ビジネス英語のための英文法
みんなが苦手な仮定法4~ビジネス英語のための英文法
仮定法は英文ビジネスメールにこんなに使える!

⛄ウィンターキャンペーン⛄

特別講師による新設・英語プレゼン対策が無料体験できます!
詳しくはこちらからどうぞ

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
⛄ウィンターキャンペーン開始!特別講師による英語プレゼン対策が無料体験できます⛄
イメージ

 すごい先生がやってくる!新設・英語プレゼン対策のウィンターキャンペーン開始~週末限定 新年に向けて、英...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

☆感謝祭キャンペーン、終了間近!☆
イメージ

日本の勤労感謝の日が終わり、アメリカのThanksgivin Day も終わり、いよいよ11月も残すところあと3日となり...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

これで英語面接を切り抜ける!~転職者のためのガイド
イメージ

転職は今やどこでも当たり前ですが、特に外資系企業ではごく一般的です。更なるキャリアアップを目指して、ある...

[ ビジネス英語スキル ]

英語での箇条書きのルールを知っていますか?~ビジネス英語スキル
イメージ

ビジネスシーンでの英語を書くとき、メールでもパワーポイントでもスライドでも、あるいはHP上でも、どんな時も...

[ ビジネス英語スキル ]

インバウンド対策には、質の高い翻訳が絶対に必要!
イメージ

私が師匠と仰ぎたいくらい尊敬しているデービッド・アトキンソン氏の最新作から、今日はインバウンド対策におけ...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ