コラム

 公開日: 2014-03-17  最終更新日: 2014-12-08

本田圭佑選手のコミュニケーション・スキルにしびれる!


本田圭佑選手がイタリアで1月8日に行った、ACミラン入団会見をご覧になった方も多いと思います。
"Welcome KEISUKE"と、彼の横顔と背番号10を組み合わせたデザインの横断幕の前で、堂々たる英語での会見でした。イタリア人記者からの質問の数々に、まっすぐに正面を向いて、迷うことなく、時にはユーモアを交えて答える彼の姿に、カッコイイ!としびれてしまった私です。
http://www.youtube.com/watch?v=VDyt2zACca0

3月8日付産経新聞に、論説委員の千野境子氏による「英語教育は本田圭佑選手に学べ」という記事が掲載されました。千野氏も「日本人の英語で最近、感心したのがサッカー、ホンダ圭佑選手のACミラン入団会見だった。単語は中学校程度でも、(中略)応対が揺るぎなく、まさにサムライを感じさせた。」と書いています。さらに、次の指摘に私はやっぱりなぁ、と思いました。

「ところが驚いたのは、ネット上の感想に『本田はサムライに会ったことがないという表現に現在形を使っていたが、現在完了形が正しいのではないか』との疑問が真っ先に上がっていたことだ。受験英語の弊害の見事な見本である。」とあります。私がYouTubeから拾った彼の実際の表現は、次の通りです。質問は、「サムライのスピリットとはどんなものか」でした。

"I never meet Samurai - (笑いがあちこちで起きる、本田選手ニヤリとしながら間を置く)So I don't know that is true. (また間、そして真剣な顔になって) I think Japanese men is never give up, (間)and strong mentality and we have good discipline. So I think I have too. Just I want to show the sprit on the pitch."

私が感心したのは、間の取り方が抜群なこと、そして場の雰囲気を自分のものにする、彼の自信に満ちた態度です。時制に現在形を使おうが、複数形の主語に単数の動詞を使おうが、些細な事でしかありません。彼の強い眼差しと、ゆっくりながら明瞭な発音と言葉の選び方、真摯な態度は、最強のコミュニケーション・スキルであり、居合わせた人を魅了しました。プロのサッカー選手としての意識の高さが、それを可能にするのです。

「イタリアで身につけたいことは何か」という質問に対しては、次のように力強く答えました。
"I feel you expect a lot. So, I know I have to show. (中略)I will do my best and I will give some special things for the team. I will do my best."

彼を迎えてくれたチームのためにスペシャルなことをやってみせるという、責任感と決意が充分に伝わる言葉です。

こうして、10分以上にわたる会見の間、英語での質問は1・2問で、あとはイタリア語でした。彼はそれを耳につけたイヤホンで聞きながら、通訳を介さずに、すべて自力で英語で答えました。「あー」とか「うー」とか、言葉につまることは一度もありませんでした。しかも、記者たちの笑いを何度もとりながら、です。ユーモアを交えて聴衆にウケる、笑いをとる、というのはスピーチにおいて、最も高度なテクニックです。それを外国語でとなると、至難の業に近いものです。

千野氏の次の分析に私も全く同感です。
「私は多くの人が英語の必要性を得心していないのだと思う。最大公約数は受験のためかもしれない。しかしサッカーで世界を目指した本田選手は自ら必要性を確信した。必要は英語の母、である。」
文法の間違いが云々という人たちに、あの入団会見と同じような緊迫した空気の中で、本田選手と同じ事ができますか、と聞きたいものです。

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ