コラム

 公開日: 2014-05-16  最終更新日: 2014-11-20

いい邦題、悪い邦題~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

ディズニー映画の「アナと雪の女王」が主題歌とともに大ヒット中ですね。グレン社長も私も映画好きなので、映画の話をよくします。先日私は「ウォルト・ディズニーの約束」というメアリ・ポピンズを題材にした映画を観ました。観る前に、彼に「あの映画、観た?」と聞こうとしたのですが、英語の原題がわからず、なかなか通じませんでした。実際に観に行くと"Saving Mr. Banks"というまるきり違うタイトルでした。

昔からよく言われることですが、邦題のつけ方って本当に難しいですよね。配給会社の意向などいろいろと制約があるのでしょうが、傑作と思うものが昔に比べて減っている気がします。そこで、往年の名作から最新作まで、英語の原題とかけ離れている邦題をいくつか拾ってみました。

冒頭に出した「アナと雪の女王」は Frozen です。短い英語で端的にある程度の内容は表していますが、子ども向けでもあることを考えると、邦題の勝ちではないでしょうか。他に、邦題のほうが優れていると思うものを独断と偏見でいくつか挙げます。

1 「明日に向かって撃て」 Butch Cassidy and the Sundance Kid 
下の「俺達に明日はない」と同じパターン。原題は主人公の名前を並べただけですが、日本ではそれだけでは無理だったでしょう。最終シーンとあいまって、邦題がなんともカッコいいですね。

2 「俺達に明日はない」  Bonny and Clyde
銀行強盗を繰り返すボニーとクライドのカップルの破滅的な生き方をよく表していて、これもカッコいい邦題に仕上がっています。

3 「ショーシャンクの空に」 The Shawshunk Redemption
Redemptionとは「弁償、償い」の意ですが「ショーシャンクの償い」では意味がわかりません。空に向かって両手を広げるあの有名なシーンからの連想でしょうか。傑作だと思います。

4 「プラダを着た悪魔」 The Devil Wears Prada 
そのままだけど、訳し方が上手い例です。「悪魔はプラダを着る」という直訳では、このイメージは出ませんね。

5 「きみに読む物語」 The Notebook
確かに1冊のノートがストーリーの鍵ではあるのですが、そのままでは漠然としすぎています。邦題では映画の切ない情景が想像でき、よくできていると思います。「君」ではなくあえて「きみ」と平仮名にしたのも訳者のこだわりが見えます。

逆に、大失敗な邦題も多多あります。
1 「リーサル・ウェポン」 Lethal Weapon
これは、英語をそのままカタカナ表記にしたのですが、「リーサル」が破壊を意味する"lethal"と思う人はごく少ないでしょう。「破壊兵器」という意味の原題は含みが多くて良いのに、残念。

2 「恋するベーカリー」 It's Complicated
メリル・ストリープのいい映画なのに、タイトルはチープな感じに仕上がっています。大体「恋する〇〇」とか「恋の〇〇」とつけると陳腐になってしまいます。原題もいいとは思いませんけどね。

3 「プライベート・ライアン」 Saving Private Ryan
第二次世界大戦が題材の、よくできた映画です。しかし、カタカナにしてしまったことで、まるでライアンのプライベートタイムのようなイメージです。Privateには「私的な」の他に軍隊の序列で「上等兵」という意味がありますが、知っている人は少ないでしょう。「ライアン上等兵を救え」という原題の意味を伝えてほしかった。

4 「私がクマにキレた理由」 The Nanny Diaries
確かにヒロインを演じるスカーレット・ヨハンセンはクマにキレるのですが(ネタばれ)、しかしこれでは何の映画だか全然わかりません。どこからこの日本語を引っ張ってきたのか謎です。これも邦題がチープな印象を与えている残念な例だと思います。

5 「愛と青春の旅立ち」 An Officer and a Gentleman
流行りましたよね、この映画。「恋の」と同様「愛の〇〇」もダサいですが、それに青春をくっつけたために、尚更ひどい感じに仕上がっています。ハイスクールものみたいな印象です。

ちなみに、昔の洋画には素敵な日本語のタイトルが多いことはよく巷でも話題に上ります。特に、漢字二文字だけで内容を言い表したものがどれも秀逸です。

「アパートの鍵貸します」The Apartment 1960年 ジャック・レモンとシャーリー・マクレーン 
「旅情」Summertime キャサリン・ヘプバーン 1955年
「喝采」The Country Girl 1954年 グレース・ケリー
「裏窓」Rear Window ヒチコック監督 グレース・ケリー 1954年
「慕情」Love is a Many Splendored Thing ジェニファー・ジョーンズ 1955年
「パリの恋人」Funny Face オードリー・ヘプバーン 1957年

英語がきれいなので、昔の映画は勉強にもなります。書いているうちに、またこういう映画を観たくなってきました。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ