コラム

 公開日: 2014-07-01  最終更新日: 2014-11-20

社内英語研修に必要なもの1「クラス分け」

グローバル化の昨今、多数の企業で新入社員向けに英語研修を組み入れておられることでしょう。それについては、以前の「新入社員向け英語研修」というコラムで、お伝えしました。
http://mbp-kobe.com/kobebs/column/43425/
今回は、一般社員を対象とした社内英語研修を新たに開始する場合を考えてみたいと思います。

語学に限らずどんな社内研修にも言えることですが、費用対効果を最大にするために最も重要なことが一つあります。それは、受講者である社員の方たちの動機付け(モチベーション)です。上に言われたから、という半強制的な理由では、新人研修は別として、いずれ出席率が低くなる事は明白です。それでなくとも通常業務で忙しい中、スケジュールを調整して受講時間を確保しなくてはなりません。特に英語研修の場合、海外赴任が迫ってでもいない限り、積極的な受講を続けることは容易な事ではありません。

案外忘れがちなことですが、そのゴールを達成するためにまず必要になるのはクラス分けです。英語に関しては、高校以来英語に触れていない人から、海外留学経験がある人、外国人など、同一企業内での個人のレベル差が大きいことが特徴です。この点が、他のビジネススキルと大きく違っています。ですから、レベル設定は、それぞれの受講生にとって適切でなくてはなりません。自分のレベルよりも簡単すぎる内容だとモチベーションは下がりますし、逆に難しすぎても出席したくなくなってしまいます。

適切なレベルの研修を受けるために、人数が多い場合には特に、レベル別クラスの設定が必須です。受講生の人数が10名を超える場合は、2クラスに分けることが理想的です。すぐに実践向けビジネス英語に入れる中級レベルと、まずは英語になれていく初級レベルなど、事前の聞き取り調査や簡単なチェックにより、クラス分けをしておかなくてはなりません。では、どうすれば正確に受講生の英語能力を測定し、レベル別にクラス設定ができるのでしょうか。

大学の場合は、新入生のクラス分けの基準として、TOEFLの模試といった感じのITPテストがよく使われています。以前は、入試の際の英語の得点を基準にしていた大学がほとんどでした。しかし、入試では、大学入学後に習得していく英語の性質とは違った英語能力しか測れないという理由から、現在ではITPテストを導入する大学が増えています。

企業の場合は、留学に使われるTOEFLでは、ビジネスに必要な英語能力は分かりにくいということで、TOEICがよく使われるようです。TOEIC スコアは、AからEまで5段階に分けられており、860点以上がA、730点~860点がB、企業が新入社員に期待するスコアは465点から670点(Cの大半)となっています。
(国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC法人向けサイトより)
http://www.toeic.or.jp/corpo/intro01/rookie.html

TOEICのスコアを活用することの利点は、三つあります。回数・場所・費用・実施方法などから、頻繁な受験がしやすいこと。社員の側から見ると、自習によるスコアアップを目指して、学習を継続することが容易であること。企業側から見れば、定期的に受験してもらうことにより、各社員のスコアの伸びを査定しやすいこと。これらの理由から、スコアを英語クラスのレベルチェックに「考慮する」ことは理にかなっていると言えます。

ここで「考慮する」と書いたのは、残念ながらTOEICのスコアだけでレベル設定をすることは、ビジネス英語研修には、あまり有効ではないからです。TOEICでは、基本的にマークシート方式筆記試験のスコアが使われることがほとんどです。従って、スピーキング能力やライティング能力を測ることはできません。SWテストと言われる、スピーキング&ライティングテストもありますが、非常に優れたテストであるにも関わらず、未だにあまり普及していません。
(SWテストについては、以前のコラムへこちらからどうぞ http://mbp-kobe.com/kobebs/column/31450/

ビジネスに必要な英語は、通常のTOEICでは測ることが難しいスピーキングやメールのためのライティングが主となります。ここに、TOEICスコアに頼ってレベル設定をすることの危険性があるのです。TOEICのスコアが800点を超えているのに、英語でコミュニケーションをとることがほとんどできないという例は多々あります。逆に、スコアが500点程度でも、専門用語を駆使して不自由なくビジネスが進められる人も大勢います。

それでは、TOEICのスコア以外に、実用的かつ有効な方法はあるのでしょうか。次回に、弊社が考える理想的なクラス分けのための英語レベル判定テストの実際をお伝えします。お楽しみに!

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ