コラム

 公開日: 2014-07-27  最終更新日: 2014-10-30

会議を減らすには~グローバルビジネスを成功に導くコツ

レッスンの合間に、受講生の方々から日常の業務についての色々なお話を聞きます。日々のちょっとした会話の中に混じるホンネは、私に大きなヒントを与えてくれます。その中で、一番よく耳にするのが "I had a lot of meetings." 「会議が多くって」というものです。私は決まって、 “Was it useful?” 「有意義な会議でしたか」と聞きます。すると、実に9割以上の方が大きな声で即座に NO! と答えるのです。

これは日本に限らず、世界中で見られる傾向です。まるで会議に行く事が(それも一日中)本職であるかのように、人は会議を開きます。そして一つ会議が終わるとその報告書を作成し、次の会議で報告し、またその報告書を作成し、とエンドレスに繰り返しているようです。メールや電話会議という手段が発達した現在もなお、会社では会議を中心に業務が運営されているのはなぜなのでしょう。

会議の役割とは何なのかを再考し、本当に今から行う会議が目的に適したものなのかを見直してみることが必要だと思います。そこで、私が考える会議の目的4つについて説明します。

  1. Communicate and Share Information 「対話と情報の共有」
  2. Improve Performance 「業務の改善」
  3. Build teamwork  「チームワークの構築」
  4. Solve Problems  「問題の解決」

どの会議も、この4つのどれかを目的といるべきです。そして何よりも、会議に費やす時間に見合った結果を出す事が大前提です。残念ながら、そうとばかりは言えないのが現状です。 そこでまず、一つの会議に対して準備時間も含めた総時間のコストを計算し、本当にその価値があるのかどうかを考えてみることをお薦めします。その結果、答えがNOであるなら、別の方法を考えるほうが良いかもしれません。

例えば、情報をシェアしたい場合は、社内文書を回せば事足ります。または、2・3人のキーパーソンに電話をして直接話せば、一番その情報が必要な人に確実に伝わります。実際に顔を見て話す事がどうしても必要な場合は、着席してではなく、立って会議をしてみましょう!(出席者には、絶対に嫌がられますが)
そうすると劇的に時間が短縮できることにビックリしますよ。

もう一つの方法は、会議を開くあなたにかかっています。これまで会議にかけていた時間をすべて半分に短縮するのです。60分の会議なら、30分で終わるように準備します。要点をしぼり、最重要事項だけを会議で話し合います。報告のみで済む事はメールを活用すれば、不可能なことではありません。

そんなことできない!とお思いでしょうか。どれだけ多くの人が会議の回数の多さと時間の長さにうんざりしているかを考えれば、従来のやり方を再考する価値は充分にあると思います。会議の時間を節約することは、社員一人ひとりの時間の節約になります。それは会社単位でまとまるとかなりの時間の節約になります。その上、社員の満足度も上がり、効率も上がるという一石二鳥どころか三鳥です。是非、考えてみてください。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

国際的なセミナーの準備ができました

職場で外国人を含めた国際的なセミナーへの参加を求められま...

TO
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ