コラム

 公開日: 2014-03-12  最終更新日: 2014-08-23

マレーシア旅行での経験から

先月、私は友人とマレーシアに旅行する機会がありました。英語が第二言語であるこの国で、私は興味深い体験をしました。マレーシアには複数の異なった民族が暮らしており、また外国からの観光客も多いので、ほとんどの人が英語を共通語として使っています。

滞在中に、私達はコミュニケーション上のトラブルをいくつか経験しましたが、いつも同じ原因によるものでした。それを分析したいと思います。まず、例をいくつか挙げます。
空港から乗ったタクシーの運転手は、とても愛想のいいマレー人でした。彼は、ホテルまでの30分ほどの道中、あらゆるものについて、ものすごい早口の英語で喋り続けていました。私は大体8割ほどわかりましたが、ニュージーランド人の私の友人は、半分しかわからなかったようです。

次に、イラン人夫婦のレストランでは、イラン料理の食べ方についての説明がほとんど理解できませんでした。説明の最後に「さあ、メイン料理にはレモンと玉ねぎをつけてほしいですか」と聞かれました。よくわからなかったものの、おそらくイラン風のソースか何かのことだと思い、OKと言うと、生の玉ねぎを4つに切ったものと、レモンを半分に切ったものが出てきたのです。それをどうするのか、私達には全くわかりませんでした。

また、こちらが注文したものと違うものが出されたことも一度ではありませんでした。友人がメキシコ料理のレストランでアボカドサラダを注文したら、出てきたのはギリシア風サラダでした。マヨネーズを頼んだ時は、わかってもらえなかったのか、二回頼んでも出てきませんでした。

さて、なぜこういったコミュニケーションの問題が発生したのでしょうか。アクセントの問題ではありません。マレーシアでは、中国系・マレー系・インド系が主な三大民族で、それぞれ英語の発音やイントネーションも異なっています。その他に私達は、休暇で訪れていたトルコ人、メキシコ人、ドイツ人、チェコ人、ロシア人、フランス人とも英語で話をしました。いずれも母国語のアクセントでの英語でしたが、その人たちの英語は問題なく理解できましたし、私達の英語も彼らにちゃんとわかってもらえました。

意思の疎通に問題が生じたのは、いわゆるコミュニケーション・スキルに問題がある人たちと話した時だったのです。早口すぎて聞き取れなかったり、発音が明瞭でないために理解できなかったことが原因でした。いわゆる「滑舌」の問題です。これは、母語であるかどうかとは実は関係ありません。日本人どうしが日本語で会話していても、聞き取りにくい人はいるでしょう。

ここで、自慢するわけではありませんが、食事の注文の際に問題があったのは私の友人だけで、私は全部クリアできました。彼のニュージーランドなまりの英語のせいではありません。彼はグローバルに活躍する実業家なので、仕事のときには意識して明瞭に、標準的な英語を話していると思います。しかし、私という旧知の友人といる時には気をぬくのか、とても早口になり、しかも発音がはっきりしないことが多々あります。それが、世界の様々な国の観光客が話す英語に慣れているはずのマレーシアの人でも、聞き取りにくかったのです。

異文化コミュニケーションのコツは、単純なことです。他の人にわかりやすいように、はっきりゆっくり話す、ただそれだけなのです。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

校長の豊富なビジネス知識にびっくり、単なる英会話とは違います

まずはグレン校長のビジネス全般に関わる知識の豊富さに驚か...

SO
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ